tk1101のブロマガ

幻想少女大戦コンプリートボックス 個人的キャラ評

2020/06/12 23:23 投稿

  • タグ:
  • 幻想少女大戦
サークル「さんぼん堂」様制作の東方同人ゲーム、
幻想少女大戦のキャラの強さとかの感想を適当に述べていきます。
周回プレイ機能がまだ実装されてなくて1周(魔理沙ルート)しかしてないので、
あんま真に受けないでください。特に霊夢ルートのキャラ。
そもそも自分が使ってないキャラなんかは評価のしようが無いですし…。

今後周回プレイが実装された後は、いろんなキャラを使ってみて
その時改めて評価をしていこうと思います。
周回プレイが楽しみすぎる。


あと難易度はN+でした。結構楽勝だったので2週目はHの予定。
苦労はしない派なのでLは最低でも3週目かな…。

まだ途中ですが、間違えて公開しちゃったのでこのままにしときます
暇があったら追加してきますー


主力度:メイン火力になれるかどうか。1~5(5が最高)
支援度:支援(援護攻撃、援護防御、修理、補給等)のしやすさ。また
    資金稼ぎ、精神コマンドなどのプレイ自体の補佐も含む。1~5
扱いやすさ:運動性が高い、武装のコスパが良い等。1~5
オススメ度:総合的なオススメ度。1~5
推奨ペア相手:推奨などと言っているが、あまり真に受けない方が良い。

評価は相対的なもので、終盤から見たら火力が低くても
序盤でなら十分火力として使える場合は序盤での主力度評価は高くなります。

博麗霊夢 近距離射撃攻撃タイプ・リアル系
紅/妖/永/夢/旧衣装(旧衣装は使ってないです すみません)
主力度:4/3/4/5/?
支援度:3/2/4/4/4
扱いやすさ:5/5/5/5/?
おすすめ度:5/4/5/5/?
推奨ペア相手:紫・萃香等

紅・妖の後継前では火力こそ魔理沙にだいぶ見劣りするものの
超絶回避率でとにかくとんでもない安定感を誇る。
武装が大体射撃+射程1対応なので汎用スキル「張り付き」との相性が神。(後継機も同じ)
幸運が使えるのもありがたく、序盤から稼げる。
自分は魔理沙ルートだったので、妖の間は選べても出撃しないこともままあったが…。

後継機になると火力も大幅に改善され、「魂」「覚醒」など
非常に有用な精神コマンドも習得し、エースとして大成する。
ただ直感直撃魂覚醒すべて使おうとすると消費SPがヤバい。というか使えない。
相変わらず張り付きとの相性は神で、夢想天生も射程1~6と、
汎用性特化の性能をしているので、悪く言えば魔理沙と比べれば地味だが、
良く言えば強化もしやすく扱いやすい、初心者向けのキャラと言えるだろう。

支援度が4もあるのは、博麗弾幕結界が射程2~7で弾数武器+元々前衛向きの性能と
援護攻撃との相性が良いため。もちろん夢想天生をブッパしてもいい。
消費が馬鹿にならないが。

固有スキルは永までは妖怪バスター安定(妖怪が居ない場合空を飛ぶ不思議な巫女)、
最終編で命名決闘法を覚えたらそれ一択。無料で覚醒が使えるチート能力。
これがあると魂にSPを割けるためすごく余裕が出る。

霧雨魔理沙 近・遠距離射撃攻撃タイプ・リアル系
紅/妖/永/夢/旧衣装(旧衣装は使ってないです すみません)
主力度:5/5/5/5/?
支援度:1/1/1/1/5
扱いやすさ:2/3/3/3/?
おすすめ度:5/5/5/5/?
推奨ペア相手:魅魔・にとり・パチュリー等

全編通してチームNo1の火力役。
リアル系なので装甲は低いが運動性もさほど高くはなく、N+でもあまり回避してくれない。
魔理沙の強みはそんなのどうでもいいと言わんばかりの火力
初期習得している固有スキル「弾幕はパワー」による大ダメージはボス戦の華。

武装は遠距離射撃が多いものの、
元々MP消費が激しく弾数武器が基本無いため援護攻撃は相性が悪い。
特に弾幕はパワーマキシマムになってからは雑魚戦でもMPを使いたくないほどなので。
援護攻撃よりもパワー限界突破・信念など、火力を上げた方が良い。
後継機になると射程1対応の射撃大技ブレイジングスターを習得するため張り付きもあり。
最終話直前になるが、霊夢との合体技真・三色蓮花蝶も張り付き対応かつ
ファイナルスパーク以上の火力を持つ。
弾数は1だが弾幕はパワーマキシマムを持つ魔理沙が撃つべき。

固有スキルは弾幕はパワー系で確定だが
敵にボスが居ないMAPの場合はスピードスターや努力家もあり。
自分は全MAP弾幕はパワーだったけど。付け替え面倒だし。

自分は使ってないが、旧衣装のMAP兵器は使いやすいらしい。

ルーミア 近距離格闘支援タイプ・スーパー系
紅/妖/永/夢
主力度:2/2/2/2
支援度:3/2/5/5
扱いやすさ:3/3/3/3
おすすめ度:3/2/5/4
推奨ペア相手:レミリア・リグル・ミスティア等

宵闇
レミリア・フランを活躍させるのであれば必須のキャラであり、
初期から援護防御・対レーザーバリアを持ち、更に最終編では高火力の合体攻撃を得るなど
非常に出番に恵まれた優秀なキャラ。(合体攻撃を撃つのはリグルかチルノになるだろうが。)

宵闇を使い周囲にレミリア・フラン・蛍火の珠装備の咲夜やパチュリー、チルノなどを
引き連れて進軍していくのは非常に楽しい。レミィか咲夜辺りが雑魚敵全部倒してくれる。
また援護防御を持ち装甲もなかなかのため後ろに大妖精の控えたチルノや
精神コマンドの都合で防御の不安な咲夜、相方に迷うレミィなどを確実に保護してくれる。
紅魔郷組を使うのであればこれ以上ないサポートキャラ。

また攻撃に敵の命中低下のデバフがある。
中盤以降はあまり活用する機会も無いだろうが、序盤はかなり役立つので覚えておくと得。

固有スキルは宵闇は当然として、
夜MAPの場合は耐久特化の夜よりも暗き闇、あるいはバカルテット強化辺りが有力。

特にバカルテット強化は4人全員で装備すれば制限こそあるものの火力が+800
とんでもない補正を得られるものの、バカルテットの固有スキル枠は基本余らないので
結果的にあまり活用できない。夜MAPのルーミアか、虫の知らせを活用しない場合はリグル、
大妖精とペアを組まないのであればチルノにも付けられるが、ミスティアは流石に厳しい。
そもそもチルノは大妖精と組むべきだし、リグルの虫の知らせも強力なスキルであり、
ルーミアは最終盤は宵闇でレミリアとフランを強化したいと、つけられる暇がない。

EXパワーは覚醒を得られるが、ルーミア自体は火力が無いので覚醒しても仕方がない。
嫁レベル上げてるなら話は別だけど

チルノ 中距離射撃攻撃タイプ・リアル系
紅/妖/永/夢
主力度:2/2/3/4
支援度:3/3/2/2
扱いやすさ:5/5/5/5
おすすめ度:4/4/4/4
推奨ペア相手:大妖精・レティ・ルーミア等

非常に回避率が高く、さらに「不屈」を覚える優秀なキャラ。
素の回避率の時点で霊夢と肩を並べるレベルであり、さらに不屈で保険も掛けられる。
序盤はこれを活用した回避壁としての出番が多いだろう。
中盤以降はもっとその運用に向いたキャラが出る。諏訪子とか。

サイズ差補正無視・熱血を習得し、大妖精とペアを組めるようになってからが本番。
アタッカーとして他キャラと遜色ないダメージを叩き出せるようになり、
避けて倒すリアル系の頂点のような性能になる。個人的には霊夢より強かった。
(まあコスト2.0なので流石に火力差が無いと言えば嘘になるが。)
最終盤でバカルテットスペシャルを覚えれば、更に火力に磨きがかかる。

また支援攻撃でもある冷凍光線は固有スキル無しで回避率-15%のデバフが付いており
敵の回避率が高いが必中が使えない状況などで使えたりする。
固有スキル「フリーズ」で-25%にできるが、
こちらはチルノを回避盾として支援に特化させる場合選択肢に入るか。

固有スキルはペア解禁まではフリーズ安定。
ペア解禁後は通常運用するなら双魔精一択。
大妖精側に名参謀を付ければ信頼補正爆上げで与ダメージにすら補正が入る上に
終盤はバカルテットスペシャル目当てでルーミア、リグル、
ミスティアと隣接させるとさらに信頼補正がとんでもないことになる
この時宵闇ルーミアならチルノに蛍火の珠を装備させておくとさらに良い。
ついでに宵闇ルーミアの傍にフランが居るならフランの援護攻撃を誘発しても良いだろう。
やっぱ紅魔郷組相性良すぎじゃない?

上記の通りチルノは双魔精で信頼補正を上げた方が火力が出るので
チルノにバカルテット強化を付けることは悪手だろう。リグルにつけるのが一番マシ。
ちなみに双魔精チルノにルーミア・リグル・ミスティア・大妖精・レティをくっつけると、
信頼補正が合計+18となり、命中率・回避率+60%、与ダメージ+45%、
被ダメージ-45%、CRT率+45%のアホみたいにデカいバフが付く。
ルーミア後衛にリグル、レティ不採用で隣接がルーミア、みすちー、大ちゃんのみの場合でも
信頼補正は+13で、命中回避+45%、その他全てに30%の補正が付く。
大妖精から受け取る信頼補正が+9と最も大きい。(チルノ双魔精、大ちゃん名参謀)

他にコス2のアタッカーが居ない場合おしらさまを持たせるとさらにダメージが加速する。
もちろんコス2随一のアタッカーなので、他に居ても優先的に装備させる価値はある。

大妖精 中距離射撃支援タイプ・リアル系
紅/妖/永/夢
主力度:1/1/1/1
支援度:5/5/5/5
扱いやすさ:2/2/4/4
おすすめ度:5/5/5/4
推奨ペア相手:チルノ

言わずと知れた支援キャラ。序盤の治癒から終盤の祝福・祈りまですべてカバー。
同じく支援タイプのリリーと大きく違うところは、
チルノと組ませることであちらの火力を大きく上げることが出来る点。
このためチルノを採用している場合、より自然に編成に入れられる。

リアル系とは言ったものの、HPも装甲も運動性も平均未満のため、ペアを組めない妖までは
事故死に注意。ルーミアやにとりなど援護防御持ちをを隣接させておくこと。

これ以上特に特筆するところはないが、嫁運用する場合大妖精は嫁強化による強化幅が
大きいらしく、FULL強化するとアタッカーとしても尋常じゃなく強くなるらしい。
また固有スキル「がんばりやL4」はゲーム中最大の補正値である全能力+40を得る。
レベル99にする必要があるらしいが、治癒レベリング可能な大ちゃんなら割と現実的か。
嫁運用しないなら習得しても腐るだけだろうが…。

固有スキルは治癒に頼る必要がある序盤は健気、中盤からは名参謀一択。
ただチルノと組まなかったり、精神コマンドでの支援に特化させたいなら戦場の涙もあり。

紅美鈴 近距離格闘防御タイプ・スーパー系
妖/永/夢
主力度:3/3/4
支援度:3/5/5
扱いやすさ:2/4/4
おすすめ度:3/5/5
推奨ペア相手:フランドール・咲夜(非タイムパラドックス)等

数多くいる防御系キャラの中でも、特に
「こちらから攻撃を仕掛けるアタッカー」向きの防御役。
妖までは普通の援護防御役だが、永中盤からとある固有スキルにより一気に花開く。

そのスキルとは「紅魔の龍」
なんとPP中に援護防御が可能になるという超絶チートスキルで、これにより
不屈や閃きを持っていないアタッカーの安定感が激増しする。

個人的には美鈴があと5~6人欲しいと思うくらい優秀なスキルだが、
その中でも最も相性の良いペア相手が妹様ことフランドール
フランは火力こそ随一なものの装甲・運動性共に中途半端で不屈・閃きを持たないため
後ろに美鈴が居るだけで安心して攻撃を仕掛けられるようになる。

また紅魔の龍の難点として援護枠を消費してしまい援護攻撃が受けられないという点があるが
(後述するが)援護攻撃役として最も優秀なフランは自分が行動するときにはすでに
周囲のキャラは行動終了してしまっているため、援護攻撃はそもそも受けられないので
この難点が難点にならないと、相性が良すぎる。

もう一人相性の良い相手としてフランと同じく装甲・運動性が中途半端で、あらゆるスキルが
確率に左右される咲夜が居るが、あちらは固有スキル「タイムパラドックス」により
自分に援護攻撃に入れる点が最も強力な点であり、またFPMモードの際は
タイムパラドックスによる援護攻撃でのダメージの減衰が発生しないという超強力な仕様が
あるため、援護攻撃が使えなくなる紅魔の龍は相性が悪すぎる。

勿論基本的にアタッカーなら誰とでも相性が良く頼りになるので、
フランを使わない場合でも優秀な援護防御役として使えるだろう。
代償としてか防御系の特殊スキルを持たず「ガード」も初期習得していないが、
美鈴自体は不屈も鉄壁もド根性も持っているので問題にはならないだろう。

ちなみに防御キャラとは言えかなり高い数値の格闘値を持ち、
特に最終編で最終技が追加されてからは火力もかなりの水準を叩き出す。
フランのFPM相方としても申し分ない。

固有スキルは当然紅魔の龍。これがアイデンティティなので当然。
他のスキルはどれもあまり強くはない。

パチュリー・ノーレッジ 遠距離射撃攻撃タイプ・スーパー系
妖/永/夢
主力度:3/3/3
支援度:2/5/3
扱いやすさ:1/3/3
おすすめ度:3/3/3
推奨ペア相手:魔理沙・小悪魔(こあファイター)等

超長射程の砲撃タイプで、初期からヒット&アウェイを習得しているなど
非常にわかりやすい性能のキャラ。気合避けL1は知らない。
難点として移動力の低さがあるものの、ペア解禁後は相方に移動を任せられるため困らない。

特に中盤で習得するMAP兵器「ロイヤルフレア」は着弾指定型のPMAPであり扱いやすい。
藍のブディストとは違い固有スキル枠も消費しない。範囲は狭めだが。
ただ永序盤から最終編序盤までの間はあまりパチェの固有スキル枠は重要ではないので
ロイヤルフレア強化の固有スキルがあったらかなり使えたかも…。

スーパー系とは書いたもののHPが低く、運動性はもちろん無いに等しいため
パチュリーの生命線は特殊能力のバリア1本になる。
全ダメージを(1600+魔法使いレベル×50)まで無効化するバリアで、
パチュリーの魔法使いレベルは魅魔と並ぶL9まで成長するので最大2050。
ここに固有スキルで効果量を最大2950まで上昇させられるので、前衛運用するなら必須。
無効化バリア(軽減ではない)ということもあり生命線という割には効果量が頼りないので、
予め装甲を強化しておくか、完全に敵の射程外から殴ることに徹するか、
あるいは普段は後衛に居て、ピンポイントだけ前衛に出す運用ありだろう。
自分は咲夜とコンビを組み、長射程が必要な時と
H&Aを活用したいときだけパチェを前に出していた。

とにかくパチュリーの強みは敵から反撃を貰わない超射程で「狙撃」も持つので、
たとえ大ボスであろうと射程外から殴れる機会はかなり多い。
自身でザコ処理からボス削りまで数多くの仕事を無難にこなせるので、
ペア相手や運用法などに縛られず、単純ながら幅広い仕事ができるだろう。
フィニッシャーとしては熱血系を覚えないため若干力不足か。直撃はある。

固有スキルはペアを組めない間はエンチャント(火符)で確定。
それ以降は障壁強化(パチェ)賢者の石。賢者の石習得後はそちらがオススメ。
狙撃に徹するなら動かない大図書館も無しではないが、攻撃力が変わらないのがネック。

小悪魔 中距離射撃支援タイプ・リアル系
妖/永/夢
主力度:1/1/1
支援度:5/5/5
扱いやすさ:1/1/1
おすすめ度:5/4/3
推奨ペア相手:パチュリー・レミリア等

序盤の貴重な補給役。特に魔理沙ルートでは救世主の如く活躍する。
最終章に入ってからは補給自体が力不足なものの、精神コマンドの「補給」で支援できる。
また「献身」「激励」なども覚える支援特化型。
同じく支援特化の大妖精と比べると基礎スペックが高く、割と前衛でもやっていける。

固有スキルが割と幅広く、妖までは補給の利便性爆上がりのこあブースター一択だが
永からはパチュリーの牽引にこあファイター、位置関係なくMP回復できる悪魔の契約
そして補給コマンドが力不足になる最終編ではお世話します♪が強力。
精神コマンドの補給はパワーが下がらないためFPMの邪魔にもならない。

ただ終盤はわざわざ戦闘能力の低い小悪魔ではなく、永琳など強力なキャラも補給を使える
ので、レミリアの固有スキル永遠に紅い幼き月」を活用しないなら出番は減る。
ただ活用するのなら必須級のキャラ。
レミリアの後衛に迷う場合小悪魔を入れるのが割と有効。FPMの総火力こそ下がるものの、
信頼補正がしっかり入る上に、レミィにアリスのクッキーをあげる余裕がある。

十六夜咲夜 中・近距離射撃攻撃タイプ・リアル系?
妖/永/夢
主力度:3/3(FPM解禁後4)/4
支援度:2/2/2
扱いやすさ:3/4/4
おすすめ度:4/3/3
推奨ペア相手:誰が良いんでしょうね?
       自分はパチェでしたがあんまり相性良いわけじゃなさそう。

リアル系とは書いたがサイズL・運動性がそこまでない・装甲はそこそこある・鉄壁を持つ
などから、基本的に敵の攻撃は受けるものと思って行動するスーパー系的一面を持つ。
またその割には耐久面に不安が多いが、そこを切り払い・分身・カウンターなどの確率頼りの
スキルでカバーできる。その為1発貰うと甚大なダメージになるボス戦では若干扱い辛いが、
数発貰っても問題にはならない対雑魚戦においては強力

また最強武器の咲夜の世界が非P武器の射程1~3(強化前は1~2)と扱い辛いが、
レミリア加入時にソウルスカルプチュア(射程1~3のP武装)が追加されるので
ソウルスカルプチュアで近づき、次ターンに咲夜の世界を使うという動きもできる。
また武装の威力自体もそこまで高くはないが、サイズLだったり、後述の自己への援護攻撃の仕様などから対ボスにおいても大ダメージを叩き出すポテンシャルは持っている

その仕様とは、自分へ援護攻撃に入る(いわゆる「再攻撃」)ことが出来る固有スキル
「タイムパラドックス」をFPMモードで発動したとき、通常の援護攻撃では軽減される
ダメージが軽減されず、要するに1ターンで200%のダメージを叩き出せるということ。
咲夜は「激闘」を覚えるため1ターンの間常にダメージが1.2倍にすることができ、
敵からの被弾にさえ気を配ればボスに対しての強力な有効打となる。

上記の通り非常に癖の強いキャラクターで、パチュリーや美鈴の様に
常に力を発揮できるわけではないが、本領を発揮できるタイミングでは
その二人どころかレミリアをも超えるパワーを持つ…かもしれない。

固有スキルはタイムパラドックスが最有力。
習得前はルナダイヤルがオススメ。完全で瀟洒なメイドは無しではないが癖が強すぎる。

レミリア・スカーレッ 近距離格闘攻撃タイプ・リアル系
永/夢
主力度:5/5
支援度:2/2
扱いやすさ:4/4
おすすめ度:5/4
推奨ペア相手:ルーミア・幽香・小悪魔等

永編39話にてようやく加入する紅魔館の主。夜MAPでは敵なしと言えるほど強力だが、
昼MAPでは対策なしだと空陸適正C、水適正Eになってしまうという大きなデメリットを持つ。
対策にはアイテム「日傘」(ペア相方に持たせてもOK)か、ルーミアの固有スキル「宵闇」
日傘は上記のデメリットを無くすだけだが、ルーミアの場合地形そのものが夜になるので
昼MAPでも常に強化された状態で戦えるため相性がばっちり。
ただ、ルーミアの宵闇の効果はルーミアを別のペアに置き前衛に置くとフランや
他の夜S組にも効果を与えられるので、レミリアとのペアよりもそちらをお勧めする。

レミリアの強力な点は高水準の運動性にそこそこの装甲、そしてとある固有スキルの存在
それ以外にも特性「吸血鬼」により夜では毎ターンHPMPが10%回復することや、
EN消費の必殺武器と弾数制の遠距離武器を持つことなど、汎用性抜群。また
信頼補正を持つキャラが多く、紅魔組で固めたときのレミリアは額面以上の力を発揮する。
一番の弱点は水適正が全武装死んでること。水中の敵には大妖精未満の火力しか出ない。

それ以外にも結構重要なポイントとして、難所である儚月抄編についてきてくれる
数少ない3.5コストであるという点だけでもフランとセットで育成する価値がある。

固有スキルは、永の間は紅のカリスマがオススメ。特に咲夜に有効。
他の紅魔組を採用していなかったり、気力はミスティアで上げる場合などは夜の王か。
最終編に入った後は速攻でレベル65まで上げて永遠に紅い幼き月を習得すること
美鈴・咲夜・小悪魔・パチュリー・フラン5人を出撃させるだけ
命中、回避率・与ダメ、被ダメ一人当たり5%、全員出撃させれば25%の補正が入る
紅魔組は全員強いため、実質無条件と言ってもいい条件で得られるバフとしては破格。
また咲夜、幽香、パチェ、フランを隣接させペアに小悪魔を入れた場合信頼補正が13となり
命中回避+45%、与ダメ被ダメに30%の補正が入る。こうなるともはや手が付けられない。
最強の紅い月である。もちろん近くに宵闇ルーミアを置いておくこと。

問題があるとすれば、紅魔組6人、ルーミア(とミスティア)を入れるならとついでに
バカルテット周りで5人入れることになるとそれだけでコストが半分埋まってしまうことか。
この11人は全員かなり強力なので全員入れる価値はあるのだが…。
みすちーは通常プレイならどのキャラを使っていても入れないわけがないくらい
強力な支援キャラなので入れる前提で話してます。

フランドール・スカーレット 近距離格闘攻撃タイプ・リアル系
永/夢
主力度:5/5
支援度:5/5
扱いやすさ:2/2
おすすめ度:5/5
推奨ペア相手:美鈴

最強の援護攻撃役。固有スキル「災いの枝」により気力170以上でダメージが常時+30%
これにより瞬間火力は弾幕はパワー魔理沙に劣るものの、
複数回攻撃することが多い援護攻撃役への尋常ではない適性を誇っている。
気力を170以上にするのは少し大変だが、ミスティアの歌やP回収(撃破)さえあれば割と楽。

格闘ステータス1位なので、普通に殴るだけでもエグいダメージを叩き出す。
初登場話でぬえのUFOを一撃で潰していく様はまさに悪魔の妹。
レミィと同じく対水ではコスト1.5未満の火力しか出ない。

「吸血鬼」によるメリットデメリットはレミィと同じ。お姉さまと同時運用するのなら
やはりルーミアは別ペアで前衛に置いておくのがいいだろう。
勿論ペア相手の美鈴に日傘を持たせてもいいが。
…ペア相手を美鈴前提で話しているが、フランは運動性がレミィほど高くなく、かといって
装甲が硬いわけでもなく不屈も閃きもないので、美鈴の紅魔の龍が無いと攻めずらい。


固有スキルは災いの枝一択。魔法少女災いの枝に比べて補正がしょぼすぎるし、
お姉さまといっしょも、災いの枝を捨てるほどの価値はない。レミィを特化運用するなら。
ただし悪魔の契約だけはピンポイントで出番があることがある。
特にMAP兵器持ちに使うと優秀なので、存在だけ覚えておくと戦略の幅が広がる。
小悪魔の同名の固有スキルとは効果が違うので注意。

レティ・ホワイトロック 中距離射撃支援タイプ・スーパー系
妖/永/夢
主力度:?
支援度:?
扱いやすさ:?
おすすめ度:?
推奨ペア相手:チルノ等

あんま使ってないので…。
コスト2且つ、強力なチルノに信頼補正を掛けたり、
固有スキルで敵の回避を下げたり、運動性を上げてリアル系並みの回避率を得たり、
射程を伸ばしたり反撃無効にしたりなど芸達者。幅広いがその分強みが薄い。コス2の宿命。
チルノのサポートと割り切るならかなり有力な選択肢になりそうではある。

 近距離格闘スピードタイプ・リアル系
永/夢
主力度:2/2
支援度:1/1
扱いやすさ:4/4
おすすめ度:2/2
推奨ペア相手:藍等

地上ではかなりの移動力・回避力を誇る幻少屈指のスピードタイプ。陸S分身持ち
その分なんと空B、水Dと弱点が多い。特に空Bは装備で対策必須。
また火力は大して高く無いわりに武装のMP消費が激しく
藍が傍にいて「式神」によるMP回復が無いとすぐガス欠する。
火力を補うためにも支援攻撃タイプの育成をした藍とのペア推奨
あとはサイズ差補正無視の有無で橙自体の火力はかなり変わる。

回避率を生かして反撃無双しようにも最大射程が4と短すぎるため反撃できないことが多い、
必中を持っていないためボスに攻撃が当たらない、最終編での追加固有スキルも癖が強いと
なんだかいまいちな面が目立つ。扱いやすさ4の原因。橙をかなり使った上での感想。
射程さえ装備でカバーすればかなり優秀な反撃役かもしれない。藍との信頼補正も含めて。
回避率も特に終盤は霊夢やチルノと並ぶ、あるいはそれ以上のものを見せてくれていた。
必中を使われるとどうしようもないが…。

固有スキルは燃費を改善する式神強化(橙)、橙に必要な分身と火力を両方強化できる
化け猫強化あたりが有力か。自分は藍を後衛に置いてたので前者だった。
駆け足も使えるが陸限定なのがネック。野生化は元々火力のない橙には効果が少ない。
鬼門遁甲は覚醒を無償で使えるが、発動場面を選べないのと、そもそも橙が2回行動しても
大して意味が無いためイマイチ。特に好きなタイミングで使えないのが嫁運用でも痛い。

アリス・マーガトロイド 全距離射撃攻撃タイプ・リアル系
紅/妖/永/夢
主力度:4/3/3/3
支援度:2/3/3/3
扱いやすさ:2/2/3/4
おすすめ度:4/4/4/4
推奨ペア相手:パチュリー・にとり・夢子・神綺・諏訪子等

特筆するべきは支援攻撃である「アーティフルサクリファイス」の強さ。
それに加え諏訪子を超える超技量によるクリティカル率と、固有スキルによる
クリティカルダメージ増加がうまくかみ合い、対雑魚においては無類の強さを誇る。
反面必中が無いためボス戦は少々苦手。火力自体は十分あるので感応を用意すること。
それと支援攻撃が気力105からじゃないと使えない。カエルの氷漬けなどで対策必須。

最終編でグランギニョル座の怪人を習得すると、ほぼ全射程をカバーする万能っぷり。
魔理沙ルートだと離脱が無いことも含め、頼りにする人も多いだろう。

アリス自身は回避性能がいまいち足りない魔理沙タイプなので、後衛運用が安心。
前衛にするなら後ろはパチェやにとりで援護防御を。
後衛運用する場合のペアは、アリスが援護防御しにくいので援護防御が要らないキャラを。
夢子であればアリスのクリティカルをさらに強化でき相性抜群。
諏訪子であれば前衛の被弾を気にする必要が無くさらに順応を貰える。安定感はこちらが上。

固有コマンド「人形生成」は無駄スキルの様に見えて、
敵の閃きをはがしたり、援護防御したり、幽々子の食事にしたりと意外と出番が多く、
これを上手く使えるかがアリス使いになれるかを決める。アリス使いってなに

固有スキルは火力重視なら弾幕はブレイン一択。
クリティカルダメージが増え、アリスの火力が爆上がりする。
他のスキルはイマイチだが、幽々子の餌にするのであれば人形師もあり
詳しくは幽々子の欄で

リリーホワイト 近距離射撃支援タイプ・リアル系
妖/永/夢/リリーブラック
主力度:1/1/1/2
支援度:5/5/5/4
扱いやすさ:1/1/1/2
おすすめ度:3/3/5/3
推奨ペア相手:静葉・穣子・レイセン等

大妖精と同じく支援タイプだが、大妖精にとってのチルノや小悪魔にとってのレミリア様に
他人の火力を強化する要素にはなりにくく、戦闘面は基礎スペックは高いが実質的には劣る
MAP兵器も火力が低く、序盤以外では使いにくい。

そんなリリーが支援役として花開くための固有スキルが天使の福音」
なんとMAP上のすべての味方に幸運を掛けるという超スキル。これだけで採用価値がある。
加えて大ちゃんと同じく祝福応援祈りをすべて覚えるので、支援にかければ大妖精を超える。
また「加速」も持つので後衛適正は支援キャラの中でくるみと並んで優秀。

ペアは支援特化のために黄金の味or収穫の穣子寂びの静葉にしたり、
信頼補正こそないが小悪魔をただ出撃させるためにペアにしたり、
ミスティアの加速要員になったりするのもいいだろう。これがわりとオススメ。

あとは好みの問題になるが、70話で再会したレイセンと組ませてあげるのもいいだろう。
この場合はリリーブラックにして火力を上げるのもおすすめ。祝福応援祈りはすべて消える
天使の福音は変わらず使えるので点稼ぎは問題ない。

固有スキルは中盤までは天使の祝福、覚えてからは天使の福音が王道。
生命の息吹はリリーを前衛に出す必要があるし、春風の調べは春ですよーの威力が足りない。
テンカワアキトブラックリリー専用のスキルとして堕天使気分があるが、これは前衛用スキル
なので、嫁運用でもしてないなら要らない。後衛なら射程関係ないので。

ルナサ・プリズムリバー 中距離射撃支援タイプ・リアル系
永/夢
主力度:2/1
支援度:3/3
扱いやすさ:3/3
おすすめ度:1/1
推奨ペア相手:合体を考えるならペアを組まないべき

メルランやリリカと違い単体起用する意味がほぼ無い。支援攻撃がバリア貫通なくらい。
汎用スキル枠はルナサのものが三姉妹状態のものに反映されるので気を配ること。
また三姉妹の出撃時パワーを上げたいならルナサ単体にライブチケットなどを持たせること。

固有スキルは楽団のリーダーが有力。
最終編になってからは精神タンクとして使うなら騒霊合葬が強力だが、
戦力として使うなら相変わらず楽団のリーダーでいいだろう。
メルラン・リリカ単体を生かすため合体させずに使う場合は幽霊楽団もおすすめ。

メルラン・プリズムリバー 距離射撃支援タイプ・スーパー系
永/夢
主力度:2/1
支援度:5/5
扱いやすさ:2/2
おすすめ度:3/3
推奨ペア相手:リリカ・(合体をしない場合)ルナサ等

ハッピーライブによる気力上昇が強力。ミスティアが加入すると多少影は薄くなるが
メルランは自身の火力や合体後の火力が高く、戦力として数えやすい。
単体運用がいまいちなルナサとは違いサイズLなので火力も高めなのである。

このメルラン(あるいは後述の超回避リリカ)を運用するために、3人を合体させず
運用するプレイ方法もあるらしいが、自分はあまり詳しくないので触れないでおく。

固有スキルは開幕ハッピーライブ→即合体が可能になるソウルゴーハッピー、あるいは
合体運用優先の場合ステータス特化の魔力暴走、精神優先の騒霊合葬の2択。
前述の非合体運用の場合は幽霊楽団一択。

リリカ・プリズムリバー 中距離射撃回避タイプ・リアル系
永/夢
主力度:1/1
支援度:2/3
扱いやすさ:5/5
おすすめ度:3/3
推奨ペア相手:メルラン・(合体をしない場合)ルナサ等

リリカの場合メルランのような支援能力は持っておらず、基本的に合体させるか
固有スキル「幽霊楽団」による超回避ユニットとして運用するかの2択になる。
こういう運用を自分はしなかったのであまり詳しくはないのだが。

固有スキルは真珠の指先がおすすめ。
習得後精神を重視するなら騒霊合葬もあり。メルランよりも支援系の精神が多いため有用。
ただ頼り上手はちょっと癖が強いかも。期待自体何度も使えるほどSP消費が軽くないので
これに固有スキルを割いてしまうのは勿体ない感がある。やっちゃいな!は別に要らない。
非合体運用の場合は当然幽霊楽団

プリズムリバー三姉妹 距離射撃攻撃タイプ・スーパー系
永/夢
主力度:4/4
支援度:3/3
扱いやすさ:3/3
おすすめ度:3/3

微妙に避けて微妙に耐える三月精とは違い、こちらは基本性能はスーパー系に寄っている。
(それでもHP以外は高いとは言えないステータスなのでスキルなのでカバーは必須。)
合体している分単体火力はずば抜けて高いのだが、FPMが出来なかったり
燃費が悪かったりと最終章突入辺りからは使い辛い面が目立つ。特にFPM不可が痛い。
燃費の悪さはMP自体は多いため、しっかり強化すればカバーできる。

またラストのラストに最終武装が追加され、火力が改善される。
某四女周りのストーリーは必見。

合体の仕様上、
ターン開始時分離メルランとリリカ行動ルナサで合体三姉妹で行動
とすることが可能。特にメルランの火力は馬鹿にならないのでしっかり分離すること。

固有スキルはルナサのものが反映され、メルランとリリカは一部のスキルのみ反映される
楽団のリーダー・魔力暴走・真珠の指先ステータス特化したり、
騒霊合葬×3で精神タンクになったり、
楽団のリーダー・幽霊楽団・幽霊楽団で分離時の火力も増したりと自由自在。
幽霊楽団×3は完全に合体しない場合は選択肢に入る。
(幽霊楽団は合体時何の効果も発動しないため。)

魂魄妖夢 近距離格闘攻撃タイプ・バランス系
紅/妖/永/夢
主力度:5/5/5/5
支援度:1/1/1/1
扱いやすさ:3/3/3/3
おすすめ度:5/5/4/4
推奨ペア相手:慧音・椛等

バランス系というのも、基礎スペックがリアル系並みの運動性
スーパー系並みの装甲を持っているので、どう表記したものか悩んだのでこうなりました。

最序盤から火力がエグく、さらに永序盤で復帰した状態からほぼ100%の力を持っており、
夢でさらに魂の効果が2.25倍になるというヤバい固有スキルを手に入れる生粋の火力キャラ。
ただ実は自分は(魔理沙ルートということもあり)あまり使ってないので、
詳しい評価自体は差し控えさせていただきます…。

固有スキルがかなり幅広く有用なものが多い。
最終編で魂魄の極意を習得すればそれが有力だが、それまでの間は
防御面の剣戟幽明の苦輪に命中回避補正の魂魄の間合い
元々非常に高い低速移動力を生かす結跏趺斬など、どれをとっても有用なので、
自分に合ったものを選ぼう。

西行寺幽々子 遠距離射撃技巧タイプ・スーパー系
永/夢
主力度:3/3
支援度:5/5
扱いやすさ:3/2
おすすめ度:4/4
推奨ペア相手:小町等

技巧タイプって何だよ(自問自答
でも実際技巧って感じの性能で、特に固有スキルに強力なものが多数
固有スキル「死蝶」と小町の固有スキル「無間の道」をペアにして
強めの雑魚的なんかを瞬殺するのも面白い。

また精神コマンドも優秀で、特に初期から「鼓舞」を覚えているのがヤバい。
「エンスオブエレガンス」×「幻想郷のメカニック」にとりから
SP回復アイテムを貰うことで、鼓舞を連発できる強コンボ。
ただ自分は幽々子をあまり使わなかったので現時点では詳しい評価はキャンセルだ。

固有スキルは個性的だが、死蝶センスオブエレガンスは使いやすくお勧め。
幽蝶の舞+幽々子を前衛として切り込ませる場合は有効。
その場合はゴーストスポットもありだが、前衛性能自体は強化されずSP回復のみのため
補助と前衛適正がどっちつかずの中途半端になってしまう可能性がある。
黄泉返りは、アリスの「人形遣い」と組み合わせると実質タダで幽々子のSPを回復できる。
人形のSPがMAX近くになるまで待機する必要があるが、それでも超強力。

八雲藍 近距離格闘攻撃タイプ・リアル系
永/夢
主力度:2~3/2~3
支援度:5/3
扱いやすさ:5/5
おすすめ度:5/4
推奨ペア相手:橙・紫等

とにかくありとあらゆる役目をこなせる最強の式。ただボスアタッカーだけは向いてない。
固有スキルを付け替えると性能が大きく変わり、使用感や出番も変化する。
難点は、同じく固有スキルで運用が変化する割にお手軽に運用を変えられる幽々子とは違い、
こちらは運用に合わせて汎用スキルを大きく変える必要があるため、手軽には変えられない。
ただどの運用も強力なもので、特化させて育成させる価値はある。

まず加入後すぐ使え、且つ非常に強力な固有スキル「卍の印」を使用した稼ぎ役。
元々範囲こそ広いものの形状に癖があり使いにくいMAP武器アルティメットブディストを
移動後使用可能にすることでクッソ扱いやすいMAP武器にするもの。
加入直後はこれによる金・PP稼ぎだけでチート級の活躍ができるが、最終編になると
もっと強いMAP武器が多く増えるため片手落ち。藍としてはあくまで前座モード。

藍の運用最終候補その①は固有スキル「白面金毛」を利用したステータスタイプ。
見切り、信念、ガード、克己の効果が1.5~2倍になるという超強力スキルで、
これだけで他のキャラより全てのステータスで数十歩優位に立てる。
こちらは藍をシンプルに強化するスキルで、準備さえできれば最強ではあるのだが、
最大限活用しようとするとPPの必要量がエグい
前述のブディストで稼ぎまくれた場合はこちらで前衛無双させるのもいいだろう。

自分の様にブディストで稼がなかったり、藍を終盤から使い始めたという場合は
こちらの固有スキル「最強の式」を目指し運用するのが強力。
援護攻撃、および支援攻撃の与ダメージに+30%というスキルで、汎用スキルの
支援強化L2を入れると支援攻撃の与ダメージは+50%。こうなると前衛で殴るよりも強い。
リアル系とは言えある程度の耐久力もあるため援護防御を兼ねて誰の後ろに入れても良く、
特に嫁キャラの後ろにつけて無双するとペア単位でのダメージがヤバいことになる。
こちらは必要な汎用スキルが支援強化L2と援護防御のみとお手軽で、
費用対効果で見ればまさに最強の式と言っても全く過言ではない。
自分の場合前衛に橙を置いていたが、藍の支援攻撃で9000ダメージ、
橙の式神「橙」で6000ダメージ程度と、もはや支援攻撃ではなかった。

藍の明確な難点として燃費の悪さがある。支援攻撃で反撃無双しててもMPがすぐ尽きる。
紫を霊夢の後衛などで出撃させ、暇があれば近くに寄せておくといいだろう。
また精神コマンドに熱血系も必中も閃きも不屈もないのが痛く、先述の通り対ボスは不向き。
白面金毛の場合後衛にボス特化キャラを、
最強の式且つ前衛が対ボス向きじゃない場合はボス戦では霊撃役と割り切るのも大切。
ただ育成度合いによっては後衛から支援攻撃するだけで
前衛の必殺技よりダメージが出たりする可能性はある。

他の固有スキルは式神強化(藍)後衛運用予定で最強の式を覚えるまでのつなぎならアリ。
最強の式解放後は流石に無駄。藍の3コストたる所以は上記の固有スキルなので。
前鬼後鬼の守護?何それ?





















































コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事