TAKOMAのMARVELを語りたい

一応ブロマガ作ってみました

2014/06/13 18:27 投稿

  • タグ:
  • MARVEL
  • アメコミ
  • デッドプール
どうもはじめましてTAKOMAです。

私は普段はアメコミ特にMARVELについての紹介動画を上げております。
MARVELのコミックのキャラクターであるデッドプールを使って紹介しています。
なぜ彼を使ってかというとご存じの方も多いでしょうが、彼の第四の壁を壊す能力があってのことです。
ドラマや漫画なんかは誰も見ている人がいないというていで物語は進みますよね?
その壁を破壊し、これはコミックの中で読まれているということを自覚し、時にはこちらに話しかけてきちゃうキャラですね。
もちろん他のキャラクターはこいつまた狂言発してるよ~とイカレタ狂人扱いです。
まぁもちろん彼自身狂人ではあるのでね。
戦ってる最中にべらべらしゃべっていることから、おしゃべり傭兵なんて呼ばれていますが。
まぁこれを読んでる人は耳にタコでしょうが、一応知らない人が万が一いた時のために説明しときました。

最初の記事ですから、なぜ私が「デッドプールがMARVELの魅力を伝えたい」を作ったかを話そうと思います。

私がMARVEL好きになったのは格闘ゲーム「MARVEL VS CAPCOM」にあります。
はじめたきっかけは忘れてしまいましたが、物心ついた時からストⅡをやっておりその延長でやっていたんだと思います。
格闘ゲームは決してうまくないんです。
でもいろんな個性的なキャラ、ロックマンやスパイダーマンがいたことが大きかったと思います。
そして自然をMARVELキャラを好きになり、特にウルヴァリンを使っていましたw
その頃はちょうど翻訳本が出ている時で、あのマーヴルクロスやエイジ・オブ・アポカリプス、オンスロート等が出ていました。
今と比べると翻訳本数も少なくてやきもきしていたのを思い出します。
2000年代前半までは結構MARVELコミックをまとめたサイトも多かったですねぇ。
翻訳本もアルティメットシリーズを少し出した程度しかなかったり、ようやく近年になって多くの翻訳本が出るようになりましたね
やはりMARVEL映画の成功が大きいでしょう。
ついに日本制作のMARVELアニメ、ディスクウォーズ:アベンジャーズも放送されるまでに至りました。
最近までは便利なアマゾンとかがなく、小中学生だった私には原書を手に入れることも中々できずじましでした。
それまでアメコミ熱は弱火になっていましたね。
映画の乱発と共にアメコミ熱も戻り調べていたんですが、なかなか分かりづらいものも多くて、動画とかで誰かしら解説してるだろうなぁ~っと思って調べたんです。
それが間違いでした。
なかったんですよ全然。
調べれば調べるほどゲームのことばかり。
映画の予告がちらほらある程度。
そこで私は何故か変な使命感に心を支配されたんですねぇ。
自分で作っちゃえばいいじゃん!と。
馬鹿ですねぇ。
初めて作る動画制作作業にどぎまぎしながら自分の知識をフル活用して作ったんですよ。
まぁ色々駄目なとこもありましたよ。今もですけど。
でも再生数、コメント数が増えるたびに色んな人が見てくださってくれて、あぁこんなにMARVEL知ってる人いるんじゃん!なんで作らへんかったねん!と思いましたねぇw
えぇ私より詳しいだろ!って人もかなりいらしてねw

そんな感じで作ってきて早1年半を越し、22話にまで至りました。
それに加えもうすぐ第1話が1万再生をいこうとしているところです。
ほんとうにありがとうございます。
みなさんの一言一言で私は続けてこれています。
正直やめようかなぁ~止めても別に誰もいいんだろうなぁ、なんて弱音を吐いたりしましたが、
この動画はありがたいとか
これ見て翻訳本買いましたとか
知識が深くなりましたとか
やっぱりそういう言葉が単純に嬉しいです。

こんな私ですが今後も動画作成精進していきますのでよろしくお願いします!
そして、週刊MARVEL COMICSという新たな動画シリーズも開始しておりますので、そちらもよろしくお願いします。

それではまた何処かでお会いしましょう!


近況や問い合わせはこちらのツイッターに https://twitter.com/takochan25

生放送はこちら 

デッドプールがMARVELの魅力を伝えたいようです。シリーズ

週刊MARVEL COMICS


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事