ハルマリカネダの自由帳

社会復帰とはどこまで行けば良いのか?

2019/02/24 03:35 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 統合失調症
  • 社会復帰
  • 愚痴
どうもカネダ・ルガ・タカミツです。
最近まで就活で何社か受けましたがいずれも落ちてしまいました。
今までの職歴やブランクなど27才とは思えないほど経験が私にはあります。
正直障害者になって悔やむ日々からなかなか抜け出せません。
周りはゆっくりやればいいとか気長にやればいいとか言ってくれますが、なかなか自分に染み込まないです。
どこまで行けば社会復帰になるのか、ふと考える時があります。同郷のみんなはしっかり仕事して着実に社会的地位や信用が増していく中、私一人が取り残されていているような感じがします。
自分の病気が不安定で、就活一つでも面接日や結果待ちまでは睡眠薬でも眠れないし、こうして記事を書いているこの時間でさえ、寝ることに恐怖があります。この時間は無駄なんじゃないかとか思ったり、現実逃避で配信してみたり、アニメとか漫画を読み漁ったりすることが私の人生の中で欲求に対してのではないと最近は考えることもあります。
仕事をしたくても私は何が出来るのだろう?
ハローワークに行くたび思います。
何でもしてきた。何でも出来た。やれないんじゃない。やるんだ。と自分に言い聞かせ、こなしてきたつもりです。
妄想に近いですが毎回災難や病魔のせいで職を変え続けて来ました。
何言っても言い訳。沢山の経験?今では糞の役に立たないものと思います。
自分は恵まれているんだ。と思っても本当はバリバリ仕事したいし、仕事の合間の余暇を贅沢に過ごしたい。貯蓄もしたい。
現状何も出来ていないんだなと思います。
やれと言われれば何でも出来ます。そういったところで、裏を返せば何も出来ないのと一緒。特質したものがなければ、誰も見てくれない。目にとまることはない。
ただ人間としての条件の満たない私がそこにいるんです。
最近ちょっとダークな私ですが、こうゆう時。こうやって文章にして見つめ直すんですよ。
黙読して、自身の心理状態を理解するんです。
文字に起こして見ると自分の考えていることやモヤモヤがはっきり映し出されるんです。
皆さんも思いつめた時は実践するといいです。自分が見失いそうな時に指針が見えてくると思います。
というわけで今回は、社会復帰について書いていきたいと思います。

よくテレビで「病気に打ち克って社会復帰」というフレーズを耳にするかと思います。
どこまで行けば社会復帰になるのだろうか?今の私と照らし合わせて考えてみようと思います。
段階を見て判断すれば理解できると私は思いました。
1発症入院
2通院
3リハビリ
4寛解
5就活
6就業
7継続
この7段階が私の思う理想的な社会復帰と言えるでしょうか。
4の時点で社会復帰と捉える方も多いかと思いますが、3~5に関しては順番が交差したり、繰り返したりとするのが私の現状です。

最近も就活の疲れでハローワークで調子が悪くなり、2週間ほど医師から就活禁止が出ました。
思いつめてしまうのが私の悪いとこをなんです。悪いことが続くと特に思考が混乱して、昏倒してしまう時があります。

歯切れが悪いですが一旦ここで投稿します。なんだか思考がまとまらなくなってきたので・・・

まぁ見た目元気にやってるんで心配しないでください。
今回はちょっとした愚痴回でした。



















コメント

エスター
No.1 (2019/02/24 20:42)
障害者なんだからもうちっと甘えていいと思うよ!
健常者と同じ苦労を味わう必要なんてない。
えみぽ
No.2 (2019/02/25 01:53)
うーん、書いて頭の中を整理するって、いいですね!私もやってみますー!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事