ハルマリカネダの自由帳

アニメの見方について

2019/02/06 06:54 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • アニメ雑談
  • おすすめのアニメ
  • サウンドトラック
皆さんこんにちはカネダ・ルガ・タカミツです。
毎日のように配信していますが、いつもタグに付いている。
<アニメ雑談>
のなかで普段私がどのようにアニメを見ているのか紹介します。

Q.どれくらい見るのか。

A.毎期見るアニメ作品は新作15~25作品程度です。2018年秋アニメは30作品と多めだったので大変でした。2014年頃から見る作品が増加してきたので、毎期15作品はベターで見ます。

Q.見る時間は?

A.現在は無職で自由に見ることが出来ますが、仕事をしていた前期はipadに同期してみてました。隙きあらばアニメって感じです。普段出勤の3時間前に起床し、3~4作品視聴&朝食を取る。寝る前に2~3作品みて寝るの繰り返しです。一回しか見ない物もあれば数回ニコニコで見たりと様々です。

Q.沢山のアニメを見逃さない方法は?

A.私はスマホ版のハッカドールのアニメリスト機能を活用してます。結構便利です。あと3号ちゃんかわいい。

Q.アニメで重要視するところは?

A.原作ありきのアニメの場合は、原作やWIKIを見ずにまず見てみる。相性が良ければそのまま見る。原作があれば原作を読んだりします。
ネタバレは作品によって様々ですが、あまり気にしないほうです。なので配信中ネタバレしそうにならないよう注意しています。
原作ベースのアニメの場合小説漫画問わず放映構成を気にします。いわゆる原作ではあったのにアニメでは扱えなかったネタなどをどうしても12話ないし24話に収めるわけですから映像化出来ないシーンも多くあると思います。どれだけショートカットしつつ演出していくかを楽しみとしてみています。なので事情があって見れなかったシーンは原作を見て補完していきます。
あとBGMやSE等の音楽構成についても気にします。
BGMは原作に無いものがほとんどなので作品の空気感を再現するための最も重要なポイントとしてみています。
BGMがしっかりしている作品のサントラは手に入れて配信の作業用BGMとして使っていることも多いですし、BGMを聞いただけでアニメと思い出深いシーンを思い出すことが出来てまた見たいなと思わせる時があります。それだけいいアニメはいいBGMがつくものと思ってます。

Q.好きなサントラ作者は?

A.梶浦由記、菊谷知樹、菅野祐悟あたりだと思います。よく目にする作曲家さん達だと思います。きいて見たらこれって感じです。
梶浦由記さんで好きな曲はoperations in actionという曲なんですが、アニメ「プリンセス・プリンシパル」のサントラに収録されている曲です。アニメの内容は女の子×スパイ×ブリテンな内容で、分断されたロンドンで暗躍する女スパイの物語なんですけど、この曲は作戦が開始される際によく流れていた曲と思います。なのでこの曲を聞きながら仕事や作業を始めると捗ります。
菅野祐悟さんの好きな曲は妹さえいればいい~メインテーマ~です。アニメ「妹さえいればいい」のテーマソングで作中で一番耳にした曲と言えます。作品は小説家の話なので、この曲をかけながら、小説枠での執筆をしています。とても捗ります。
菅野祐悟さんの好きな曲はil vento d`oroです。アニメ「ジョジョの奇妙な冒険第五部 黄金の風」にて使用される曲です。ジョジョ3部から音楽担当をされていますが、この曲はいわゆる処刑用BGMってやつです。3、4、5とそれぞれ処刑用BGMはあるのですが敵に作戦を見抜き一発逆転の際に流れるこの曲は回を重ねるごとに厚みを増す感じです。アクションゲームの配信で流すとアドレナリンがヤバイです。

Q.おすすめのアニメ教えて2018年までので!

A.おすすめのアニメは正直どれも見てほしいのですが、アニメ見たい!って感じで一般向けにおすすめできるのが、
「多田くんは恋をしない」ですかね。
あらすじはカメラ部の多田くん(主人公)が皇居前で撮影していると、れいん坊将軍という時代劇が好きなテレサちゃん(メインヒロイン)と出会います。そんな多田くんの周りで起こる恋愛沙汰を楽しむアニメです。てかキュンキュンします。とりあえず見とけって感じです。
もう一作品は「宇宙よりも遠い場所」をおすすめします。
あらすじは女子高生4人が南極に行く話です。泣きます。泣かせにきます。ギャグとシリアスの配分が完璧な作品です。
ネタバレしたくないので見とけって感じです。
どっちも原作なしのオリジナルアニメなので原作厨の人もニッコリな作品となっています。

Q.今何故アニメを見るのか?

A.高校時代からアニメは好きでした。しかしキャラが可愛いとかくらいしか感想がなかったんですよね。なので高校卒業して10年たった自分が見る学園モノとか比較的登場人物が若い作品は思春期にこういう思いがあったなあとか客観的に自分を見ることが出来る素材としてみていることがあります。
最近見た、「あの花」も放映当時はそこまで見る気も起こらなかったですが、食わず嫌いと言うより多分見ていたとしても当時と今とでは感じ方が違ってきてるなと思います。
多田恋もよりもいも高校生時分で見ていたら多分可愛い止まりなのかもしれないかと思う作品です。作品と自分自身を重ね合わせてそれを客観的に見ることで、共通している点や共感で出来るシーン等様々見て取れると思います。そうやってアニメを見ると面白いなと最近は思っている感じです。

見る年齢や環境などで感想は様々なので一概に言えませんがアニメって様々な見方ができるなって最近になって思うようになりました。
皆さんも別の視点からアニメを見ていくと新たな発見があると思うので是非見てください。
こんなカッコつけたアニメを見方に講釈をたれてますが、




































可愛いって正義なんやなって思います。ロリ最高や!!(ロリコン並みの感想)

とか言ってんのを配信してます。

最近はアニメ雑談から小説書いてたりと多方面です。サバゲー行きたいです。なので早くお金がほしいです。働きたいです。でも配信はやめません。よろしくおねがいします。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事