竹蔵のブロマガ

いじめのできる仕組みってこういうのもあるんじゃないかと思う。

2013/07/12 04:21 投稿

コメント:7

  • タグ:
  • 教育
  • いじめ
  • 学校
  • 保護者
  • 地域
学校の教師ばかりが責められるご時世に

「ちょっとまった!」


を、かけたく記事を書いてみることにしました。

動画などを見ていて気になったコメントについて勝手に思うことを書いていこうと思います。



「今の教師は学力を重視して教えるから、人格はどうでもいいんだろうな」
うん。実に悲しい。これがどこのだれが書いたのかも知りませんが、こう思う人が出ることが悲しい。

なにやってんねん!!!教師!!!あほか!!!

・・・ってなるわけですよ。
でもね、ちょっとまってね。

もしもあなたが先生だとすれば、人格どうでもいいとか思いますか?

子どもが好きでなってるわけですよ先生って。結構な人数。
中にはゴミみたいな教師もいますけどね、子どもに手を出すような。
ここでは、それはとりあえずおいておいて。


思うわけないんです。それをさせているのは何か?
それが今のご時世。

いい中学校、いい高校、いい大学。
受験戦争に勝たなければ人生の敗北者。
塾に行かなきゃ、習い事しなきゃ。
お勉強大事ザマス!!!!


誰がしてるんでしょうね。







もしも見てくださった方、これも何かの縁です。忘れないで!!

保護者が第一の先生なんですよ?


先生にまかせっきりで、なにかあれば「先生はダメ」「やっぱり教師じゃなぁ・・・」は情けないですよ。


皆が変わらなきゃ学校は変われないんです。
文句言うだけなんて、誰でもできるんです。


地域と学校が協力し合ってより良い方向へ子どもを導くんです。


それを、「教師は・・・」の言葉で片付けて恥ずかしくないですか?





そして、そういう言葉って他でも聞きません?

「○○さんはダメ」

「やっぱり○○じゃなぁ・・・」


いじめです。
大人の中でもこんな言葉多く聞きます。

大人が見本みせてるんですよ、いじめの。

助け合い、補い合う姿を見て育ってない子どもにいじめるな?

どの口が言うんですか!!

人を変えたかったらまず自分から



当たり前のことです。


先生だって人間です。万能ではありません。
助け合って子どもを導く方向性を見出そうとしてみるのもいいんじゃないでしょうか?


と、最初にこんな内容書いてしまいました。
のんびり書いていこうと思います。
  • 一覧へ

コメント

tretre
No.5 (2013/07/17 02:36)
祝福は宗教の勧誘でつかわれやすい造語です。
言い換えた表現です、

 あなたはクラス全員に誕生日を祝ってもらったことがありますか。
と言う意味ですよ、単純なことですが、してない学校はいじめのおおい行きにくくなりやすい学校となります。
自分だけが祝ってもらいに行くんなら、そりゃサービス業かもしれませんが、自分も相手を祝うんですよ、何回も何回もですよ、楽してるわけじゃないんですよ。

ハイ明日はだれだれさんをいじめる日ではなく、あなたが生まれてきて誰もがあなたを祝っていくんです。ディズニーでもやってます。
 いい会社やいい学校になるとだいたいやってます。明日も登校出社楽しいからいいですよね。
やってない会社学校はつまらないですよ、辞める率と退学率は比例してますね。
 
 今日学校で祝ってもらった人が、次の日いじめの対象を探そうとしますか? いいえですね。
祝ってしまった相手をわざわざいじめま... 全文表示
竹蔵 (著者)
No.6 (2013/07/17 14:28)
tretreさん
祝福ってそんな意味だったんですか!!!!無知で申し訳ない。
前半のお誕生日をクラス全員で祝う!これは本当にいいと思いました。是非、導入でいたらと思います。
時間をかけてすることはできなくても、朝の会の時間にでもみんなで言う習慣を、祝う習慣をつけていれば自然にいじめも減るのは間違いないと驚きました!

中学、高校になると気恥ずかしさが勝ってしまって、難しいかもしれませんが
小学生までにならばありだと思います。

学校が子どもにとってより良い場所になるといいですね。


tretre
No.7 (2013/07/17 20:30)
なにイッテンノカナー、ニコニコ動画なんていつもやっますよー。
 
 最初のころなんか死ねとか嫌な言葉が案外見かけましたが、実況動画とかの有名でない実況者さんまでも誕生日がくるとだいたい祝ってもらってますねー。
 それに伴ってかだんだん見なくなってきましたよ。ニコニコの人気も加入者の増加を見ても分かるとおりですね。
時報のときくらいかな・・・・ 

 私はプレミアムじゃないですがなにか?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事