タケショーのNO LIFE NO MUSIC

【2014/10/05投稿】Triptych【弾いてみた】

2014/10/12 22:49 投稿

  • タグ:
  • 弾いてみた
  • 音楽
  • SIAM_SHADE
  • DAITA
  • Takesyo
  • ギター
10/05投稿から一週間ほど経ちました
SIAM SHADE Triptych
の弾いてみたについて


まだお聴きでない方は是非一度ご試聴下さいませ。


【コメ返し】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
返すコメが無かった・・・orz
割と絶望的な結果でございます。
 
【弾いてみて】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・音程をしっかり出すこと
 チューニングやチョーキング、フレットを抑える難しさを感じた曲でした。
オクターブチューニングは通ってる楽器屋のリペアマンさんに「お願いします」で済みます。
しっかしチョーキングで音をばっちり合わせることの難しさよ・・・。

音感に乏しい私にとってはこういうのどうしたら良いかわかんないっすね。
今まで機械に頼っていたチューニングを出来るだけ耳使ってやろうかなってくらいでしょうか。

あとギターの音程というのはフレットで決まりますが、弦を押さえる強さによって
少し高くなってしまうことがある。

録画、録音してて、一曲弾ききらなければいけないという緊張感によって力入れて抑えすぎて音程がずれる(少し高くなる)ことがしばしば見受けられるきがします。

あとくり返し録画録音しながら、何度も弾いてた訳ですが、このくり返しを続けることによって1弦の音が少し下がってたかなっていう・・・。

タッピングフレーズの前の長い音で『!音低い!』と感じてちょっとだけチョーキングして音上げたものの後の祭り。後で聞いたら全編違和感を僅かに感じる。
一番最後に出している音なんて酷いもんでしょう?

でもこれ以上のテイクなかなか取れないわwww

・フレット飛びが難しい。
19フレットにポンと音飛ぶフレーズがあるんですがこれが難しい。

上手い人はギターの横も縦もバシッと移動して音鳴らすんよな。
ガスリーゴーヴァンて人の動画みかけたけど凄かったぜ。
(DAITAさんDISられまくってて悲しくなったけどおれあどっちも好きよ?)

もうここいらはどんだけ練習してるかによるんやろな。
ここいらは生まれつき(小さい頃)得た音感と違って練習次第なんかなと思う。
練習せにゃーイカンな

【最近気になるギタリスト】~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まぁガスリーさんも気になるんだけど下記のギタリストさんも気になっとる。
・アルディメオラ
 オーダーメイドギターの仕様を煮詰めてる時にこの人のギターモデルの素材が近いらしいてなことで知った。良い音してんぜ?
 あとフレーズ選びの緊張感ったら無いね。
 ドキドキさせる渋味があんべ。

・アンディティモンズ
 Dimarzioのピックアップで自分に合うの探してて知った。
 この人のアーミングが絶品だ。

・ヴァイ
 なんか色んなギタリストと絡んでるよな。
 この人の演奏は楽しくなる。
 トーンが好き演奏が好きってよりこの人良い人なの?
 それとも色んな人との絡みをプロデュースしてる人いるんやろか。  
 
【まとめ】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 コメ0マイリス0(マイリス一つ分は自分でマイリスしたのな)
 どういうことなの・・・。

 今までで一番良いトーン、演奏だと思ったが・・・。
 かなり絶望しておりますが、この動画を期にか他の動画再生してくれてる方もいそうな感じと前向きにいく。
 自分の良いと思うもんを求めて行きたいとそう思ってます。

 褒められたらそれやって行きたいからボカロ曲も作りたいんだけどね。
 (少しの声援も心に残るそんな心境でござる。)

 しかし今はギターの良いトーン求めて日々実験したり調べたりで次のボーナスでオーダメイドギター発注しようと画策してる。今日も行きつけの楽器屋行ってリペアマンさんに色々教えてもらってきたのぜ。単純に楽しいんだ。
 リアルタイムで音が返ってくる良さがある。

 あとボカロの調声は超時間かかるんだ。上手い人ってすげえよ?
 ぼかりす使ったりプロ級な調声やられると萎えるんだけどな~。
 まじ素人で頑張ってる人に声援向けていきたいわ。

 次はMEIKOでカバー曲+弾いてみたな動画かな。(ばっくれてまた弾いてみる可能性あるが)
これジャンルはVOCALOIDか弾いてみたどっちにすりゃいいのか。久しぶりに弾いてみた辞めてパンチインアウトに頼って録音すっかな。
 ともかく今後ともよろしくお願いしますっ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事