タケショーのNO LIFE NO MUSIC

ギターの回路を改造

2014/09/28 20:31 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • ギター
  • 弾いてみた
【近況】~~~~~~~~~~~~~~~~~
先日ご紹介したボグナーのエクスタシーブルーが非常に仕事してくれてます。
低音の存在感が凄い。
DAWのイコライザーで無理矢理付け足してたんだが、大げさなイコライザー不要です。

【ギターのトーン】~~~~~~~~~~~~~~~
アンプセッティングで低音を削っていく方向になって高音のつまみが90%以上なんて
現象が起っており、次は
「ギターに高音の鳴りが欲しい!」
となりました。

そこで、トーンポッドを使わない改造をしてもらいました。
(オクターブ調整もしてもらた)

ギターのトーンポッドはギターのトーンを決定付ける重要なパーツだと思いますが、
私は
・自宅録音中心
・トーンもボリュームもMAXで、音作りはエフェクターでやる。
・一曲の間でトーンの調整はボリュームを絞っても少々出来る。
てなことでトーンつまみはいじりません。

ギターのトーン回路をぐぐると、トーンつまみ最大にしても
少しは高域が落ちる仕組みのようです。

改造前と比べると明らかに高域が延びています。
(低域が削られているわけではない・・・はず。。)

トーンを使わなくすることについては色々と議論があるようですが、
今のとこ自分のギター、エフェクター、プレイスタイルには合ってそうです。

【ボリューム全開!】~~~~~~~~~~~~~~~
あとほとんどの曲でボリュームはMAXのまま弾きます。
ただ、自分の弾き方が下手っぴなのか、1弦あたりを速弾きしてると
知らぬ間にボリュームを触ってしまい、ボリュームが落ちて音がしょんぼり・・・。
が多発します。

そこで使わなくしたトーンポッドにボリューム全開にするスイッチを追加しました。
プッシュスイッチで、押すと全開、押すとボリュームが効くというタイプです。

この機能自体の改造は大当たりではあるのですが、
・スイッチの位置が演奏中ぱっと押せないことがある。
 (アームがジャマだったり、弾いてるとき弦から指を遠ざける必要がある)
 ボリュームポッドをスイッチ付きのものにした方が良かった。
・トグルスイッチにしてスイッチング奏法できるにようにするのもありだったかも。

これはまた後日何か改造があれば改善したい。

【まとめ】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
近くにこういう改造をぱぱっとやってくれる店があるっていうのは恵まれているな。
二つの改造とも自分で出来ないことじゃないけど、手間とか半田付けの正確性とかは
多分プロにやってもらったほうがイイもんね。

地味にセンターピックアップも昔のギターに載せてた
DimarzioのBlue Velvet(だと思う。廃盤品みたいね)に交換もした。

段々面白いギターになっていってます。
ではこれにて失礼ノシ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事