日刊「是々非々」

[政治]小沢一郎氏と鈴木哲夫氏

2015/06/09 17:07 投稿

  • タグ:
  • 違憲
  • 安保法案
  • 日刊ゲンダイ
  • 小沢一郎
  • 鈴木哲夫
世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で官邸に焦り

6月9日付の日刊ゲンダイさんより。
最近では小沢一郎氏と言えば鈴木哲夫氏、鈴木哲夫氏といえば小沢一郎氏。
何だかそんな印象さえありますよ。
未だに「オザワ オザワ」ですからね~。
もう小沢一郎氏の時代は民主党を離党した時点で完全に終わっているんですよ。

■ポジティブ・リストがある内は絶対に無理

それに何回も書いてますが、違憲だ反対だという意見ばかり載せて賛成派の違憲は載せない。
世論に違憲だ反対だと言っている人がいるのは分かっていますし、よく知っています。
でも逆に賛成派の人達だって沢山いるんですよ。
賛成派と反対派の意見を載せた上ではじめて議論が成立するんじゃないですかね?

私は安保法案には賛成なので、この手の記事を読むのは正直言って苦痛です。
しかし目を背ける訳にもいきませんし、反対派の意見を読んでみるのも大切なこと。
反対派の人たちの意見ももう少し納得できるものなら良いんですけどね~。
ただ「戦争反対」の一点張りではとても納得できるものではありません。
そもそも安保法案は『戦争法案』なんていうものとは全然違うんですから。
これも何度も書いているようにポジティブ・リストがある内は絶対に無理です。
それこそ自衛隊員の命を危険に晒すだけですからね。

反対派の人たちにももう少しそのことを理解していただきたいです。
単なるイデオロギー的なもので反対ばっかりしていると選択を誤りますよ。
それでなくともChinaの脅威というのは日々一刻と増すばかり。
その事に目を背けて「戦争反対」だけではChinaの思うつぼであり思惑通りに進むだけです。
私が脅威に感じるのは安保法案よりも、Chinaの侵略ですね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事