日刊「是々非々」

[政治]戦争法案などではなく抑止力を高める為の法案

2015/05/29 17:07 投稿

  • タグ:
  • 産経新聞
  • 日刊ゲンダイ
  • 安倍首相
  • 自民党
  • 公明党
  • 創価学会
  • 戦争法案
  • 安全保障
首相「女性に限らず国民の理解が進んでいない」
…平和安全法制特別委要旨


産経新聞さんの5月28日付のWeb記事より。
メディアも「戦争法案」という文言を使うので一種の刷り込みが行われている気がします。
私は今回の安保法制の目的はあくまでも抑止力を高めることだと思っています。
このブロマガでも何回も書いていますように万が一が起こってからでは遅いのですよ。
抑止力というのは事を未然に防ぐことができるから抑止力になるんです。
地球の裏側まで自衛隊を派遣して戦争をしにいくことができる法案では全然ありません。

そもそもこれも何回も書いていますがポジティブ・リストなるものがあるのが日本だけです。
ポジティブ・リストがある限り、他国へ侵略するような戦争なんて起こせませんよ。
それこそいちいちリストを見ながら戦争なんてできますか?
それに有事なんていうのは得てしてこちらの想定通りに事は動きません。
だから『有事』なのであって国会であれこれ事態を想定するのも何だかずれています。

毎日のように国会内で審議されている審議内容は世界中に発信されます。
国民の生命と財産を守るべき安保法制の審議が世界中にダダ漏れというのも怖い話しです。
これでは日本の手の内を公開しているだけで、よりテロ等の脅威が増しませんかね??
何だかピントがずれているというか今の国会審議は何か違うように感じています。
もっと他国から侵略される脅威について寧ろ与野党間で議論していただきたいです。

<今日の日刊ゲンダイ>

答弁不能で“つまり”連発…安倍首相が「安保」審議でまた完敗

正直どっちもどっちだなぁ~と感じるような記事内容でした。
安倍首相の「(攻撃された場合は)ただちに退避する」という答弁内容も釈然としません。
敵から攻撃されてスンナリと直ちに退避することなんて本当に可能なのでしょうか?
いわゆる”戦闘状態”に陥って反撃もせず無傷で退避するなんて不可能でしょう。
推測ですけど安倍首相自身も本当は同じように考えていらっしゃるのでは??
どうも発言の背景には公明党(創価学会)への一定の配慮が感じられます。
こうして審議入りできたのも自民党が公明党に対してだいぶ配慮をした結果ですからね。

やっぱり安全保障を語る時に公明党への一定の配慮というのが出てきます。
でも配慮ばかりをしていて有事の際に不手際があってからでは取り返しがつきません。
今回の安全保障法案だけでは本当の意味で国民の生命と財産を守るには心許ないです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事