日刊「是々非々」

[経済]AIIBへの参加は見送りが賢明です

2015/05/19 17:07 投稿

  • タグ:
  • 読売新聞
  • 日刊ゲンダイ
  • AIIB
  • 橋下徹
  • 都構想
AIIB、1千億ドル規模…中国出資は3割未満

読売新聞さんの5月16日付のWeb版より。
私は以前からAIIBへの参加は見送るべきだと書いてきました。
そもそもAIIBへの参加メリットが日本国にとってあまりにも少ないです。
多額の出資金をとられるだけで他にどんなメリットがあるのか分かりません。
ですから未だにある「バスに乗り遅れるな」的な論調が理解できません。
少なくとも参加するべきだと主張している媒体は参加メリットを書くべきです。

中国共産党のメンツの為に最終的には米国に付き合わされる可能性は捨てきれない

China側からしたら自国のメンツもあるので日本と米国には参加してほしいところ。
しかし今のところは日米両国共にAIIBへの参加には極めて慎重な姿勢を見せています。
このまま設立へと進めばChinaの国際的な信用度が大きく失墜する可能性もあります。
そうなったら習近平体制がぐらついて共産党が受けるダメージも大きくなります。
それだけは絶対避けなければいけないのがChinaの共産党だと私は思います。

日本の立場的には参加を見送り続ける方がより有利に働きます。
習近平が日本に対して更に軟化の姿勢を見せてもAIIBへの参加は見送り続けるべきです。
常々言っているようにそんなお金があるのなら国内向けに投資をした方が良いですよ。
政府にはデフレ脱却の為にあらゆる手段を講じてでも頑張っていただきたいですね。

<今日の日刊ゲンダイ>

ハシモト劇場は終わらない? ウルトラCは「大阪第2都構想」

自民党もそうですが公明党との繋がりというのは重視せざるを得ません。
敢えて言うまでもありませんが、公明党の支持母体である創価学会の影響力は凄いです。
都構想も創価学会の婦人部あたりが賛成にまわっていたら結果も恐らく違っていたはず。
だから水面下では恐らく公明党との話し合いというのは続けられているでしょうね。

大阪第2都構想なるものが本当にあるかは分かりません。
ですが仮にあるのだとすれば今度は確実に公明党への協力を要請するでしょう。
もし2回も住民投票で否決される結果になったらそれこそ大阪維新の会はお終いです。
やるとしたら橋下市長が市長在任中にやるはず。
しかし市長の任期は残り約7ヶ月。
それまでにきちんとした形として大阪第2都構想をぶち上げるには時間が足りませんね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事