日刊「是々非々」

[政治]橋下徹という政治家

2015/05/18 17:07 投稿

  • タグ:
  • 産経WEST
  • 日刊ゲンダイ
  • 橋下徹
  • 大阪維新の会
  • 維新の党
  • 次世代の党
  • 公明党
  • 自民党
  • 長谷川幸洋
  • 都構想
はや方針転換?自民推奨「『総合区』進めて」 
橋下氏「広げた風呂敷、たたまなきゃ」


5月18日付の産経WESTさんより。
もしかしたら予想以上の大接戦だったかもしれません。
賛成派も反対派も固唾を呑んで開票の行方を待っていたと思います。
とくに橋下徹大阪市長は最終的な連絡が届くまで終始ドキドキだったはずです。

橋下市長がこの都構想に並々ならぬ情熱を注いできたか大阪市民じゃなくても分かります。
しかし僅差と言えども都構想は否決されました。
否決された以上は潔く身を引くというのが「政治家」橋下徹のポリシーなんでしょうね。
この辺の引き際の良さは今の政治家に欠けているところ。
良い意味でも悪い意味でも常に注目を浴び続けてきた約7年半の政治家人生。
圧倒的なカリスマ的な存在感で引っ張ってきた7年半でもありました。
その中心人物を事実上失うことになるのが大阪維新の会と国政政党のの党

得てして1人のカリスマが去ると残されたグループは瓦解していくものです。
例えば「織田信長」という絶対的なカリスマを失った織田家中がそうだったように。
国政の方でも維新の会は来年の参議院選挙で現状のままだと窮地に立たされると思います。
一時期は一緒だった次世代の党も同じくです。
与党では公明党にはさしたる影響はないでしょうが、自民党にとっては痛いですね。
安倍首相は時が来たら公明党と袂を分けてても橋下市長と連携をしたかもしれません。
それは首相の悲願でもある憲法改正を実現する他の連携に他ありません。
しかし昨日でその可能性も限りなく「0」に近づいてしまいました。
橋下市長の政界引退は大阪に留まらず全国的な影響を及ぼします。
国会の方も政局が再び動き始めるかもしれません。
それくらい5月17日という1日は日本の政治にとっても大きな1日となりました。

<今日の日刊ゲンダイ>

大阪ショック”安倍官邸を直撃 それでもやるか改憲国民投票

改憲の是非を求める国民投票をするのであれば、
朝日新聞と中日新聞の世論調査で支持が80%にまで上昇した時でしょうね。
東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋さんは以前こんなこを仰っていたと思います。
それくらい絶対に改憲できるという保証がなければ安倍首相は国民投票に踏み切りません。
ですから当分は改憲の「か」の字も言わないものと思われます。

これで直近の課題は消費増税ということになりそうです。
10%への引き上げは間違いなく国民生活に大きな悪影響をもたらします。
そうなったら改憲もヘチマも無くなりますし、
今後日本で改憲することなど事実上不可能になるでしょう。

橋下徹という政治家を失うことが決まった以上は新たなパートナーを探す必要があります。
それだ果たして誰になるのかは分かりません。
ですが改憲国民投票を実施するのであれば強力なリーダーシップを発揮する人材が必要。
なかなか橋下徹を超えるような圧倒的なカリスマを備えた人材は出てこないでしょうね。
と言うことは改憲も実際のところは昨日でより遠のいたと言っても良いと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事