日刊「是々非々」

[国際]イギリスの総選挙結果がEUの混沌化に拍車をかける

2015/05/16 17:07 投稿

  • タグ:
  • 週刊文春
  • 日刊ゲンダイ
  • キャメロン首相
  • ニコラ・スタージョン党首
  • EU
  • イギリス
  • スコットランド
  • 都構想
  • 橋下徹
  • デマ
英総選挙で躍進
雌ライオンが狙うスコットランド独立



ちょっとお久し振りの週刊文春さんのWeb記事からです。
注目されていた英国の総選挙は現職のキャメロン首相率いる保守党が過半数を獲得しました。
当初は保守党が単独で過半数を獲得できるかが総選挙の最大焦点。
ところが思いの外、保守党が議席を伸ばしたので意外に感じている識者も多かったですね。

過半数も確保できて喜びたいところのキャメロン政権ですがそうも言っていられません。
それがスコットランド情勢です。
地域政党であるスコットランド民族党が大躍進を見せ定数59の内56議席を独占。
ニコラ・スタージョン党首はスコットランドの独立に向けて再び住民投票へもっていく構え。
今回のスコットランド民族党の大躍進により欧州情勢が再び混沌としてきました。
成功に見えかけたEU欧州連合もギリシャ問題から一気にその足元が揺らぎ始めます。
ギリシャはEU離脱を匂わせていますしイギリスでも同じ様な動きを見せ始めています。
欧州情勢が混沌とし始めると日本にとっても決して対岸の火事なんかではありません。
先日も書きましたように欧州情勢と日本経済は連動した形で動いています。
混沌とした情勢が加速化すればする程に日本経済へ与える影響力も増してきます。

大阪都構想は国内問題で欧州経済にこれっぽっちも影響を与えません。
ですがスコットランドの独立運動はEU全体にも大きな影響を及ぼします。
だから日本で生活をしていてもスコットランドの独立運動を見守る必要があるんですね。
今後の情勢如何によっては来年にも再び住民投票が行われる可能性があります。
前回の住民投票ではキャメロン首相の必死な演説により何とか独立阻止に成功。
しかし今度の相手は女性のニコラ・スタージョン党首です。
もし再び住民投票が行われる自体になれば今度こそ本当にどうなるか分かりません。
今回の英国の総選挙の結果は、よりEU全体の混沌とした流れを加速させ始めました。


<今日の日刊ゲンダイ>


橋下維新陣営 「反対派のデマ」と称して公式サイトでデマ拡散

明日の投開票へ向けて賛成派も反対派も最後の情報戦を展開していますね。
私の印象では現状だとちょっと反対派の旗色が良いように見えます。
マス・メディアの世論調査結果でも各媒体で同じ様な結果が出ていました。
ですがまだ依然として賛成・反対共に伯仲はしているのでどうなるのか分かりません。

しかしまぁ昨日も書きましたけどここまでバッシングされるのも珍しくないですか?
やっぱり橋下市長は敵を多くつくりすぎですよ。
もう少し上手く人間付き合いができればまた違った展開になったように感じます。
いずれにしましても明日には明確な答えが出ますね。
どの様な答えが出るのか注視したいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事