日刊「是々非々」

[政治]レームダックの危機に瀕している朴槿恵大統領と既にレームダックのオバマ大統領

2015/05/11 17:07 投稿

  • タグ:
  • 安倍晋三
  • オバマ
  • 朴槿恵
  • 中央日報
  • 反日
  • 日刊ゲンダイ
  • 自衛隊
  • 朝鮮戦争
  • 日本特別掃海隊
昨日のブロマガは過去最高のアクセス数を記録しました。
やはり韓国が絡んだニュースは皆さんの関心度も高いのでしょうか。
この場を借りて読んでくださった全ての方々に感謝申し上げます。
そこで本日のブロマガでも韓国のニュースを取り上げてみました。


朴大統領、来月訪米…オバマ大統領と首脳会談


初めて中央日報さんの記事を取り上げます。
日本の安倍首相によるGWの訪米は結果的に『大成功』でした。
おそらく私以外の日本人の多くの方々も今回の訪米は大成功だと思っているでしょう。
日米同盟の強化に焦った訳ではないでしょうが6月に朴槿恵大統領が訪米するようです。

韓国政府には韓国政府なりの思惑があって来月の首脳会談を執り行いたいはず。
ただタイミングとしてはちょっと最悪でしたね。
何故なら必ず日本の安倍首相の訪米と比較されてしまうからです。
これが4月より前であったならまだ話しは違っていたかもしれません。
しかし安倍首相の訪米大成功後の首脳会談ですから否が応でも比較されます。


レームダックの危機に瀕している朴槿恵大統領と既にレームダックのオバマ大統領


以前にも書きましたが今のオバマ大統領と首脳会談をしてもあまり意味がありません。
全くないとは言えませんけど米国内でも既に冷ややかな目で見られているのが実状。

尹徳敏国立外交院長は北核問題が議題としてかなりの比重で扱われると述べています。
日本は勿論のこと韓国にとって北朝鮮の核問題というのは更に深刻です。
深刻度でいえば日本の拉致事件と同じくらい韓国にとっては深刻な話しだと思います。
ただ武力行使を絶対に行わないオバマ大統領と会談しても大して進展しないのでは?
「牙を抜かれた狼」同様の今のオバマ大統領は既にレームダックと化しています。
また韓国内での支持率が急落している朴大統領もレームダックの危機に瀕しています。
今回の訪米で一定の成果を挙げなければ韓国内での政権支持率が更に悪化することも。
そういう面でも今回の朴槿恵大統領の訪米は安倍首相の訪米とは意味合いが全然違います。


朴槿恵大統領には反日一辺倒の外交姿勢を改めていただきたい


余計なお世話ですが朴槿恵大統領の支持率低下の一因に反日も入っていると思います。
あのChinaの習近平主席ですらAIIBの件もあってかやや軟化の姿勢を取り始めています。
しかし韓国政府は未だに強硬な反日姿勢を崩そうとしていません。
これでは両国間の友好関係にも大きな溝ができたまま埋まりませんよ。
私は朴槿恵政権の支持率が持ち直す1つのキーワードに反日政策からの転換をあげます。
さすればアジア全体の更なる平和に向けて大きな1歩を踏み出せるものと考えるから。
朴槿恵大統領のご英断にささやかな期待を寄せています。


<今日の日刊ゲンダイ>


気鋭の学者・白井聡氏「首相は自衛隊の犠牲望んでいるのか」


私と論調が異なりますが長くなりますので一言だけ。
安倍首相が自衛隊の犠牲を望んでいるわけないじゃないですか。
出来る事なら1人たりとも犠牲になんてしたくはないはずですよ。
でも国際社会では常に有事に備えることが大切になってきます。
また既に朝鮮戦争で日本特別掃海隊による極秘の機雷除去に携わった青年が戦死しています。
ですから厳密に言えば既に犠牲者は1人ですけど出していることになります。

自衛隊員が1人でも犠牲になるのは私だって嫌ですよ。
でも現実を見ると綺麗事が通じることばかりではありません。
今後の自衛隊を一体どの様にすれば良いのか充分に議論をする必要性がありますね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事