日刊「是々非々」

[政治]民主党が野党第一党から転落する日もそう遠くないですね

2015/05/06 17:07 投稿

  • タグ:
  • 民主党
  • 枝野幸男
  • 日本共産党
  • 安倍晋三
  • 日刊ゲンダイ
  • プロ市民
  • 辺野古

私はこのブロマガなの中でも民主党については度々書いてきました。
その中で解党して出直した方が良いと書きましたけどもうダメですね。
1回とことん落ちるところまで落ちないとこの党は分からないようです。
それがこの枝野幹事長の発言でした。


「日本の国会は米国議会の下請け機関ではない」
枝野幹事長が安倍総理の発言を指弾



相変わらず批判ばかりするんですね~。
私は何回も書いているように批判自体は何も悪いことはないと思っています。
でも民主党は今回の件で批判する立場にあるのですか?
消費増税にしても盛んに「三党合意」だと折に触れて発言してきたじゃないですか。
そのことも有耶無耶になって野田政権時の『約束』については何も触れていません。
良い部分だけを抜き取って民主党政権時の功績だと盛んにアピールをする。
今の岡田-枝野体制も発言の責任を負うこともなければ闇雲に批判ばかりをするだけに。
これでは国民の信を再び取り戻すことはできません。
日本共産党に野党第一党の座を明け渡す日もそう遠いことではないなと思いましたね。


真摯に反省するという言葉は口だけですか?


よく選挙戦で負けた時に真摯に反省するという言葉が出てきます。
民主党も例に漏れず政権転落以降は随分とこの言葉を使ってきました。
ところが選挙が終わると何事もなかったかのようにとにかく批判。
現在の執行部で安倍政権以上に上手くやれるとはとても思えませんよ。
とにかく批判をすれば民意も自ずとついてくると考えているのでしょうか。
だとしたら考えが甘いと言わざるを得ません。

今後も党勢の回復が見込めず転落の一途を辿ればお得意の”内輪もめ”が始まりますよ。
この内輪もめの始まりこそ民主党の終わりを告げる時だと思います。
政界再編を少し期待していましたけど現在の民主党ではとても望めそうにありません。
安倍政権を批判する前にまず自党について見直した方が良いですよ。


<今日の日刊ゲンダイ>


「誰が総理でも同じ」はダメ…国民の良心にかかる国の行く末


確かにゲンダイさんが書いているように「誰が総理でも同じ」ではダメですね。
それは民主党政権時によ~く分かったことだと思います。
だから2012年の12月に国民の良心が働いて民主党を下野させたのでしょう。
なので国が危機を迎えた時はきちんと国民の良心は働いているのです。

そもそも沖縄の『民意』ってなんですか?
まず辺野古への基地移転を反対しているのは沖縄”県民”なのでしょうか。
民意というならまずきちんと沖縄県民なのかどうか確認していただきたいですね。
随分と「プロ市民」と呼ばれている人達が入っているのを知っている人は知っています。
そのことを調べもせず『民意』というのはおかしいと思います。

Chinaの工作にまんまとはまって本土と沖縄県を分断しようと考えているのでしょうか。
もし違うと言うのであれば偏った見解のみを載せない方が良いと思いますね。
どうも日本国には日本で生活をしていながら反日的な人が多すぎますよ。
そんなに日本のことが好きじゃないのなら無理に日本で生活をすることはないのです。
私は日本と千葉県のことが大好きだから一生涯を日本国民として全うしますよ。
だから余計に反日的な報道を見ると悲しみと強い憤りを感じるのかもしれませんね。
とにかく沖縄のことを報じるのであれば、もう少し中立的な目線で報じてほしいです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事