日刊「是々非々」

[政治]安倍首相の外交姿勢とは対照的な朴槿恵大統領の外交姿勢

2015/05/01 17:07 投稿

  • タグ:
  • J-CASTニュース
  • 安倍晋三
  • 朴槿恵
  • 反日
  • 慰安婦
  • 日刊ゲンダイ
  • 日教組
まずこのブロマガを始めてから今日で1ヶ月が経ちました。
コンスタントに更新を続けてきて自分なりに感じるところも多々ありました。
国内外のニュースを読んでいても問題は山積だなぁ~と改めて感じます。
直ぐに全ての問題を解決することはできないので1つ1つクリアしていただきたいです。
とにかく世界の恒久的な平和づくりの為にも2015年は1歩でも前進したいところ。


安倍演説「米国で大好評」で焦る韓国 
「日本に押されている」と政府批判



本日はJ-CASTニュースさんより。
私は以前から朴槿恵大統領の反日政策に疑問を抱いていました。
韓国国内に溜まっている不満を日本に向けさせるという意図が見え見え。
これはChinaにも通じるところがありますが一時的なものであるならまだ分かります。
ところが朴槿恵大統領が就任してから2年が経ちましたけど未だに”反日反日”です。
一体いつまでこの様なムダな反日政策を採り続けるのでしょうか。
反日政策を採り続ける限り韓国にとって良いことなんて1つもありませんよ。

振り返ってみると安倍政権の出足は本当に良かったです。
朴槿恵大統領が大統領に就任した時期とも被りますが特に外交面が素晴らしかった。
一部では諸外国への歴訪を批判する向きもありましたけどとんでもありません。
2013年の安倍政権で最も評価が高かったのは間違いなく外交です。
韓国政府が反日一辺倒だったこの2年間、安倍首相は外交に特に力を入れていました。
これが国内を軽視しているというのは少し的外れだと私は思うのです。

アベノミクスの3本目の矢と同様に外交も直ぐに効果が出るものではありません。
2013年の外交の成果が出始めるのもちょうどこれからでしょう。
ですから安倍外交の本当の意味での成果が問われるのはこれからなのです。

一方の朴槿恵政権。
韓国政府がここに来て焦りを見せ始めています。
それは1にも2にも今回の安倍首相の訪米と演説が大きく関わっています。
韓国政府もアメリカ国内でそれなりのロビー活動をして”工作”を仕掛けていました。
いわゆる慰安婦像などで一定の効果を上げてきたのも事実です。
私はそんな韓国政府に対して苦々しく思っていました。
しかし今回の安倍首相の訪米と演説で潮目が一気に変わったような気がしています。

ここは強調したいのですが韓国は”隣人”なんです。
政府間は別にして日本人と韓国人が啀み合って誰が得をするのでしょうか。
もう第二次世界大戦から70年ですよ。
何時までも慰安婦慰安婦と言っていないで韓国政府からも少し歩み寄っていただきたい。
アジアがぎくしゃくしているのはChinaと韓国の反日政策が起因しています。
これが解消されれば一気にアジアの平和と安定に向けての道筋を示すことができますよ。

これから先も反日政策一辺倒では朴槿恵政権の基盤も危うくなります。
Chinaは少し事情が違いますけど少なくとも韓国にとって反日から得るものはありません。
朴槿恵大統領の反日政策からの転換を期待しています。


<今日の日刊ゲンダイ>


安倍政権の狙いはミエミエ…教員免許「国家資格化」の危うさ


ゲンダイさんの安倍バッシングは相変わらずですね・・・。
この記事にしても到底納得できるものではありません。

まず「国民のための教育」というのならば日教組のことを取り上げていただきたいです。
申し訳ないですけど国民が不利益を被っているのはまず日教組による戦後教育ですよ。
きちんとした歴史認識を持ち合わせていない教職員がどれだけいることか。
もちろん立派な先生方も沢山いらっしゃいます。
ですが実際の教育現場で時に反日的な教育指導をしている話しが出てくるじゃないですか。
国旗を掲揚、国歌を斉唱するのも『国立』大学なら当然だと思いますけど。
そもそもそんな当たり前なことすら問題になる方がどうかしていますよ。
そういったことは一切無視してすぐに安倍首相は独裁者だと言う。
こういうミスリードはどうか止めていただきたいですね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事