日刊「是々非々」

[政治]民主党内にも”良識派”と呼べる人がいるんですよ

2015/04/29 17:07 投稿

  • タグ:
  • 民主党
  • 自民党
  • 公明党
  • 維新の党
  • 次世代の党
  • 創価学会
  • 靖国神社
  • 日刊ゲンダイ
私は民主党という国政政党にはもう期待していません。
その結果は統一地方選挙で全国的に議席を減らしたことからも、
気持ちを同じにしている選挙民が多いことが分かります。
ただし民主党の中にもほんの一握りではありますが”良識派”と呼べる議員さんがいます。
逆に政府与党である自民党の中には明らかに支持できないような議員さんもいます。
世間では保守もリベラルも自党の中にいるのが自民党の懐の深さだとよく言われますよね。


国政,地方問わず自身の投票した議員への責任をもつことも大切


やっぱり国政を見ていると政界再編の必要性を強く感じます。
先日のブロマガでも書きましたが自民党公明党が連立を組み続けていることのへの違和感。
とくに安全保障の分野では公明党よりも民主党維新の一部、次世代の党
協力した方がよっぽど上手くいくと思いますし国民にとっても分かりやすいですよ。

自民党公明党との連立を解消できないのは明らかに選挙で票を獲得できないから。
現在の自民党には創価学会の票田というのが当選への”命綱”に等しいものになっています。
公明党との連立を解消すれば落選議員が続出して政権を保持し続けることが極めて難しい。
この事は自民党執行部がどんなに否定をしても連立を組み続けている限りはそう見られます。

民主党は国政政党としての役割を下野した時点で終えているんです。
それを2年半近く延命し続けて何とか野党筆頭の座を維持するのが精一杯。
もはや再び政権の座に復帰することなど99.9%ないと言っても良いと思います。

4月22日の靖国神社における春季例大祭では民主党から5名の国会議員が列席。
私は「あぁ~民主党内にも最後の良心派がまだ残っているんだなぁ~」と感心しました。
一部には統一地方選挙の後半戦を前にして列席を見合わせた議員もいたとか。
厳しい言い方をすれば、それでも本当に国会議員なのか?と言いたくなります。
政治家には自身の主義主張を安易に曲げて欲しくはありません。
初めから列席を見合わせるつもりであったのなら良いでしょう。
でも内心では列席をしたかったのに党に配慮して見合わせたのなら疑問です。

そもそも毎回この時期になるとマス・メディアが取り上げるのが気に入りません。
靖国参拝は国内のことであってほんの一部の国からとやかく言われることではないのです。
なので色々言われる中でも民主党から列席をした5名はとても立派です。
こういう議員さんには今後も頑張っていただきたいですし応援もしていきたい。
自身の選挙区で活動している議員がどんな活動をしているかチェックすることも大切です。


<今日の日刊ゲンダイ>


防犯カメラに不審者も…寺社“油まき犯”が捕まらないなぜ?


毎回思うのですがゲンダイさんの社会面は真っ当な論調が多いんですよね~。
それがどういう訳か政治面になると理解に苦しむ論調ばかり(苦笑)
もう少し論調が真ん中に寄ってくれると読み物として更に面白くなると思うんですけど・・・。

それはそうと”油まき犯”はなかなか捕まらないですね。
果たして全て単独での犯行なのかそれとも複数犯によるものなのか。
いずれにしても簡単そうで実は捜査するのが難しい事件なのかもしれません。

どの手口も油を撒くことに終始して着火させることはしていないんですよね。
付け火は重犯罪なので、もしかしたら犯人もそのことを重々分かっているのかもです。
寺社に油を撒き続けることも充分に犯罪ですが、しかし現状では軽犯罪のまま。
私には何だかその事を充分に意識した犯行のように思えてなりません。
また犯人にどの様な思惑があるのか今ひとつ掴めないのも不気味です。
犯罪心理学の専門家にも分からない点が多いのですからちょっと厄介ですね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事