日刊「是々非々」

[千葉]森田健作知事が進める千葉県・台湾交流[台湾]

2015/04/05 17:07 投稿

  • タグ:
  • 千葉県
  • 台湾
  • 森田健作
  • SakuraSoTV
  • 日刊ゲンダイ

今日は明るい話題をお届けさせていただきます。
ご紹介したいのは私が千葉県民であって本当に良かったなと思う1本の動画です。
SakuraSoTVの台湾チャンネルの冒頭部分で千葉県の森田健作知事の写真が出ていました。





以前から知事が台湾へトップセールスに行っているのは定例会見などで知っていました。
しかしなかなか映像等で流れることが少ないので具体的な内容はあまり知りませんでした。
私は知事の任期一期目に千葉へ越してきましたが今の知事で本当に良かったと思っています。
少なくとも知事による観光面や農産品のPR等で着実に成果を挙げてきていると感じています。
やはり県知事のタレント性だったり知名度というのは県のPRに如実に出ます。

また台湾との交流を通じて日本のこと、そして千葉のことをより好きになってもらうことは大切なこと。
こういった知事外交が両国の架け橋になるのなら大変素敵なことだと心から思いますね。

もしかしたらChinaに遠慮して地上波ではあまり報道されないかもしれません。
1番困るのは日本人が誇りに思えるようなことを報道しないでネガティブな内容を喜々として流すこと。
揚げ足取りばっかりではなく良いところもしっかりと報道していただきたいものです。

森田知事には今後も台湾をはじめ他国にもどんどんトップセールスで動いていただきたいですね。
そうすることによって更に日本と千葉のことを好きになってくれる人々が増えると思います。
今後も日本と千葉の為に元気に明るく公務に励んでいたきたいですね。


<昨日の日刊ゲンダイ>


被害者家族は怒り心頭
「拉致問題」が安倍政権の命取りになる



いつも日刊ゲンダイさんの記事には批判的ですが今回は少し違います。
実は私も安倍政権の1番のアキレス腱は拉致”事件”にあると思っています。
株式会社 独立総合研究所社長青山繁晴さんも同様のことを以前メディアで仰っていました。

拉致事件を解決するのは安倍政権しかないと第2次政権発足前から考えられていました。
経済が最優先課題なのは確かですが拉致事件の解決も現政権に課せられた使命。
しかし交渉の相手は世界中でも強かな国の上位に入るであろう北朝鮮です。

前々から北朝鮮は深刻な財政危機が囁かれていましたが最近は少し事情が違うそうです。
まず張 成沢(チャン・ソンテク)氏の失脚と処刑に激怒した中国共産党との関係。
一時期は関係が悪化したので日本にすり寄ってきましたが、現在は再び外貨が入ってきているとのこと。
イランの核協議が難航している背景にも北朝鮮の弾道ミサイルが絡んでいると青山さんは言います。
この様に現在の北朝鮮は外貨が入ってくる環境が整ってきています。
だからいっこうに拉致事件に進展が見られないし被害者家族の皆さんが怒り心頭なのも分かります。

現在の外務省による正攻法の交渉だけでは恐らく今後も進展が見られないでしょう。
自衛隊を動員してでも北朝鮮へ拉致被害者の奪還を試みることはどう考えても現法制化では不可です。
こればかりは日刊ゲンダイさんが書いているように安倍政権の手詰まり感が窺えます。
2013年は外交でポイントを稼いできた安倍政権ですが2015年は外交で難しい局面が続きそうです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事