kahnaのブロマガ

skyrim動画 振り返り記事【其の12】

2020/07/11 14:26 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 刀剣乱舞偽実況
  • skyrim
  • skyrimSE
  • みっちゃんが写し身作って旅に出る
2020年現在公開中の動画 「【刀剣乱舞偽実況】みっちゃんが写し身作って旅に出る【skyrim】」の振り返り記事です。今回は【其の12】!

闇の一党クエストのトリガーとなる『失われた無垢』。
”ウィンドヘルムに住む少年 アベンタス・アレティノが、闇の一党を呼び出すために「黒き聖餐」を行っている。”
そんな噂をリバーウッドで聞いたみっちゃん。動画12回目にして、ようやく彼と対面です。


アレティノ家の前で立ち話をする、グリムヴァー少年と彼の養育係イデサ。
ダークエルフへの偏見と差別著しいウィンドヘルムにおいて、彼等の関係は良好だと思う。

実はこのシーン、録画2回目のもの。
初めてウィンドヘルム入りした時には、このふたりの姿はなく、台詞だけが流れるというホラー現象が起きておりました。
のちに出てくるシルダさん然り、今回のシリーズでは、ウィンドヘルムで人が消える現象が起きていましたなぁ。何だ、ウィンドヘルム、やっぱりヤバい所では。


初めての対面は最悪でした

黒き聖餐絶賛実行中のアベンタス、遠巻きに見ているみっちゃん。
ここから「台詞待ち」のため、2分以上もこの姿を見る羽目になるとは…


「台詞待ち」をしてまで欲しかった画がこれ。
「よるはは」じゃないよ「よぼ」ですよ。いつもならすぐ言ってくれるのに、どうしてこんなに時間がかかってしまったのか、コレガワカラナイ。
「いつまでやればいいんですか?」って言われて、「君が言うまでだよ」と素で呟いたのは私です、すまんかったの。


思わずぞくっとした、アベンタスの振り返りシーン。
きちんと向き直った時のお顔は子供なんですが。
他の男の子と違い、大人びた声ということもあるけど、やはり彼は異質だと感じる。
そもそも、暗殺者集団にコンタクトを取ろうとする辺り、思考が子供らしさを失っている。
そうまでして亡き者にしたい、グレロッドってどんな人なんだ? って思いますよね。


大事な事だから何度でもいうぞ
○○○孤児院って言っちゃだめだ、運営さんから削除されちゃうぞ!w


グレロッド殺害の依頼を受け、アベンタスが立ち去った後の儀式場。
これら諸々どこから取ってきたとか、考えるのはよそうと思ったけど、十中八九「死者の間」から盗ってきてますよね。
アベンタスが黒き聖餐を行っていることはスカイリム中に知れ渡っており、ウィンドヘルムの住人も見て見ぬふりをしている。誰も止めないし、「やばい子供がいる」って半分笑い話みたいに言ってるしで、倫理観がぶっ飛んでるのは間違いなし。
加えて、その子供の依頼を受けちゃうskyrimの主人公も相当ぶっ飛んでる。

…まぁ、こういう世界とお話なのだと、割り切って見てもらった方がいいと思います。

『キス、愛しの母』は、黒き聖餐の作法書のようなもの。
「雑貨屋で売ってたらいやだな」ってみっちゃん言ってたけど、どこかの店で売ってた気がするぞ。闇の一党を呼び出す方法、6ゴールドで知ることが出来ますか…何という…


おどろおどろしい内容でも、ワンカップ片手にサラリと読んでそうなにゃーさん。
次はいつ登場するかな。


椅子に腰かけるアベンタス、影の中に佇むみっちゃん。
ここの舞台セットは、なかなかに憎いな。アレティノ家に訪れる時間帯が違えば、このシーンも違うものになっていたと思います。


ほの暗い気持ちを抱えて、アレティノ家を退出。
ダークウォーター・クロッシングのソンダスから預かったメモを、錬金屋で働くクインタスに渡すため「ホワイト・ファイアル」を訪れる。
クインタスと師匠のヌレリオンが何か言い合っている場面に出くわし、やり取りが終わるまでちょっと待機…


伝説の白き小瓶を追い求め、ウィンドヘルムに辿り着いたというヌレリオン。
エルフも定命の者、病には勝てない。命が尽きるまでに、どうしても目にしたいという彼の願いに絆されて、小瓶を回収する仕事を受注。クエスト『ホワイトファイアル』の開始です。


しかし、情緒不安定な住人が多いのよね、スカイリムw
さっきまで、長年の思いを穏やかに語っていたかと思えば、こんな風に怒鳴るんだもの。

弟子のクインタス君曰く、「先生はちょっと気が短いんだ。でも、たくさんのことを教えてくれたよ」。
そうか。気が短いんなら仕方ないな。


情緒不安定、というか、翻訳のせいで「時々デカい態度を取る弟子」になってしまうクインタス君。実際、彼はよくできたお弟子さんです。
(言葉遣いについては、師匠があんな感じだから、多少のどつき合いもあるだろう…と脳内補完することにしましたw)
ソンダスのメモを渡し、報酬をいただきました。


そして、今日も我らが従者ふたりは自由です。
窓際の二人掛け、テーブルにはシッスルの花が添えられて、いい雰囲気の席です。
普段は接客に使うのか、師匠と弟子が食事しながら談義を交わしているのか。
想像すると面白い。


最後におまけの1枚。
録画データとしては、序盤でお話した「グリムヴァーとイデサの姿がない」と言っていたころのものです。
あぁ、ダルさん。どうしてあなたに笑神様が降臨するの…
籠をドリブルした後に、部屋の隅に腰掛けるダルさんに、別の席でくつろいでいるジェナッサさん。何も言わずにひとりで出ていくみっちゃん。みんな自由過ぎるわね。

録画2回目は、特に指示もしていないのに、階下で待っていたふたり。
シリアスブレイクしなくてよかったです。
(その代わり、台詞待ちなんて軽いアクシデントが発生したけど!)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以下、動画内コメ返以外のお返事コーナー、ピックアップで失礼いたします。

57 06.42
グレロットはなぁ……あそこの子供たち全員……うん。

64 09.58
あの孤児院の子供たちの為にもなるから…

68 10.06
絵に描いたような意地悪婆さんだよ...

→『失われた無垢』に関しては、【其の20】振り返りで突っ込んでいこうと思いますが、非常に分かりやすく悪役に配置されたグレロッドと、その対比で登場する善人役のコンスタンス、その二人の間にいる子供達の「誰目線で物語を追うか」で印象ががらりと変わるとは思っています。

ただ、個人的見解でいうと、自分はグレロッドを「悪」としてあのプレイを行っています。
「闇の一党」クエストが始まると、善だの悪だの言ってられなくなりますが。
ここで言えることは以上です。

それでは、引き続き当シリーズをよろしくお願いいたします。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事