kahnaのブロマガ

skyrim動画 振り返り記事【其の11】

2020/06/26 16:30 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 刀剣乱舞偽実況
  • Skyrim
  • SkyrimSE
  • みっちゃんが写し身作って旅に出る
2020年現在公開中の動画 「【刀剣乱舞偽実況】みっちゃんが写し身作って旅に出る【skyrim】」の振り返り記事です。今回は【其の11】!

ダークウォーター・クロッシングに到着したみっちゃん一行。
住民と会話をした後、一晩の宿を借り、翌朝ウィンドヘルムへ向けて出発する…という流れでお話を進めていきました。


ダークエルフのソンダスさん。粉塵による健康被害を懸念し、ウィンドヘルムにある錬金術屋『ホワイトファイアル』へ救援要請のメモを届けてほしい…と依頼してきます。
迷うことなく受注です。

元冒険者のアネック・クラグ・ジャンパーさん。山賊討伐を持ちかけてきます。
指定される場所はランダム、今回は偶然にもウィンドヘルム近くにある、難破船ウィンター・ウォー号を指定されました。
これをクリアすると、アネックさんをフォロワーにする権利を得られますが、今回は時間のある時に取り組む方向で。
包丁君、人妻ですよ、人妻!w

ダークウォーター・クロッシングには、上記の2名の他、トルミールとレフナの母娘、アネックの夫ヴェルネルが暮らしています。
もうひとり、アルゴニアンのデルキーサスが住人ですが、この時点では姿がありません。
ソンダスとの会話で、デルキーサスを探すクエストがジャーナルに加えられています。


空いていたテントを借りてお泊り。
栽培の月6日、装備を整えてダークウォーター・クロッシングを出発です。

今回選択したコースは上の通り。川を渡り、街道から往きます。

同じルートで、川を渡らずに進むことも出来ましたが…、その場合「リバーサイド小屋」って
建物の横を通ることになってですね…w



その小屋は、「ミックスウォーター工場」を過ぎて、しばらく歩いたところにあります。
くまちゃんねこちゃんとじゃれ合えますw 今回は回避!


予定通り、川を渡り、見つけた「ミックスウォーター工場」で薪割りのお手伝い。

しかしまぁ、どうしちゃったんでしょうね、このエア薪割り。
これで、ちゃんと薪(6)とカウントされているから良かったけど。いやぁ、驚いた。


クマとの戦闘中、「骨折熱」に罹ってしまい、町に着くまでに祠で治療することに。
さすがはウィンドヘルム、タロス像が公然と祀られていました。
ただ、ロケーションとして地図には記録されない。それゆえに、隠れた名所なんて言っちゃったけれど、ある方向から見るとすごく目立つw
コメントで指摘されるまで意識してませんでした(;^ω^)

【其の15】のコメ返でお話した通り、ウィンドヘルムは歴史的古都です。
スノーエルフとの戦いに勝利したイスグラモルが、人類の栄光を記念して街の建設を宣言するシーンは、書籍「帰還の歌 第19章」に読み取れます。
このシーンの奥に見える「王の宮殿」は、その頃に建てられたものでした。


そんな歴史ある街は、たくさんの問題を抱え込んだ場所になってました…
動画中話したように、中々に根深く、繊細な問題です。
個人的には…「ノルドよ誇り高くあれ、されど驕るなかれ」と思ってますよ(´・ω・`)
みっちゃんには、いろんな種族の人達と交流してもらいたいです、はい。


どんな人の下にも、月とオーロラの光は降り注ぐ。
オーロラの光で白っぽく見えるけど、この時見えていたのは赤い月マッサーですね…


…あっ、双子の月…(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵

宿屋「キャンドルハース・ホール」でお泊り。
名前の由来を女将のエルダさんに尋ねたが、歌がもろ被りで「話が入ってこない」事態に。
…え? それに加えて字幕とか入れるからだって? ナンノコトカナー。

案内してくれない女将さん、そして変わる組み合わせ。
(怒られるかもしれませんが…その、ウィンドヘルムの丸頭さん率高すぎませんかね?)

「キャンドルハース・ホール」の吟遊詩人ルアフィンさん。
女将のエルダさんはダークエルフを嫌っているそうですが、歌わせてもらっている不思議。
ウィンドヘルムだから、「ウルフリック西尾に死を!」ではなく「ウルフリック万歳!」と歌っている。彼女はプロだ。
Improved Bards - Special Edition USSEP」適用のルックスです。

最後に、おまけで御姿を紹介した悪しきスザンナ。
酒場の給仕さんが着用するドレスで、このタイプはほんと色っぽい。
目のやり場に困っちゃいます。
チップが欲しくて言い寄る、だから「悪しき」とか言われてる? という話ですが、ダークエルフには偏見を持っていないし、お店で真面目に働いてる。ルアフィンの歌に合わせ、陽気に飲んで楽しむ姿はチャーミングで、やっぱり「小悪魔ちゃん」と呼びたいところ。
あと何回、彼女に会えるかな……

それでは、引き続き当シリーズをよろしくお願いいたします。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事