あしおと

固定されているタイトルに利害とニコレポ

2016/01/15 13:30 投稿

  • タグ:
  • なにかをダベる
  • ニコレポ
Twitterで様々な実況者さんをフォローしている都合上、実況や動画に纏わる悩みや困り事などを耳にします。
動画ではわずかとはいえ、投稿をしている身として、参考になることも多く、よく自分なりに考えています。
そんななか、とある方が「固定化されている動画のタイトル」についてツイートされてました。

というわけでこの話題です

■固定タイトル
固定化されているタイトルというのはタイトルにとある言葉が必ず入っている場合のことです。

例:
■□実況□■ロリコンの私がマリオカートをプレイ!
■□プレイ動画□■ロリコンの私がゼルダの伝説をプレイ!
これの『ロリコンの私が~』と『~をプレイ!』と『■□○○□■』のところのことです。

名前とかないからなんとなくこう言ってます。

■メリット
・好きな投稿者だった場合
その言葉でキーワード検索できます。
それと自分がそうなのですが、ランキングに載る方ならそれで特定することができます。
※ランキングに載る人って後述してますが1シリーズしか追ってない+○○再生にチェックが入っているとお気に入りに登録するのを避けてしまいます(一般だと登録上限が少ないのでさらに避けがち)

・苦手な投稿者だった場合
避けやすい。
視聴してしまったときに不快なコメントをうちがちの人には本当に助かると思います。
ただし、後者の場合かつランキングでタイトル固定の人を探す場合、ランキングに載ってるひとがサムネイルとかタイトルみただけで気分が悪くなる危険性はあります。しゃーなし。

■デメリット
釣りに対応ができない。
同一のものがおおいと検索ではどの動画がその人の作品かわからない。
突然固定化がされなくなってしまった時に対応できなくなる。(好きだと捜しにくいまたは気がつかない、苦手だと誤って再生する)
などなどです

■タグ使えばいいでしょ
たしかに投稿者の中に専用のタグをもっている方がいます………が、それはほんの一握りです(中には目立ちたくないなどを理由に専用タグを持とうとしない人もいる)。
また、【釣り】や【リスペクト】、【ファンアート】、【誹謗中傷】などでタグ付けする人もいます。リスペクトやファンアート(MADなど)は悪くありませんが、釣りの場合『意図的に再生させようとするサムネイルやタイトルにする』場合があり、誹謗中傷の場合は『サムネイルやタイトルだけで不快感を与える』場合があります。
そういう意味ではお気に入り登録が一番安全だし不快になりにくいのですが…。

■お気に入り登録すればいいじゃん
好きな投稿者の場合は「お気に入り登録すればすむ話」ですが、それを話すためにはちょっとこれを見てください


これは私のニコレポです。見ての通り毎日ブロマガを目標にしているのでこの通りブロマガ履歴で埋まっています。

つまりこういうことです。

(ちなみに度々消してるので正確には毎日ではない)
この場合ならもし他にもお気に入り登録している投稿者がいても頻度が多くない限りはニコレポに支障が出ることはありません。

しかし

こんな場合はどうでしょう。半日足らずでニコレポ5枠分も埋めてしまいます。
パソコンからならニコレポを分けたり、続きを表示などでどうにかできますが、スマホアプリからだとニコレポ5枠でもかなり困らされることがあります。

さらにそれがこうだったらどうでしょう。
「今はBがみたいのに!」
生放送や投稿の頻度が多かったり、特定のシリーズしか見てなかったり、○○再生しましたが表示する状態になっているとこんな感じにニコレポが圧迫されて他のニコレポが埋まってしまいます。
もちろん、○○再生しましたのおかげで投稿に気がつく人や、記念に見る人などもいますし、システムとして存在しているので決して悪いことではありません。

しかし、結果的にお気に入りには極力登録したくなくなる起因になります。

■○○再生通知の解除方法
右上のメニューをクリック

アカウント設定をクリック


公開設定をクリック


ニコレポ設定の動画のキリ番を達成したことのチェックを削除して保存。
これだけです。
ね、簡単でしょ?(*´ω`*)

ちなみに個人的に消しておいてほしいものはこんなかんじ。

アプリとか本当にどうでもいいです。
クリップは数が少なければいいですが多いとかなり圧迫されるので。
新着動画は頻度が低いのでいいですが、スタンプは頻度が高いときもあるので。
宣伝はおすすめしたいという目的があるのでありだとおもいます。

■ニコレポ圧迫回避の解決策(どうしても!)
固定タイトルやタグあるけど釣りがひどい!
お気に入り登録したい、でも圧迫される!

そんな時はマイリストのお気に入り登録を推奨します。ただ、プレミアムでもその数はかなり少ないので、本当にいざときの場合にのみ利用されることをオススメします(;´д`)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事