あしおと

最近気になった話

2016/06/05 12:00 投稿

  • タグ:
  • 雑談
最近nicotalkの開発の方やゆっくり素材の制作者さんが『改変素材』について呟かれてました。
「改変ってなに?」と思われるかたもいると思うので簡単に説明すると
もとの素材を

消したりトレースして

新しい線を自分でかいて

別の素材に作り替える行為のことです。
こうすることで同じ顔の別キャラを作れたり、別の表情を簡単に作ることができます。

ただ、この行為には賛否があります。
まぁ元の素材は他人の作ったもの、それを元の絵を破壊して別のものを作り上げたらまぁそうもなります。
もちろん賛否と書いている通り改変行為を許可されている方もいます。

そんな『改変』のなにが呟かれてたかというと『改変で自作発言をする方』がいるという話でした。
前述した通りトレースや一部分消したとしても、他人の作品を元にして作り上げているものを自作と宣言するのは物凄く危険な行為です。
金銭や権利などのトラブルに巻き込まれた場合、1に改変素材制作者、2に改変素材利用者や閲覧者、3に改変素材元制作者や関係者、少なく見ても3人…原作があるなら4人には最低でも迷惑がかかる危険性があります。
前にブロマガでかきましたが、『原案であるキャラクターを作ること』『その派生のキャラクターを作ること』『それをイラストとして書き起こすこと』『それを物語にして書き起こすこと』などなどなら権利が必ずしも発生するとは言いがたいですが、責任というものはあると思っています。
例えそれが改変したものであったとしてもです。
だからこそ素材制作者は制限(ルール)を設けている、そう思ってます。

まぁ、今回の改変のような既にその制限をかけるべき内容が『頻繁に』発生してる場合だったとき、それこそ『素材として配布されてなくネットで見つけた画像として制限なく利用できた(思い込んでいたもしくは思い込んでるを含んだ)状態』があった以上、ルールを提示したところで「じゃあ××はなんでいいの?」「今までよかったじゃん!」ってなってしまう人も少なくないと思います。
それに対して『どうしようもないから妥協する』か『批判されても妥協しない』という選択の内、nicotalkの開発された方は後者を選んだ、という感じなんでしょうね…。
nicotalkのサイトで配布されている素材は素材制作者さんに提供してもらったもの、素材を使わせていただいているという立場を考えれば前者はあり得ない話ですがね。



後日の追記。
自分は改変は基本NGです。問題が起きてしまったときにお前が元々作った素材だーお前が悪いーみたいなことを言われたり、助けて元素材さんと言われても困るからです。
ただ、細部の変更程度なら許可しますって感じてます。


もちろん、『へっ!そんなの関係あるか!』とネットにある画像だからなにしてもいいと思う方も多いので完全に防ぐことはできませんし、わたしのような奴の作品でも自作発言する人がいないとは限りません。
だからぶっちゃけた話配布してる側からは禁止します、としかいえません。
ただ、禁止しますといってる以上問題を起こしたら自分のケツだろ、自分で拭けよと唾をはきつけるような態度をとられても

仕方がないよね?

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事