ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

しゅんまおのそれほど優雅でもないブロマガ

ヴェローナ・ストライプスのちょっとした登場人物紹介

2013/06/06 22:56 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • sims3
  • sims劇場
  • ゆっくり劇場
  • ヴェローナ・ストライプス
  • しゅんまお
この記事は『ヴェローナ・ストライプスのちょっとした大冒険』登場人物データベースです。

注1:ストーリー進行に合わせて随時更新していきます。
注2:最新回(#06時点での情報なので未見の方にはネタバレ要素を含みます!

[New!]=新登場キャラ
[Update!]=画像・情報など更新したキャラ

◇  ◇  ◇

---主要キャラ---

ヴェローナ・ストライプス Verona Stripes [Update!]

本作の主人公。
ハイスクールを卒業後、ジゴワット教授に呼び寄せられウエスターバーグへ渡る。
(予め資料があったとはいえ)世界中の冒険家たちに影響を与える論文を書いたり、
大学生でもなかなか解けない暗号を瞬時に解いたりするなど、
かなりの高スペック頭脳の持ち主だが本人はあまり自覚していない様子。
表面的な性格はルーニーに、ボーイッシュなファッションはテリーに、
きれい好きなどの特質はクリスや母親に影響されている(が料理は苦手)。
リッジウェイズカフェ・ウエスターバーグ1号店で働き始めた。

テリー・ラビットフット Terry Rabbitfoot [Update!]

本作の準主人公。
スポーツ選手として3年前から「ウエスターバーグ・レッドフォックス」に所属していたが、
得点能力ゼロと見なされ戦力外通告を受けてしまう。
パートナーのミカにはなかなかその事を打ち明けられずにいたが、
尊敬する先輩セシルからの叱咤激励を受け、現状を打破するために奮闘中。

ミカ・ゴジョウ Mika Gojou

テリーと共にウエスターバーグに移り、現在は画商として働いている。
影響を受けた映画『フェイクギャラリー』の最新作に携わることになるが…?

ポール・ジゴワット Paul Jigowatt

ウエスターバーグ大学教授。
古代文明「シムリア」における重要遺跡の発掘調査のためヴェローナを呼び寄せた。
老齢で体力が衰えているため大学での講義は午前中のみ。
午後、もしくは体調不良の際の代役はロイに任せるようにして、引退の準備を進めている。
ウエスターバーグ発掘調査特別委員会(通称:WREC)のメンバーでもある。


---虎の団---

サリー・シャガン Sarry Shagan [Update!]

「虎の団」リーダー。
かつてウエスターバーグを支配していたシャガン家の血を引き、
その権威を取り戻すために自警団的な活動をしている。
優れた聴力の持ち主でかなりの大食漢。

トマス・ホーク Tomas Hawk [Update!]

「虎の団」メンバー。
本人曰く「目がいい」のが売りで、その分析力をメンバーのスカウトに利用している。
(ただし虎の団は現状3名しかおらず、“活かせている”とは言い難い)
サリーと同じく大食漢。

フー・トンパオ Fu Tong Pao [Update!]

「虎の団」メンバー。
超大食漢。基本的に食べ物の事しか考えていないが、
こう見えても武術の名門「虎林寺」の最高師範らしい。


---リッジウェイズカフェ ウエスターバーグ1号店---

リュウ・シロカネ Ryu Shirokane [Update!]

カフェの店長。
オーナーのティモシー・リッジウェイ(別シリーズ「M.M」を参照)の友人で、
ブリッジポート本店の開店にも協力していた。
ちょっと抜けているトコロもある(楽観的とも言う?)が料理の腕は天才級。

チェルシィ・キャンベル Chelsea Campbell [Update!]

ヴェローナの同僚。ものすごい訛りとおおらかな性格の持ち主。
そのクセの強い接客にも(客の方が)だいぶ慣れてきたようである。


---デルタ&ラムダ---

ローラ・シュガー Rola Sugar [Update!]

ウエスターバーグ大学4年生。
女子限定サークル「デルタ&ラムダ」リーダーよぉ。

キキ・サーシャ Kiki Sasha [Update!]

ウエスターバーグ大学4年生。
女子限定サークル「デルタ&ラムダ」サブリーダーなのだわ。

サトミ・イシガミ Satomi Ishigami [Update!]

ウエスターバーグ大学4年生。リッジウェイズカフェの元従業員。
女子限定サークル「デルタ&ラムダ」メンバーですぅ。

マリア・シンドラー Maria Schindler [Update!]

ウエスターバーグ大学3年生。
女子限定サークル「デルタ&ラムダ」メンバーだよ。

トリッシュ・ダナ・ホートン Trish Dana Haughton [Update!]

ウエスターバーグ大学3年生。
女子限定サークル「デルタ&ラムダ」メンバーかしら。

オルガ・スーパーソニック Orga Supersonic

ウエスターバーグ大学3年生。
女子限定サークル「デルタ&ラムダ」メンバーなの~。


---WREC(発掘調査特別委員会)エリートチーム---


シャーロット・ラビットフット Charlotte Rabbitfoot

本当の父親探しの目的も兼ねて冒険家として活動中。
才能は受け継いでいたらしく、ケールシュタイン家直属の調査チーム筆頭メンバーに。
シムリア文明の件でひと悶着あった後、サンセット・バレーの実家には帰っていない。

パーシー・チャップマン Percy Chapman

代々冒険家であるチャップマン家の出身。
シャーロットとは現在の調査チーム以前から付き合いがあるようだが…
親同士がライバルだったつながりでハイラムとも旧知の仲である。

ハイラム・ベルツォーニ Hiram Belzoni [Update!]

冒険家一族ベルツォーニ家の出身。
基本的に脳筋だが冒険家としての才能と実績はかなりのもの。
高い身体能力ゆえハイ・ストレングス資格を所有しており、
小柄なロイが調査に参加できているのは自分のおかげだと思っている。が…

ロイ・ロレンス Roy Lawrence

ウエスターバーグ大学教授。まもなく引退するジゴワットの後任を務める。
年齢的にはまだ小学生(なんかの薬で若返ったとかではない)だが、
飛び級を重ねまくって有名大学を3つぐらい卒業している超天才。
適度な運動も必要だと理解し、実行しているので、
大人に混じってしっかりストレングス資格も取得している。

ネフェル・パトラ Nefer Patra

エジプトで静かに暮らしていた植物研究家。
過去、雷に5回打たれた経験があり、
それによって物質のエネルギーを読み取る「筒歩き」という特殊な能力を得た。


---クロサワファミリー---

ロバート・クロサワ Robert Kurosawa

クロサワ組の組長に就任。
組長としての仕事は山積みだが、ある目的のために本業そっちのけで、
信頼できるメンバーを集めてウエスターバーグへ渡る。

ディアマンテ・スノウマン Diamante Snowman

前作ではロバートのお目付け役という立場だったが、
彼の組長就任に伴って直属の幹部となる。

ウルフ・ウォルバーグ Wolf Wahlberg

ディアマンテ同様、ロバート直属の幹部に。
フィオナとの交際は今でも続いているが、
今回のヤマには彼女が身重である事も考慮し、参加はさせなかった。

ジョンソン・ステイサム Johnson Statham

クロサワファミリー最新参。元水泳選手。
フリーで「運び屋」をやっていたが、なんやかやあってロバートにスカウトされた。

ショコラ・タンジェント Chocolat Tangent

クロサワファミリー新参。最年少だが立場的にはジョンソンよりちょっとだけ先輩。
飼い猫のモモタスとガチの意思疎通ができるほか、電子機器の取り扱いにも詳しい。
まったく関係ないがマンガを描くのも上手い。

モモタス Momotas
ショコラの愛猫。人間の言葉を理解し、文字を読む事ができる。ギザ賢い。
そのアウトプットはショコラのみが可能という隠密特化スキル。

コハル・クロサワ Koharu Kurosawa

色々あって、本当に色々あってロバートと結婚。
10年前のメイヘムの件や、ヤヨイの過去についても把握済み。
ガーランドの発明したアクセサリー型スピーカーマイクで日常会話が可能に。
(ただし音質はイマイチ)。

ヤヨイ・ナガツキ Yayoi Nagatsuki

作中ではロバートを「ボス」と呼んでいるが、
正式にファミリー入りしたわけではなく、諸々の利害が一致した上で協力しているだけ。
ガーランドの発明したカメレオンスーツ&ウィッグを身に着け隠密行動中。

レスター・コートリオン Lester Coatlion

クロサワファミリーにおいて重要な戦力の一人ではあるものの、
今回は身重のフィオナやストライプス母子の護衛としてサンセット・バレーで留守番中。

カール・リー・ストライプス Carl Lee Stripes [Update!]

婿入りによりコーニッシュではなくストライプス姓に。
ウエスターバーグでの滞在経験を活かすべくファミリーの援護に向かったが…


---ケールシュタイン家---

エドモン・ケールシュタイン Edmond Kehlstein [Update!]

表舞台にはほとんど立たないが、ウエスターバーグの実質的な支配者。
お忍びでチェス打ちをしていてもバレない程度には陰の存在。
かつてウエスターバーグ大学でジゴワットと同期だった。

熱狂的なファン Aroring Fan [Update!]

本名:アドル・ケールシュタイン Addle Kehlstein
セシル・ウィルキンソンの熱狂的なファンで、エドモンの孫。
(名前はあくまで本作設定であり元ネタ準拠ではないので注意されたし)

ガルデーニャ・ジャスミノイデス Gardenia Jasminoides

見た目はロリうら若き乙女だが、
実際には5世紀近く生きているという「悪の存在」。
レスターの過去にも関わっているらしい。

アリエス・バトラー Aries Butler [Update!]

ジャスミノイデス家の執事でございます。
執事一族バトラー家の生まれでございますが、
料理の才能が無い事を知り、家を出て武者修行をしている内に、
ガルデーニャ様に拾われたのでございます。
産声は「おぎゃあでございます」でございました。

ブロッサム・ディアニック Blossom Dianic [Update!]

『退廃に生まれし救済の旋律』インチゾ・ク、
<ディアニック>安息を求めし者が集う聖地の生誕にして、
新しい英雄となる狂乱の皇帝ジャスミノイデスの聖域に蔓延る悪魔の給仕。
【訳】魔女一族ディアニック家の出身でジャスミノイデス家のメイド。

グリート・レイク Greet Lake [New!]

ケールシュタインの敷地でジャスミノイデス家の面々と共に暮らす植物シム。


---笑顔(スマイル)---
テロ組織「メイヘム」解体後、
詐欺師エズメラルダによりメンバーを精選して結成された犯罪者集団。
ある目的によりウエスターバーグに潜伏中。

ザ・スマイル The Smile

本名:エズメラルダ・マローン Esmeralda Malone
「笑顔」リーダー。瞬間移動能力の持ち主で変装の達人。詐欺師なので口も達者。
稲妻の痣は特殊メイクで完全に消し去り、新たなトレードマークのアイパッチを着用。
(透けて見えるタイプのただのファッションなので隻眼になったわけではない)

ザ・ホット The Hot

本名:ロック・パインズ Rock Pines
ダーツが趣味で、ジァニスに勝利した事があり、着火能力を与えられた。
火力は体内カロリーに依存。MAX状態なら家一軒爆破する事もできるが、
空腹時はガスライター程度の火しか点けられない。

ザ・ソウル The Soul

本名:レオニド・ミスコウスキー Leonid Miskovsky
主に情報処理担当。世界で5本の指に入るスーパーハカー。
危機管理能力が高く国際的スーパースパイの追跡もかわすほどだが、
メンバーで人狼をやる時はいつも真っ先に吊られてしまう。

ザ・ラブ The Love

本名:ジェニファー・ヒューイット Jennifer Hewitt
キスで人の心を奪い、操り人形にしてしまう能力の持ち主。
元々はジァニス一人で動かしきれない大人数での計画のために与えられた能力。
勝ち星は「経験人数」という、とってもアダルトな勝負で得たらしい。

ザ・ピース The Peace

本名:ジョーダン・ブレイク Jordan Break
壊れた物体を元に戻す能力を持っているらしいがまだ詳細は不明。
なお、ただのなんJ民ではないもよう


---『新フェイクギャラリー』撮影チーム---

アンドリュー・アイエロ Andrew Aiello

映画監督。『フェイクギャラリー』シリーズをヒットさせてきた。
今回はウエスターバーグロケで最新作に挑む。
業界人特有のものか、若干突っ走りがちな性格。

トム・クロスハート Tom Crosshart [Update!]

『新フェイクギャラリー』主演俳優。キラメキのスーパースター。
非常に女癖が悪い。

リズ・ヘーゼルウェイ Liz Hazelway

『新フェイクギャラリー』助演女優。
シリーズ一作目に出演する予定だったが、撮影中にひと悶着あって降板。
偶然持っていたある資格のおかげでシリーズ復帰となった。

スチュアート・シンプソン Stuart Simpson

『新フェイクギャラリー』スタッフ。
過去にリズとひと悶着あった身だが、アンドリューの信頼を得るほど優秀なスタッフに成長し、
現在は(一応)和解している。


---ウィルキンソン家---

セシル・ウィルキンソン Cecil Wilkinson

プロスポーツ選手。引退を間近に控えており、後進の育成に興味を持ち始めている。
ウエスターバーグ最後の滞在日にケールシュタイン家のディナーに招かれ、
ガルデーニャのオーラを体感することになる。

アルマ・ウィルキンソン Alma Wilkinson(左)
メグ・ウィルキンソン Meg Wilkinson(中)
デイジー・ウィルキンソン Daisy Wilkinson(右)

セシルの3人の夫人。
本来、重婚は違法なのだが、認めてもらうためにいろいろ頑張ったらしい。


---その他---

シーガル・レッドウッド Seagull Redwood [Update!]

裏の世界で「代打ち」をやっている青年。
表の世界で伝説となっているタリアに仕合を挑むも断られてしまう。
彼女を負かした人物を探してウエスターバーグに渡ったが、
意外な形でその手掛かりを掴む事に。

アルトゥール・ゴードン Arthur Gordon

「ある事件」に深入りしたせいで現場を外され、遺跡の警備や雑務に回されている若手刑事。
偶然しょっぴいたアカgシーガルの素性を知り、「ある事件」について語り始めた。

ハンキチ・ハーバーズ Hankichi Harbors [Update!]

街のおまわりさん。
不真面目な勤務態度のせいで遺跡の警備の仕事に回されている。
(その警備の仕事すらもよくサボる)

ケルベロス Cerberus

ハンキチに懐いている犬。が、彼の飼い犬というわけではない。
飼い主は別にいるようで、ケルベロスという名前は首輪に書かれてあったもの。

ダイゴ・キタノ Daigo Kitano

大量殺人の噂もある危険人物。
ウエスターバーグ刑務所に収監されていたが刑期を満たさずに釈放。
何らかの計画に関わっているようで、「笑顔」からの接触を受ける。

タマノスケ・サイトー Tamanosuke Saito

婚活中のニンジャ。忍者ではなくニンジャな。
サトミ=サンとお見合いしたが失敗的アトモスフィア。
※余談だがうp主はニュービー・ニンジャヘッズである。

クラリス・ジゴワット Clarice jigowatt

ポール・ジゴワットの妻。故人。

オリビア・ナイトロット Olivia Nitrot

アルトゥールが語る「ある事件」に関わる女性。現在消息不明。
当時ウエスターバーグ大学の4年生で、非常に優秀な学生だった。
サンセット・バレー出身。


---サンセット・バレー---

クリスタライン・ストライプス Crystaline Stripes

カールがウエスターバーグに向かっている現在、実家に帰省中。
10年前の事件で犠牲になった「ネクター好きの夫婦」の遺族の許可を得て、
彼らが所有していたネクター作りの道具とレシピを預かり、
自身の農園も拡大してネクタリーの経営を開始。
収益のほとんどをメイヘムのテロ行為の被害者たちに寄付している。

タリア・ゼメキス Talia Zemeckis

ガーランドと結婚後、サンセット・バレーで変わりなく過ごしている模様。
「少し前」にチェスで敗北し、生涯無敗の座を返上した。

◇  ◇  ◇

各キャラの特質については今後の展開のネタバレに繋がるかもしれないので、
今のところは秘密です。


コメント

ぜろなな
No.4 (2013/06/09 09:28)
M.Mの最後のアレは、ルーニーとロバートとばかり思ってたけど違ったんだなあ。。
コハルとロバートの「色々」が本当に気になって仕方ないのだけどそれが本編で描かれることはあるのかな。。?
hyackli
No.5 (2013/06/13 01:49)
色々気になるところはテンコ盛りだけど、とりあえずコハルが極妻なんだな
ハタ
No.6 (2013/07/04 23:45)
ルーニーじゃない・・・だと・・・・oh・・・・
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事