しゅまりのブロマガ

高画質MMDerにとって1.5GB投稿対応は死刑宣告のようなものだろうか?

2016/10/25 01:26 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • MMD
  • 強制再エンコード
  • エンコード
  • ニコニコ動画
  • MikuMikuDance
  • 1.5GB再エンコード問題
先に結論から申し上げますと、現在このブロマガを投稿している時点で新仕様動画が旧仕様動画より高画質に視聴させることは出来ないものと思われます。

簡単な解説は前回のブロマガでちょろっと説明しています。
http://ch.nicovideo.jp/syumari/blomaga/ar1123655
また動画時間とビットレートの関係はありらいおん氏のツイートでグラフ化されています。
https://twitter.com/myrmecoleon/status/766666211027406850

旧仕様での高画質MMDPVはつんでれんこなどを利用した場合、3分前後の動画は
100MBギリギリでだいたい6,000kbpsぐらいのビットレートで生成されていました。

それが今回の新仕様では720pの2000kbpsが頭打ちとなっているので、動きの激しいダンスモーションなどでは当然の如く、ブロックノイズやモスキートノイズが発生し、従来のような全画面での鑑賞などに耐えうる代物ではなくなりました。


↑オリジナル動画 ビットレート 約3,800kbps
↓新仕様再エンコード後 高画質 ビットレート約2,000kbps


ちなみに紙芝居動画の場合はこの限りではありません。そもそも動かないのであれば場面転換の時にフレーム間予測によって歪みがほんのちょっと生じるのみでフレームレートを落とせばより目立たなくなります。

現在は新システムと旧システムが併行して稼働しているようなので、この状態が続き尚且つ視聴者が選択できるのであれば、旧仕様の100MB制限下であれば高ビットレートで投稿すればいいのですが、全ての会員が新システムに移行完了し旧システムを潰す計画であれば為す術がありません。

また前回のブロマガでも記載しましたが、Youtubeに退避したとしてもMMDで利用される曲の大半はJASRAC管理下にあり包括的契約ではないYoutubeにアップロードすると当然権利者に対し無断使用したこととなり警告・削除対象となります。

確かに自動検出を避けるために曲のピッチやテンポを変えるといった方法がありますが、そこまで後ろめたい思いして投稿して何になるという感じもなきにしもあらずです。

年々肥大化するサーバ、ストレージ管理費用をケチるために今回の改悪を実行したのではないかと邪推しております。

VRにしても最低でもFHD1080p以上ないと臨場感に欠けますし、iPhone、Androidスマートフォンでも4K録画が簡単に出来てしまう時代なのです。

もっと嫌味を言うとtwitterでは140秒(2分20秒)まで同等の品質の動画が無料で投稿できますが、ニコ動はプレミアムは有料です。
最近MMDerがtwitterで投稿する機会が増えたのもうなずけます。
https://support.twitter.com/articles/20172147

兎に角、動画の後ろに真っ黒な画面を足して擬似的にビットレートを上げるなど涙ぐましい技を使ったところで従来のような高画質は望めません。
720p 2,000kbpsでなんとかまともに鑑賞できる動画づくりを試行錯誤するしかないのかもしれません。そんな無駄な努力するぐらいならとMMDから離れる方もいらっしゃるかもしれませんね…

コメント

tac
No.1 (2016/10/26 17:56)
そのTwitterの条件は投稿に関するものであって、結局はニコ動とほぼ同じような条件で再エンコードするみたいですよ。
http://aviutl.info/twitter-movie/#i-7
しゅまり (著者)
No.2 (2016/10/27 00:56)
tac様情報ありがとうございます。ただ考えてみるとtwitterは無料、対してニコ動はプレミアムは有料であるのに同等の画質というのはなんとも馬鹿げているなぁと思えてなりませんね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事