昭和基地

松田聖子「紅白歌合戦」大トリ!

2014/12/10 17:47 投稿

  • タグ:
  • 松田聖子
  • アイドル
  • 昭和
  • 紅白
  • おっさんホイホイ

紅白大トリ聖子 白組トリに嵐
(一部抜粋)
聖子はデビューした80年に初出場を果たし、先月末に通算18回目の出場が発表されたばかり。ヒット曲を多数持つ国民的歌手だが、これまでは番組序盤から中盤にかけた出演が多く、トリを務めるのは意外にも今回が初めて。
大トリ起用の決め手の1つになったのが、今年のNHK音楽番組「SONGS」だった。聖子は5月に同番組の300回記念放送回に出演。30分ノン ストップのスペシャルメドレーを披露して話題を呼んだ。平均視聴率4・1%は、最近の同番組の中で高視聴率だった。同局関係者は「30分ノンストップメド レーは、数字以上に大きな反響があった。中高年層を確実に取り込む力がある。80年代から今もトップアイドルとして走り続ける大御所アイドルでもある。全 出場者の最終歌唱を務める大役に申し分がない」としている。










NHK紅白歌合戦出場歴 (wikiより)

年度/放送回曲目出演順対戦相手備考
1980年(昭和55年)/第31回青い珊瑚礁02/23田原俊彦(1)
1981年(昭和56年)/第32回2夏の扉05/22千昌夫
1982年(昭和57年)/第33回3野ばらのエチュード05/22郷ひろみ(1)
1983年(昭和58年)/第34回4ガラスの林檎16/21田原俊彦(2)
1984年(昭和59年)/第35回5Rock'n Rouge08/20郷ひろみ(2)
1985年(昭和60年)/第36回6天使のウィンク12/20安全地帯
1986年(昭和61年)/第37回7瑠璃色の地球13/20加山雄三(1)
1987年(昭和62年)/第38回8Strawberry Time09/20加山雄三(2)
1988年(昭和63年)/第39回9Marrakech〜マラケッシュ〜02/21少年隊
1994年(平成6年)/第45回10輝いた季節へ旅立とう11/25吉田拓郎
1995年(平成7年)/第46回11松田聖子ヒット・メドレー-SEIKO Chan to La La La-[注 1]12/25米米CLUB
1996年(平成8年)/第47回12あなたに逢いたくて〜Missing You〜13/25玉置浩二
1999年(平成11年)/第50回13SWEET MEMORIES21/27郷ひろみ(3)
2000年(平成12年)/第51回14あなたに逢いたくて〜Missing You〜(2回目)19/28布施明
2001年(平成13年)/第52回15瑠璃色の地球2001(2回目)19/27ザ・ドリフターズ
2011年(平成23年)/第62回16上を向いて歩こう21/25氷川きよし実娘・神田沙也加とデュエット
2013年(平成25年)/第64回17New Year's Eve Special Love Song Medley 201324/26クリス・ハートとデュエット
  1. ^ 「青い珊瑚礁」(2回目)→「時間の国のアリス」→「素敵にOnce Again」のメドレー
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。    


聖子ちゃんが活躍した昭和末期の時代は紅白では、演歌が幅を利かせアイドルの扱いは悪く、出場枠は少なく出番は前半が多くを占めました。
さらに時代が平成に移った途端に明菜・キョンキョンと共に落選…
聖子世代が視聴者の中心を占めるようになった頃には毎年恒例のカウントダウンコンサートがあり、
出演してもコンサート会場からの中継だったり。

女性アイドルがトリを務めるの安室以来かな?



紅白ですでに2回歌ってますが、この曲で出てくるとうれしいです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事