しゃけのブロマガ

HMM1/72 セイバータイガー【作ってみた】

2014/04/11 17:03 投稿

  • タグ:
  • ゾイド
  • プラモ
  • セイバータイガー
どうも。先日、艦船模型に挑戦するも挫折してしまった主です。

それでも何か作りたかったのでAmazonにてコトブキヤの【セイバータイガー】を購入しました。


このセイバータイガーはガイロス帝国を代表する高速機動ゾイドであり、
○○専用機とバリエーションも多数存在する機体です。アニメではレイヴン専用機以降、
独特のカラーリングや装備のセーバータイガーが何度も登場しましたね。

さて、長話はこのくらいにして作っていきましょう。
私はコトブキヤのゾイドを作るのは今回が初で、プラモ歴も語れる程ありません。




箱の中はランナーがぎっしり詰まってて、パーツ番号はまでと多いです。兵士のパーツw




頭を組みます。歯はそこまで細かいパーツ分けはされておらず組んだ後、歯茎(?)も歯と同色
になります。気になる人は塗装必須ですね。てか、顔だけでも迫力あるなぁ。




胴体を組みます。一見、どこの部分だこれは?って感じですが組んでいくうちに納得。




塗装をしなくても、色分けして欲しい部分はしっかりされてるので素組の私でも満足です。
最終的に見えなくなる部分や、コアに力を入れてるのも好感が持てますね。






胴体まで完成したので武装をさっさと作り取り付け……この段階でカッコよすぎ!




脚作りました。爪は一枚一枚が別パーツで可動するので足場が悪くてもきっと大丈夫(たぶん)
膝を曲げると筋肉が伸縮する…みたいなギミックもあり、素晴らしいの一言です。



かんせーい!\( ´ ▽ ` )/ 1日3時間くらい作って6日、計18時間くらいでの完成です。
作り終えると圧倒的な存在感に驚きます。そして自分で組んだことに感動します(?)。

個人的にはガンプラを作った時よりも10倍くらいの達成感がありました。




さて、苦労した点も挙げてみましょう。
外れやすいパーツや咬み合せが悪い部分が意外と多かった事。
組んでしまった後では些細な問題ですが、完成後もポロポロ外れやすいパーツもありました。
前膝の関節部のカバー(?)、爪の付け根部分のパーツ、前胴の上部カバー・・・
接着出来る部分はいいですが、安易に出来ない部分もあります。自己責任で行いましょう。



ポージングを楽しもう! 組んだ後はこれに尽きます。
とにかく可動域が広いのでいろいろ
試すのも面白いです。ブレーキターンさせてみました!
すごくカッコイイですが、シュバルツ専用機だとガトリングが強調されて更にカッコイイです。本当はそっちがよかったんですが予算の都合で……。



      最後は気に入ったポーズで飾ります( ´ ▽ ` )

とまぁ、こんな感じですね。ここまで読んでくれた方に感謝です。
作った事ないけど興味ある、って方や全く知らない方に興味を持って頂ければ幸いです。

また機会があれば何か書きたいと思います。それではごきげんよう。

  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事