ミツボシ パッて弾けて 流星群

THE NEXT GENERATION -パトレイバー第2章 感想 あとがき

2014/06/27 17:27 投稿

  • タグ:
  • パトレイバー
  • アイドルマスター

単に○○でないというだけの消極的な平和は
いずれ実体としての○○によって埋め合わされる
そう思った事はないか?

皆様こんにちは。前回の記事の閲覧数が凄く多くて
???と思っていたら




おのれミッドナイト!?

ビックリした。たくさんのアクセスありがとうございます。
正直多すぎてビビっています。



今回、友人、知人の反響も多くて驚いてます

「そうやったんや、じゃあ見るの止めるわ(♀ 腐)」
「嫌な予感してた、劇場行かなくてよかった(♀ 初恋は藤原忍)」
アイマスはわからんけど、パトの話なら乗るで(♂ 医者)」
「あの頃のサンデーでGS美神の事忘れんなや(♂ おキヌちゃんprpr)」

いやいや、今迄パトレイバーのハナシした事ないやん?という同世代からレスをもらってます
はよ言えやー
自分の周囲のハナシですが、潜在的パトファン思ったより多いもんだ。
じゃあカラオケでこの辺り歌うからなー、いいんやな?

  

1stガンダムの時は幼くて、EVAの時は大人なってしまっていた
パトレイバーがちょうど思春期にカチ合った世代って結構いると思うのですよ。

世の中の窮屈さや大人に対する青さや熱さのモラトリアムを、アムロシンジじゃなく特車二課第2小隊に重ねてた世代。
ブライトゲンドウじゃなく、後藤隊長に育ててもらったから皆声高に騒いだりしないんだよね(笑)

その辺りもっと丁寧に掘り起こせばもっといいビジネスになるんとちゃうの?
お金もうけするなら大きくやってや
監督はパトに冷めてるんかもしれんけど
こっちはまだまだアツい訳。お分かり?


それこそ状況証拠と推測だけで確たるものはなにもなし


14の時連載が始まった。ヘッドギアったらあの頃のヲタガキにはドリームチームですよ
19で連載が終わった。最終話は副題で泣いた。青春は終わりなんや、大人にならなアカンのや
と。
たった1つのワードで5年間を総括したゆうき先生の構成力は素晴らしい。



野明のこのセリフは自分の目指したい大人像の指針になった。

漫画、アニメ、映画で世界観違うのは解ってる
でも仮にも泉野明を名乗るキャラを、ゲームに勝てない位で周囲に暴力を奮うキチ○イなんかにせんでくれ。


終わってしまったんですよ
任務に明け暮れて、毎日がそれこそ精一杯で…
昨日を振り返る暇も無い位充実していて
まるで子供の夏休みみたいな





この遊馬のセリフも社会に出てから、凄い支えになった。
ハードが古くても、大事なのは中身だろって。カスタム機とだってやれる。

んで、頑張っていれば


 


見てくれている人、認めてくれる人がいてくれる。

そうやって頑張ってきましたよ。



なのに



こう言って夢見せてくれてた大人は
15年経って夢も語れなくなっているとは、つまらない未来だな。


とっくに始まってるさ
問題なのはいかにそれにケリをつけるか…
それだけだ



グダグダ言ってるけど、前回あっちゃんの言った通りなんで最後まで見ます。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事