ミツボシ パッて弾けて 流星群

USJ CoolJapan ドラクエ、EVA、ゴジラ、進撃の巨人、感想

2017/04/12 03:12 投稿

  • タグ:
  • エヴァンゲリオン
  • ゴジラ
  • 進撃の巨人
  • ドラゴンクエスト
ドラクエ11の発売が7月29日で意外に早かった
11なので11月かなと思ってた
2+9で11ですか


楽しみです、盛り上がってきました

自分の周りのドラクエ好きの友人達と
ドラクエの世界をリアルに楽しめるという触れ込みの


ドラゴンクエスト・ザ・リアル|USJ



開催中のクールジャパンも回って来たので感想です


ユニバーサル・クールジャパン 2017|USJ








完全ネタバレです ご注意ください

まずは4人一組のパーティーで進みます
職業は、戦士、武闘家、魔法使い、僧侶の中から選択(被りOK)
エクスプレス・パスを買えば上級職にも就けますが、我々は無課金勢なので関係ありません

剣の柄形のデバイスを渡され、それに名前と職業を入力
チュートリアルルームに行き職業別のデバイスの振り方を学びます(戦士は振り下ろす、武闘家はパンチ、魔法使いは振り上げる等)


入り口で待っているのはラダドームの王様、と言う事はここはアレフガルド
王様らしく「武器の使い方は覚えたか?」とアドバイスをくれます

2パーティづつ次の部屋に入ると
ドラクエ世界の住人に扮したキャストが竜王の危機が迫っているという小芝居があり
ルートが2つあり、パーティーは左右に別れます
2回行き、別ルートに入りましたが、内容は同じでした

先程のキャストがガイドとなり先導
まずはデカいスクリーンに映るCGモンスター群と戦闘×2

戦闘を重ねるとレベルが上がり使える技が増えて行く
モンスターの攻撃防げないとHPが下がりますが、回復できるのは僧侶だけ

3つめの部屋で中ボス、巨大キラーマシンの像

倒すと次の部屋で別ルートのパーティーと合流
そこにはトルネココスのキャストが、あれ?ここはアレフガルドじゃ?


目の前のスクリーンには竜王とモンスターの大群が
竜王が
「わしの味方になれば、世界の半分をやろう

と言うと思ったか!

名台詞でフェイントかけてきます
ドラクエビルダーズ全否定かよ


さあ、大ピンチだー(棒)

そこにマーニャ、ミネア、テリー等他シリーズのキャラ(映像)が現れモンスター群を蹴散らします
トルネコ「別の次元から召喚された戦士たちだ」
という最近ありがちのディケイド展開

そして合流した8人で次の部屋に行くと巨大な竜王像がありラストバトル
アリーナコスのキャストが鼓舞してくれます

竜王を倒すと最後の部屋に王様がいて、平和が戻った事を褒めてくれます
ネーム入りのエンドロールが流れ
デバイスを返却して終了

満足度は10点満点で7点(条件付き)

イベントが始まったばかりでキャスト、クルー共々まだ慣れてなく
ディスパッチ回すのに必死なので
こちらから「ドラクエごっこをするぞ!」と気持ちを寄せていかないと
世界観の方からは来てくれない
入場を並んでる時に
「俺戦士やりたい」「じゃあ僧侶」「待てよ、俺もやりたい」「じゃんけん、じゃんけん」
と気持ちを盛り上げ、アトラクション中も
「あそこのはぐれメタル倒してくれ」「回復頼む」「竜王でかいぞ!」
パーティー内のコミュニケーションが面白さの鍵なので
1人で行って知らない人とパーティー組む事になって、ただ重いデバイスを淡々と振ってるだけだと面白さ半減
キャスト、クルーの技量不足を本家の音楽、SEがカバーしていて、実質雰囲作ってんのは、すぎやま先生のお力

最後、ネームと職業をプリントした紙ッペラでも、冒険の書という体で貰えたら更に良かったのにな


エヴァンゲリオン XRライド

満足度は10点満点で50点
これは凄い!

通常はスペースファンタジーという面白くない室内コースター
VRゴーグルを着け、コースターの動きと映像を完全リンク
加持と一緒にEVAとサキエルが闘う中ネルフ本部へ向かうストーリー

これはもう、体験せな解らない
筆舌に尽くし難い、想像を絶する感動だった、面白すぎる
EVA好きは絶対乗るべき

昨年のCJでもうEVAはええやろ、と思った
出涸らしの様なコンテンツが最新技術で激的に新生

スペースファンタジーはこの為に作られたと言っても過言ではない
スペファンに戻さんでええわ

これは様々なコンテンツに応用できるし、それを想像するだけで楽しい
アミューズメントアトラクション界にブレイクスルーを起こした

場内クルーの着ているネルフ制服も金がかっていてクオリティ高く
ネルフ本部内いる気になれる


ゴジラ ザ リアル4D

今年のCJの目玉の一つ、座席の稼働する4Dシアターで見るゴジラ
ストーリーは大阪にゴジラが出現
それを退治する兵器を積んだ戦闘機の主観映像

ゴジラは淀川から梅田を蹂躙、後に京橋OBPへ
待って、この侵攻ルートは…

ゴジビオと一緒やんか(歓喜)
そしてゴジラの口内に細胞活性弾を打ち込むという設定
いいねえ、このリスペクト
「薬は飲むのにかぎるぜ、ゴジラさん」

そしてビル影から姿を見せたゴジラの姿はなんとシン・ゴジラ第4形態
これには度胆を抜かれました
ポスター等のプロモーションではvsシリーズのゴジラが描かれていたので

最終戦場地はUSJ
自分のトコだから自由に暴れさせられる
というのに機動警察パトレイバーの廃棄物13号との最終決戦を思い起こさせる展開

映像はクオリティ高く、稼働する椅子と相まって迫力満点、場内は観客の悲鳴に包まれ
リピートに値する内容なのですが

シナリオが酷い
くどくて、臭くて、ツマラナイ

もう一度並ぼうとすると
あれをもう一度聞かないといけないのか、と考えると二の足踏むレベル
シンゴジのシナリオが何故評価されたのか解ってない
セリフ聞かなくて済む外国人の方が楽しめてるんじゃないか?

シナリオが減点で、満足度8点 


進撃の巨人 ザ リアル4D

1年中コスプレで溢れてるUSJ
1番多いのがミニオンで、2番目は多分調査兵団
それくらい根強い人気がありCJ3年めのコンテンツ
名も無き調査兵団員となり、立体機動で巨人を倒す映像に座席がリンク
風が吹き出す4Dシアターの特性が立体機動とマッチしている

相対的にCJの他のコンテンツに負けている
単体では充分なクオリティーのだが他が高すぎる
特にEVAの後に行ってしまうとアトラクションとして完全に下位互換な為に見劣りしてしまう

「あなたは観客ではない、餌だ」
とまで煽るなら、キャストを使った演出でもう一捻りしても

ハンジの新録セリフが豊富なのでハンジファンには行く価値あり

満足度は6点  ただし単体の評価ではない



エクスプレス・パスを使わずに行くならば
開演したら、まずドラクエの整理券を取りに行き、時間をチェック
被らない時間でCJを進撃→ゴジラ→EVAの順を周るのを薦めます

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事