ミツボシ パッて弾けて 流星群

シン・ゴジラ直前 「ゴジラ×メガギラス」を再評価せよ

2016/07/28 20:24 投稿

  • タグ:
  • ゴジラ
  • 怪獣

「怪獣映画って面白いんですか?」
面白いわけないやん

「怪獣映画好きですか?」
超好きです、愛してます!




いよいよ明日です「シン・ゴジラ」
割りとマジで、特撮皇国の興廃この一本にあり
って感じだと思います




アメコミのCGバリバリムービーが日本の子供のハートを掴んでる昨今
こいつのヒットに日本の特撮界の未来が懸かっている
是非単発で終わらず、シリーズ継続を望みます

シリーズの終焉と再開を繰り返しているゴジラ

現状と同じく崖っぷちを凌いだにも関わらず知名度の低い
「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」
今回はこれを語ります








公開は2000年
コジラの第3期シリーズ、通称ミレニアムシリーズの2作目

この映画、
現在観てめっちゃ出来がいい訳ではありません

でも公開された当時の状況は鑑みればもっと評価されるべき作品だと思います

ゴジラは95年に一旦シリーズを終了
98年にハリウッド版「GODZIILA」 通称エメゴジを公開
個人的に言いたい事は沢山ありますが、世間的には内容、デザインをめっちゃ叩かれ
続編の計画も中止

ゴジラはやっぱり日本やろ」
という事で
99年に満を持した和製新シリーズ
「ゴジラ2000 ミレニアム」を公開

ところがこれが、お前らこれが観たかったんか?というヒドイ出来


興行収益は
vsデストロイア 20億
GODZIILA 30億
ゴジラ2000 16,5億
×メガギラス 12億
のダダ下がり

観客数も平成に復活して初めて200万人を下回り
いかに世間がゴジラを見限ったかという事が数字に現れています

GODZIILAという、期待はずれ助っ人先発
ゴジラ2000という、炎上リリーフを受けながらも
実に見事に敗戦処理をして、次戦に繋いだのが本作
もし本作が駄作だったらシリーズの未来は変わっていたかも

それ位、本作は怪獣映画としてまっとうなのです

手塚昌明監督は「ゴジラを撮りたくて東宝に入った」というゴジラファン
ミレゴジという不良債権を使って、予算も少なかったでしょうに
実に丁寧に世界観、対怪獣組織、超兵器、怪獣対決を構築
特撮的にも新しいアプローチが沢山試されていて真新しい

vsデストロイアを見た時、前年に平成ガメラが公開されていたのに
画作りの代わり映えの無さにガッカリしました

前2作の不評、これっ!ていう作品を代表する名場面が無い事、敵怪獣のモチーフがトンボ
等、キャッチーな話題に乏しく、前述の通り数字は振るわなかったものの
ゴジラを愛する観客に対して誠実な内容は
「いやいやゴジラも捨てたもんやないで」
と思わせ

次作「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」は興収
27億のヒット
手塚監督は次作で再びメガホンを取り、傑作「ゴジラ×メカゴジラ」を撮ります

×メカゴジラで好評だった
ゴジラに立ち向かう凛々しい女性兵士」という主人公象は
×メガギラスで既に確立されています
田中美里さんの力み過ぎともいえるまっすぐな演技は好感
ゴジラに対して「いい子だからこっちにおいで」なんて言ったのは彼女位でしょう(笑)





「シン・ゴジラ」
来襲まで待ったなし

その前に長年溜め込んでいた「ゴジラ×メガギラス」への想いをぶちまけさせてもらいました






さあゴジラ

暴れろ!

この世界をぶっ壊せ!



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事