ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

スズモフ(著者) のコメント

スズモフ (著者)
No.10 (2019/10/01 22:43)
コメントありがとうございますー。

確かに本来1オクターブの範囲の数値を圧縮して半オクターブに納めたらピッチの上限を超えてしまって声の高さの変化が失われてしまうという現象自体は回避可能ですね。この動画の投稿時には無かったのですが、2016年11月のアップデートでピッチ圧縮という機能を追加しているのでそれを利用すれば半オクターブに納めるという事も既に実現できるようになっています。

ただし一つ問題があって、ボイスロイドの機能のみでは半オクターブに圧縮した音声をあとから伸縮することができません。抑揚という機能を使うと全体の高低アクセントの強弱を変えることはできるのですが、これはボイスロイドの高さ機能を使って設定したピッチには反映されないので、結局更に別のピッチ編集が可能な音声加工ソフトを使わないといけません。

その上でなのですが、更に2019年7月のアップデートでVocalShifterというソフトのピッチ編集機能を利用して、後付けで圧縮されたボイスロイドのピッチを別ソフトでピッチ伸縮するまでの作業を自動でする事も可能になりました。
ボイスロイド上でのピッチ伸縮ではないので、伸縮の度合いが大きくなるとボイスロイド本来の声と離れてしまうという問題もありますが、そこを気にしないのであれば動画公開当初よりはかなり楽に歌わせられるようになったと思います。

この機能についてはマニュアル更新や動画上での紹介が追いついておらず周知が行き届いておらず使って貰っている人には不便をおかけしているのですが、下記の動画で簡単にその使い方を紹介してもらっています。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm35399917

もし外していたらごめんなさい。一応最近はこのようなことになっているのでよろしくお願いします。

このコメントは以下の記事についています