suwaviolaのブロマガ

『君の名は。』を想う 美しくもがく

2016/11/11 23:06 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 映画
  • アニメ
  • 君の名は。
  • 考察
  • 新海誠



『君の名は。』
 素晴らしい映画を見させて頂きました。製作関係者の方々、ありがとうございます。
 大ヒットするのも当然です。今年一番の良作映画だと思います。
 10年先20年先も名作として名を残していることでしょう。
 そんな作品に出会えた事に、本当に感謝します。

 嘗て、押井守監督は「映画の半分は音で出来ている」とおっしゃられていました。
 その伝でいけば
 「君の名は。」は100%の映像と100%の音楽と100%のストーリーで出来ている。
と言えます。
 合計300%。足し算も出来んのかと思われそうですが、
映像・音楽・ストーリーそれぞれ単独でも素晴らしいという意味です。
 しかし、ブログ上の文章だけで映像・音楽を表現するのは難しい。
 ですから、ストーリーを中心に想うところを綴っていきたいと思います。

 さて、「君の名は。」のキーワードは何でしょうか?
 私は

 「君の名は。」のキーワードは「美しくもがく」

 だと思います。

 「美しくもがく」は「君の名は。」のテーマ曲「スパークル」の一節です。
 「美しくもがく」を「もがく姿は美しい」と言い換えてもいいかもしれません。
 「困難に立ち向かい、もがき苦しむ。その事が美しく貴い
 作者はその事を伝えたいのだと感じました。

 そういう意味で「君の名は。」は天体落下という運命、忘却と別れという現実に対して、
三葉と瀧が美しくもがく姿を描いた物語。と言うことになります。
 ですから、この「美しくもがく」をキーワードに思うところ書いていきたいと思います。

 では、本題は次回から


コメント

obake
No.1 (2017/08/26 22:02)
「美しく」もがくという時点で、既にそれはもがくという行為じゃないと思うんですけどね。。。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事