ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

PePeの大体ほとんど時々ゲーム

人を殺めない美学って必要なの?

2016/08/02 06:00 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • ゲーム
  • コラム
初代プレイステーションのソフトで「メタルギアソリッド」というゲームがある。
このゲームは敵がたくさん蔓延る基地へ、
主人公が単身で潜入して悪の親玉を倒す、すごく簡単にいうとこんなシナリオだ。

主人公は確かにタフで強いけれども、敵に囲まれて銃弾の雨にさらされると
あっさりとお亡くなりになってゲームオーバーだ。
必然的に敵に囲まれないプレイ→敵に見つからない立ち振る舞いを求められる。
敵と比較して絶対的に弱いながらも、強者に挑むためにじっくり隙を窺ってチャンスをつかむ
昨今では珍しくない「ステルス」という要素に注目したゲームだ。

「シーフシリーズ」、「スプリンターセルシリーズ」、「ヒットマンシリーズ」etc
ステルスを基軸としたシステムが人気を博してシリーズ化されたタイトルが多数ある。
また、アクションゲームの戦略の一環としてステルスで進める事もできるゲームも増えた。
「ラストオブアス」や「サイコブレイク」なんかが顕著だろう。

そんなステルスゲームにおいて、
麻酔銃などを使って敵を眠らせて気づかれないうちに先に進む、などという
「不殺プレイ」が素晴らしい!という風潮がある。
それを推奨するかのように、不殺プレイでクリアすることで報酬が増加したり、
特別なアイテムがもらえたりすることがある。

ここで不殺プレイのメリットとデメリットを考えてみる。
メリット
・敵である「人」を殺さない、という道徳的な満足感
・眠らせている内にこっそり進むため、敵にプレイヤーの存在を気づかれないで先へ進める

デメリット
・敵を殺していないために、見つかった際には襲われる
・逃げる際に、来た道を帰る場合は再び敵が立ちふさがる

プレイヤーにおける1つの選択肢としての不殺プレイを選ぶことはデメリットもあり、
それを乗り越えてクリアしていく、というのは面白みにつながる部分だと思う。

けれどもだ、不殺プレイに特別な報酬を用意されたり、不殺プレイが素晴らしい!となると、
自分なんかはもれなく不殺プレイを半ば強要されているかのような気持ちになる。
どうせやるからには、突き詰めるわけではないにしろベストなスコアを狙いたいし、
後々に役立つかもしれないし、もらえるものなら特別報酬をもらいたい。

ゲーム内において、たくさんの武器が用意してあってそれぞれに特徴をもたせて
自分が好きな銃火器を選びたいけれども、
結局は麻酔銃に落ち着いてしまうのは悲しいじゃないか。
自分にとってベストな武器や携行品を模索する楽しみを奪ってしまっていないだろうか。

「不殺プレイ」はロールプレイの一環で終わるべきで、そこに報酬は必要ない。

人を殺さない→素晴らしい→最大報酬

という構図は間違ってるんじゃなかろうか?ゲームの作り手が不殺を推奨しちゃいかん。

不殺プレイではなく
目についた敵を片っ端から殺していく殺戮者プレイにおいても同価値の報酬を用意したりと、
あらゆるプレイスタイルを平等に見てほしい。
現状の不殺プレイ推奨の風潮は
数多あるゲーム内での戦術を狭めてしまっているのではなかろうか。

また、ゲーム内で命をかけて任務に就いている敵兵に対して
殺さない気構えで対峙するプレイヤーってどうなの?敵兵さんを舐めていませんかね?
それもロールプレイだけど。

最後に、決して自分は現実ではできない殺戮プレイを
ゲーム内でやりたい放題してストレス解消したいとかそういうわけではない。
むしろゲームや映画などとは言え、血を見るだけでも握力がなくなってしまうヘタレだ。

コメント

大豆
No.1 (2016/08/02 12:40)
会った敵をかたっぱしから殺していくような楽なプレイに報酬が出ないのは当然の話かと
PePe (著者)
No.2 (2016/08/05 06:15)
はじめましてー。コメントありがとうございます。
技術的な問題かもしれませんが、初代メタルギアソリッドには麻酔銃というものがありませんでした。
スプリンターセル ブラックリストというゲームにはスタイル「パンサー」というバレないように敵を排除して進むスタイル評価がありました。
映画007やミッションインポッシブルでも、ミッション遂行の為に人を殺めることは「悪」ではない描かれ方をしています。

最近のゲームは自由度が高くなっていきプレイヤーの数だけ攻略法がある中、
「最も素晴らしいプレイ」を作り手側が決めてしまうと、どうしてもそれを目指したい!と、
数多ある攻略法から不殺という選択肢を選ばざるを得ないのが勿体無いな、と言う内容なのですが。

たとえば、サプレッサー付きの殺傷ハンドガンのみで自分の進む先の脅威のみを排除して
トイレに死体を... 全文表示
PePe (著者)
No.3 (2016/08/05 06:28)
それと、長文にさらに追記なんですが、
殺傷プレイは楽なプレイなんでしょうか?

やはり倒した敵は隠さなければいけないし、
倒した際の血痕が見つかれば警戒されてしまうし。
自分の知る範囲では、血痕をお掃除できるステルスゲームは知りませんw

もちろん不殺プレイが難しいのは分かりますけれどね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事