deranのブロマガ

超会議赤字発表と旧角川株主

2016/08/16 09:53 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • カドカワ
  • 角川
  • ドワンゴ
  • 株主
2016年6月23日に公式放送『ニコニコ町会議+パーティー発表会』
にて超会議の赤字額発表があった。

2015年赤字額4626万円から
2016年赤字額3億9084万円と赤字額が拡大。

発表会の映像において川上社長は
「利益のためにやっていない」「黒字にならないように」と発言している。
6月21日の株主総会のわずか2日後である。)

旧ドワンゴ株主からすれば、広告宣伝として割り切っており、
川上社長の物言いを面白く思っている人も多いと思う。

一方で旧角川株主からすればどうだろうか?
赤字が急拡大したこと自体が腹立たしいのに、川上社長の「利益のためにやっていない」
とまるで会社を私物化しているかのような発言に怒りを覚える人も多いだろう。

今回、旧ドワンゴ・旧角川と分けてしまったが、
株安に苦しむのはともに同じだ。
ともに力を合わせて、経営者に対する監視の目を強めましょう。







コメント

Silyne(シリン)
No.1 (2016/08/17 00:24)
営利目的だということだと参加できなくなる団体があるからだったり税金対策のためだと思いますね
deran (著者)
No.3 (2016/08/17 00:52)
>>1
コメントありがとうございます。
行政や政治団体は営利目的だと参加できない可能性はありますね。

経営陣が対外的には超会議での赤字額を喜々と発表するのは、
パフォーマンスとしてならばかまいません。

一方で株主に対してはその赤字額を取り戻すだけの効果が
どこで得られるのかを説明してほしいものです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事