はすむかいポジティブ

本当に孤独のグルメ

2020/04/20 19:16 投稿

  • タグ:
  • 雑記
  • 料理
  • レシピ
といったらアレですけどもw

TVドラマのゴローちゃんのように
あちこち出かけることもままならなくなっている昨今。
自分のような独身世帯からすると
さっさと自宅にひきこもって、ひっそりと
美味しいものを楽しむという事態になっているのが
「これって(本当に)孤独のグルメだなぁ」という
感慨深い気づきから生まれたタイトルです。

いやもう仕事以外、だっれとも会わない。

そんなんでできた時間を、なにがしかの料理に
コツコツと費やしている次第。
ぬか漬けも美味しくできたし
ミツカンのかんたん酢を使った酢の物もうまくいきました。
ごはんがすすむ、すすむ。
って喜んでいたら、おかずの大半が漬物になってました。
もうボリボリバリバリいいながら飯をかっくらってます。

最近、すごいハマっているのはお鍋でして。
もともと年中鍋を作ってご飯のおともにしてますけど
作ったことがなかったのが塩系の鍋つゆ。
塩系の鍋つゆってどうやって作ればいいのかと
レシピサイトをあれこれ漁って、試しに作ってはみたものの
なかなかこれというのに出会えずにいました。
ほんでもう、自分でテキトーに作ったれぇいって
勢いまかせにやってみたら、以外にも
それなりに良いものができたので嬉しく思ふ。のです。

動画はないんですけども
よかったらどうぞ的にテキトー塩系鍋つゆレシピのご紹介。

水:1リットル
昆布:20g
中華スープの素:適量
市販の白だし(濃縮のやつ):適量
みりん:適量
塩:適量

ご覧のありさまで作っていますw
入れるものは合っているんですけどw

<作り方>
①明日は鍋を食べようという心意気が沸いたら
 使う鍋に水1リットルを入れ
 計測結果20gのだし昆布を鍋に入れます。
 明日までほったらかしにして水出ししましょう。
 (気温が寒い今頃を想定しています。自分のように
  暑い時期も食べるという人は冷蔵庫保管がベター)

②寝ます。

③起床して仕事などに繰り出します。

④帰宅します。
 手を洗いうがいをしましょう。
 そしてさっそくシャワーを浴びて、身体中のウィルスを
 洗い落としてから料理にのぞみましょう。

⑤鍋を火にかけます。
 沸騰直前に昆布を取り出します。
 とかよく言いますけども、正直、取り出さない時と
 取り出した時の味の違いが自分はわかりません。
 昆布ももったいないしそのまま鍋の具材として食べるので
 自分はそのまま煮てます。

⑥中華スープの素、みりん、白だしを適量入れます。
 最後、塩で味を整えます。自分の場合、野菜の水分で
 鍋つゆが薄まるのが嫌なので、濃いめの味付けにしてます。

⑦自分なりに「(しょっぱいけど)おいしい」と思ったら
 ひとまずオッケー。
 食べたい鍋の具材をぶっこんで好みの感じに煮ます。
 自分は野菜がくたっとしてる方が好きなので
 がっつり煮てしまうほうです。
 
⑧食べます。
 味濃いめなのでご飯がすすみます。

⑨片付けます。
 食べ過ぎてしまった、と深い反省を行うもよし。
 もっと美味しくはならないか、と料理人としての第一歩を
 歩み始めるのも、また良し。

⑩寝ます。
 明日もあの鍋を食べられる、と期待に胸膨らますも良し。
 明日もあの鍋を食べなきゃならんのか、と深い後悔に
 苛まれるのも、また良し。

以上になります。
全然美味しくならずとも、それもまた一興。
次どうするか?を試みていくのが、真の料理といえましょう。
嘘です。
(おいしくない、全然できない、体調を崩した等々
 実験によるあらゆる損害に対して
 いかなる責任も当方追えませぬのでご了承ください)

上記のとおり適量です。
そのときそのときを味見しながら作っているので
ちょうどの分量がわかりませんが
実験してみたい方はおためしあれ。

こういうのを動画で撮影したらいいんだろうけど
ウチの台所はきったねぇからなぁw
お見せするにはばかれるもんで。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事