はすむかいポジティブ

ほっこりダークソウル

2018/02/11 14:06 投稿

  • タグ:
  • 雑記
  • ゲーム
  • ダークソウル
  • DARK_SOULS
  • 動画紹介
ゲーム実況やプレイ動画が好きだ。


なにせゲームをする時間も金もなし。
いや、本当に好きな人は
その時間も金もなんとかやりくりして
わずかな時間であってもゲームにつぎ込むのだろうけど。

最近では
ゲームに対する情熱は
実況をみることで満たされてしまっている。

そんなワタシ。

そんなワタシでも

「DARK SOULS」だけは持っている!

いや!「Demon's Souls」も持っている!!

ありがとう!ふろむそふとうぇあ!うぇあああ!!

そんな風に叫びたい気持ちが湧いてくるくらいに
この二つのゲームが好きである。

でも、クリアはしていない。
さーせん。

Demon's Soulsはちゃんとしっかりやりこもうと
心に決めてプレイはしたんですよ。ええ。だいぶ前に。
でも腰痛が出現したんです。持病の。
「炎に潜むもの」とのいくさがすべての原因でした。

アイツ超強いでしょ?

ぐわーーって入れ込んで力入って
力んでプレイしていたんでしょうね。

なんとか2戦目にして辛勝しましたが
終わったあとに腰が痛すぎて立てなくなりましたw
不思議とプレイ中や戦闘中はなんともなかった体が突然不動。
「いったい俺の体に何が起こったのか?」と
心が凍りつきました。戦慄ってやつです。
ギックリ腰とも違う体の異変が
まさかゲームをプレイしていて発生するなんて
夢のまた夢的なサプライズ。

ありがとう、フロムソフトウェア。
しばらくはプレイできそうにありません。

そういうわけで
デモンズやダークソウルのプレイ動画を見るのが好きです。


あ、でも順番は逆。


そもそも、デモンズソウルやダークソウルのプレイ動画をみて
自分でもやってみたくなって買ってプレイして腰を痛めた
というのが本当の流れ。

この二つのゲームのプレイ動画といえば
思い浮かべるのはやっぱり「ふぅ」さんであろう。
自分もいろいろなふぅさんの動画を見て来ました。
これとか有名ですよね↓


最近ではこういうものもやってるみたい。
失踪ばかり繰り広げて来たためだろうか。まるで贖罪?
かのような、ストイックでドMな縛りを設けてて面白い。
ただいま絶賛投稿中(ブロマガ投稿日現在)↓


この人のやりこみ具合はハンパない。
プレイ動画としてはある意味「正統派」って気がする。
しっかりやりこんだ上でのスーパー(玄人)なプレイや縛り。
適度なオチと笑いもあって見ていて安心感がある。

他のプレイ動画や初見実況とかもいくつか見たことあるけど
やっぱりこの人の動画はすごい。
まー実況者のしゃべくり方だったり
プレイ内容によっては好みが分かれるところではあるけど
ふぅさんの動画は
自分の好みとあっている気がしてよく見てしまうし
ついつい評価は高めになってしまう。

ダークソウルプレイ動画で好きなものは
ふぅさんの動画ってことになる。けども。
一番面白いダークソウルプレイ動画は他にある。


こちらですね↓


デモンズソウルにしてもダークソウルにしても
「死にゲー」なんて言われてる高難度のゲームだ。
だからプレイ動画や実況動画では、その難しさゆえの面白さを
前面に出して演出するものが多い。
ふぅさんの場合は
すごく難しいゲームなのに簡単に進めて見せることで
視聴者や既プレイヤーに驚きを生んでいるだろうし
ある実況者は初見でゲームに挑むだけでなく
さらに極端な縛りを設けることで
ドキドキハラハラを付加したり増幅させたり
落胆やリアクション、ボスをようやく倒せた達成感や爽快感を
視聴者と一緒に共有することができる作りになっている。
会場で歓声をあげる観客のように
コメントで参加できるニコニコの強みが
十分に生かされていると言えるのではないかな。

他にも複数プレイで武器やコスチュームを統一したり
独自の縛りプレイを設けたり
見せ方はいろいろあるけれど基本的には
「ゲーム」と「プレイヤー(実況者)」
という普通の関係性を保っている。
ゆっくり実況のなかのゆっくりさんは
プレイ動画に突っ込みを入れたり解説したりする
天の声的な役割で多く見られる感じだが
やはり「ゲーム」というテレビ画面の向こう側を
現実世界からみた視点ということに変わりはない。

でも
この【ダークソウル】遥かなるぶらり旅【ゆっくり実況】は
ちょっと違うと思うのだ。
まったくの私見になりますけどw



なんかこう
【コメディアニメ】ダークソウル【声優:ゆっくり】
という感じがするのだ。



見てもらうと分かると思います。
キャラメイクが圧倒的にかわいいッス☆

少しだけかじった身としてはキャラメイクの大変さは分かる。
凝って作ろうと思えば時間はいくらあっても足りない。
どうやってこのクオリティの顔を作り上げたのか
思わずうなってしまった。もはや感動的。

そして、注目すべきは「ゆっくり」の使い方。

キャラの声として使われているんです。
もちろんゲームのプレイ動画でもありますから
武器や道具、敵キャラの解説も入ります。
進行についてのアナウンスもあります。
でも基本的には、ゆっくりの声が
「プレイキャラの独白」的に使われているのが
自分的にはかなり新鮮ではありました。

「ゆっくり」については詳しくないのですが
これはイントネーションをいじくることができるんですかね?
この動画内での「ゆっくり」のしゃべり方は
他の動画で聞いたのと少し違う。ような。
微妙に、普通のしゃべり言葉にある
自然なイントネーションに近づけようとしている
努力というか工夫が伺えるのですが、気のせいでしょうか。

つまり、かわいいキャラメイクとゆっくりの声やしゃべくりが
なんかプレイ動画というよりは
「ダークソウルを冒険するドジっ子」的な
世界観を作り上げていて
また違った引き込まれ方をさせられるんですな。
BGMもポップでのほほんとしたものが挿入されているけど
このドジっ子冒険譚としての世界観と合っているし
しかもダークソウル感とも上手に混ざり合っている。
編集センスを感じさせる、違った形のプレイ動画。
これってなんだかすごくないですか?自分だけかなぁ。

ポップ【pop】(名・形動)
①ポピュラー-ソング。ポップス。
②軽妙で洒落ているさま。
③広く大衆に受けられたやすいさま。
                 ー大辞林 第三版よりー
ポップ、なんて使い慣れてない言葉つかっちまった。
おおむね合ってるな、よし。


一応、SL1で呪術師で、全ボス・エネミー撃破といった
プレイ動画としての縛りはある。
でもこの動画はうp主自身に「ロールプレイ縛り」が
ぐるぐる巻きにされている気がして、なんかよいのです。
当時この動画を発見してとても感動しました。
でも何にどう感動したのかはすぐにはわからなかった。
今では、こういうことだったのではないかな〜と
当時の感覚を思い出している。
そして、また見直して確認している状態。ですね。
まあ要するにオススメしたいわけですw

よかったらどうですか?面白いですよ。
投稿者はSAMURAIという方で
投稿した動画はダークソウル2のもあるんです。
投稿順としてはこっちが最初です。
こちらもどうぞ!↓


いやーやっぱキャラメイクすげーわw

なんか長くなっちまったっスが
最後まで読んでくれてありがとうございます!
また書きます。同じように感動した動画がまだあるんです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事