クローン病と戦うブロマガ

クローン病の私がおみやげを貰った時の対処法

2016/05/11 23:30 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • クローン病
  • 闘病記
  • 日記
  • お土産
どうも、水分です。
GWも終わり、一般的には普段通り会社や学校が始まっていることと思います。
皆さんの中にはGW中に旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか。
そして、その土地で買ったお土産を昨日今日あたりで配ると思います。
ちなみに、私は旅行には行きましたがお土産は買っていません。

そんな、お土産1つとってもクローン病には大きな壁となります。
お土産が饅頭や煎餅などなら私も、「うわぁ~!大好物なんです!いただきまーす!」といって包みのまま丸呑みしてしまいところなのですが、
お土産と言ったら大抵



こんなのや



こんなのが多いですよね。
見るからにバター! バター! バター!と言ったカロリー爆弾ですよね。
原材料名を見なくても一番最初にバターと書いてありそうな食べ物を渡されたら流石の私も、白目を剥いて卒倒するしか対処法がありません。

まあ冗談なんですが、人から貰った物を「いえ、食べられません」と断るドグサレ畜生野郎になりたくはありませんからね。
正直に病気なんですというと大抵「え?何の病気何ですか」となり、周りとは違った対応をされるのが嫌なんですよ。
それなら、自らの身を削ってでも周囲と合わせたいんです。
表面的にだけでも、周囲と同じように過ごしたいんです。
苦手なんでと適等に誤魔化してもいいんですが、色々とややこしくなって来ますんでね。

という訳で今日はそんな私が実践している自分の体も世間体も守るお土産のもらい方を順を追って紹介したいと思います。


お土産のもらい方

①貰ったお土産を机の上に置きます。

今回は身近にお土産がなかったので近くにあったカルシウムせんべいで代用します。

②上からファイルや紙を被せます。

この時、作業の邪魔にならないところに移動しておきましょう。


③仕事&談笑


④休憩時間や退勤時間にファイルごとカバンにブチ込みます。




⑤帰って誰かにあげます。

(お気付きかと思いますが、自室の机で行っています。)

どうでしょう。
てじなーにゃでお馴染みの何とか兄弟もびっくりのイリュージョンではないでしょうか。
こうすることで私の健康も世間体も守れるのです。
しかし、周りが食べだして、美味しいと話題がお土産になってしまえばもう食べるしかありませんけどね。
もし、クローン病の同志の方で私はこうやって対応しているという方法があればお聞かせ頂けたら幸いです。

ということで、今日はこの辺で。
それではまた。

コメント

ice_hound
No.1 (2016/05/16 07:49)
職場でぶっ倒れて入院→絶食治療コースをやらかした自分の場合は既に職場の人間に事情が知られているので、特に対処したことないですね。
NG食材の場合はゴメンナサイ、有難うございます、で。
マーガリンやショートニングではなくバター使用のお菓子の場合は、体調が寛解状態なら食べちゃうことも有ります。
当然、含有脂肪量とその日の食事内容を考慮した上ですけどね。
にゃいにゃん
No.2 (2016/05/16 22:03)
私もクローン病ですがそういう時には「ありがとうございます。家族と一緒にいただきます。」と言って貰う→家族に全部あげる、ですね。
写真のような小分け物の場合も「家でいただきます。」で通してますね。
もちろん食べてもOKなものは食べますが。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事