すたいるのブロマガ

【WoWs】全艦船スペック一覧表 V0.5.3.1 (2016.2.26更新版)

2016/02/19 07:01 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゲーム
  • WoWs
  • World_of_Warships


<World of Warships(WoWs)とは?>

Wargaming.net社がサービス中のPC向けの軍艦による海戦ゲーム
9/23より正式サービス開始!


1.アップデート・イベント内容

   アップデート・イベント情報は公式のニュースを確認ください
  (これまでのアップデート情報、2016年3月からのアルペジオコラボイベントなど)

   

 <データからは見えない変更点と所感>

 ●艦長スキルのツリーを含めた見直し。利用しづらかったスキルが変更。
  ・魚雷射程-20%のかわりに雷速+5ktのスキルの追加など。
  ・日本駆逐に煙幕の代わりに積める魚雷リロードを短縮する消費アイテムの追加。 
  ・モジュールが壊れても半減で機能する最後の抵抗スキルがLv4→Lv2へ
  ・軽巡洋艦は上級射撃スキルでの20%射程延長の対象外へ
   → 全艦長の艦長スキルが振り直しができるように強制リセットされた。 

 ●アップデート所感
  ・艦長スキルと消費アイテムの変更に伴う駆逐強化(特に日駆)
  ・軽巡洋艦の艦長スキルによる長射程を制限し、バランス調整。
  ・上位tier戦艦の副砲強化。
  ・全艦載機の速度上昇と砲艦の対空変更に伴うバランス調整。
   (攻撃回数を増やして、その分、対空を上昇)
  ・米空母の雷撃中隊減少・爆撃機強化によるバランス調整。
   (上位tierの弱体化、爆撃強化で調整)

   → 順当なバランス調整と思われます。(ソ連の課金艦優遇は変わらず)

 
 ●その他
  ・ランダム戦で熟練者と初心者の内部レーティング?でマッチの振り分け。
  ・エイムアシストなどの禁止modの利用不可対応
  ・チーム戦の開始(7vs7戦。実施可能な時間に縛り有。Eloレーティングの採用)

  → eSports化してプレイヤーを増やしたいんでしょうね。
    ただ、今のままではタンク役の戦艦が前に出ずとも長距離で火力が出せるので、
    MOBA・RTSでいうハラス(嫌がらせ)の積み重ねで試合が動き、
    見どころとなる派手なぶつかり合いがないから配信受けしないのかなと思ってます。


 ●Eloレーティングについて
  ・チェスで採用されている方式。ゲームでもLoL、ポケモンなどの対戦ゲームで採用。
  ・一般的には1500から勝つと上昇していき、1800で上級者、2100越えでプロレベル。
   レーティングが300違うとまず勝てない。
  (WoWsチーム戦は4000からなので上下動の幅が広そう。2.6倍すればいい?)
  ・格下に勝ってもレーティングはほぼ上がらないが、負けるとごっそり下がる。
 
  → 腕の差が明確になるので順位をつけるには非常に優れたやり方。
    ただ、チーム戦でもレートによる褒賞の優劣がないため、
    わざと負け続けて弱いレートで稼ぎをするチームが出ると問題になる。


2.「艦船 スペック一覧表について」

  データを見て艦船ごとの得意不得意を探すのにご活用ください。

  google docを使っているので、 
  データ→フィルタ表示→1時的なフィルタ作成で絞り込みできます。 

【WoWs】艦船 スペック一覧表 V0.5.3.X版はこちら

 データ量が膨大になったので1人では管理しきれず、今後の更新を行わない予定です。
 フォーラム・wikiなどで、このデータを引き継いで管理してくださる方をお待ちしてます。


 <今回の更新内容 2016.2.19>

 ・Mikhail Kutuzov: 発射速度7.5 発/分、射程距離19.1 km、砲塔旋回速度7.2 度/秒
 ・Albany: 射程距離8,470 m
 ・Farragut: 船体 B 対空機銃が減少し、主砲塔が追加 (主砲塔数 = 5)
 ・技術ツリーの航空機を変更(おもに速度増加)。
 ・航空母艦 Midway と Essex の攻撃機の編成 雷撃機中隊1つを急降下爆撃機中隊に変更。
 ・航空母艦 Lexington のデフォルト編成から戦闘機中隊 1つを削除。
 ・航空母艦 Lexington、Essex、Midway の爆撃機の攻撃力を 30% 増加。
 ・パッチノート未記載 航空母艦 Langreyに爆撃機1中隊追加 111編成に
 ・駆逐艦 Tachibana: 砲撃時の被発見距離が減少
 ・艦長スキルの上級射撃は139mm以下が対象となり隠ぺい射撃の対象から軽巡が除外。

 <16.2.29更新> 
 ・対空砲の変更:
対空範囲・対空砲座数の見直し(0.5.3.0の未更新分)
   下位・中tierで対空範囲が狭かった艦=2km→3kmに増加。
   tier5~8で対空範囲が5kmの日本を除く多くの艦が弱体化。
   (米駆逐は砲座数の減少、米独巡洋艦は4.2~4.5kmに対空範囲減少。

    陽炎を除く日本の駆逐・巡洋艦は防空艦の色合いが強くなった。)   



   古鷹の対空範囲4.5kmまで増加(残念対空がまともになったよ!)
   陽炎の主砲が対空との両用砲になっていないのはミスなのか狙いなのか。
更新をやらないやらない詐欺ですが、今回もがんばりました。
あ、そうそう新シートに移行してます。
毎度おなじみ開発からアナウンスのない変更があるかもしれません。

 注意点
  副砲・対空砲は大抵の艦が口径・砲門数・射程違いで数種類づつ持っており、
  砲数が減ったように見えて大口径に置き換わっていたりするので注意。
  また主砲でも2種類ある場合があり、米巡オマハで砲門数1.25ととりあえず表記 

  各データの優劣の色づけは閲覧される方に分かりやすいようつけたつもりですが、
  全体に対してだったり、同じtierとの比較だったりとまちまちです。



3.WoWsの基本事項・船種ごとの特徴

 公式フォーラムの隠ぺいに関する記事を一読してみてはいかがですか?
 公式フォーラムのダメージに関する記事も参考になります。

・砲撃しなければ海のど真ん中でも海面発見距離までは見つからない(駆逐は6km程度)
 砲撃後は隠蔽距離が変わるので相手が撃ってくる可能性を考えた回避行動は必要。

・MAP画面の自分を中心とした○が砲撃距離。発見距離の目安に。
 データをしっかり暗記しておけば不意打ち・射程勝ちも狙えます。

火災発生率
  【防御側】tierごとのベース発火率*(1-(ダメコンmod1+艦長スキル 防火処理)
                  *(攻撃側】砲の発火率+爆発物専門家スキル)

  tierごとのベース発火率
   Tier 1=1.0
   Tier 2=1.0
   Tier 3=0.9667
   Tier 4=0.9001
   Tier 5=0.8335
   Tier 6=0.7669
   Tier 7=0.7003
   Tier 8=0.6337
   Tier 9=0.5671
   Tier 10=0.5005
 
 スキルの防火処理はtier上位だと効果が半減するため、他のスキルのほうが有用。
 一方、爆発物専門家はUS DDなど砲の発火率が低い艦で有用。1.5倍以上の効果に。
 

開発からのQ&A回答(適当意訳版)

煙幕の範囲がわかるmod
  ロシアの開発者さんが作成されたmod。差がつくので公式に実装してほしい。

フォーラムで示されているmodガイドライン
 「Same rules apply as tanks,
   anything that provides a distinctive advantage over non-mod users」 
 「Aim assist, eye of sauron mod, things like that. 」
 (訳「ワールドオブタンクスとおなじルールで、
        mod使ってないユーザーに比べて特に有利になるmodは禁止。」
                      「エイムアシスト、透視系など。」)


本文には予告なく改訂が入りますのであしからず。


コメント

seran
No.1 (2016/02/19 19:59)
おつかれさまです。

いつもの更新をやらないやらない詐欺ですね。。
すたいる (著者)
No.2 (2016/02/19 20:34)
>>1
ありがとうございます。
どうにかこうにかゲームを楽しめてるので更新を続けられてます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事