すたいるのブロマガ

【WoWs】日本 巡洋艦 スペック早見表 V0.30

2015/04/26 00:40 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • WoWs
  • World_of_Warsips
<World of Warships(WoWs)とは?>
Wargaming.net社が開発中のPC向けの軍艦による海戦ゲーム
2015/4/23現在 クローズドβテスト中





1.「日本 巡洋艦 早見表について」

駆逐艦キラーの巡洋艦について勉強しておこう!
というわけで、データを一覧で作ってみました。

<日本巡洋艦 スペック 早見表>


注1:発見距離は敵に見つかる距離(被発見距離)
   発砲していなければ山などに隠れていなくても敵から見えません。
注2:装備は初期状態と最大研究状態を基準に載せています

プレミア艦でスペックが分からないところがあったのと、

間違いなどありましたらお気軽にコメントください。

<所感>
・CA(重巡)は索敵機に発見されやすい。
CA(重巡)は駆逐などに見つかっていなければ、
 射程が長いので初弾を撃つまで見つからずに行動できる。
 有利な状況から相手の不意を付いて初弾をあてにいける。

・プレミアムの夕張は下位tierでは対空お化け。実験軽巡なので砲性能は貧相。
・最上との差がはげしいので青葉がしんどいtierなのかな


<おまけ 軽巡と重巡の違いをおおざっぱに解説

当時、軍縮のため条約により砲サイズと排水量で軍艦保有数が制限されていました。
 艦これをやっている方ならピンとくると思いますが、 
 CL 軽巡洋艦:主砲サイズが155mm(15.5cm)以下
 CA 重巡洋艦:
主砲サイズが155mm超過~203mm(20.3cm)以下

・日本は来る日に備えて装甲を犠牲に制限一杯の武装をつむ設計を推し進めていました。
 tier7の最上型、未実装の利根型は203mmへの載せ替え前提で建造をしており、
 登録上は軽巡ですが設計は巡で行われた艦もあります
・アメリカは開戦後、制限なんか関係ねーって日本の1.5倍の排水量のデモイン級を建造。

大きく異なるので開発側はtierごとのバランスを取るのが非常に難しそう。


本文には予告なく改訂が入りますのであしからず。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事