ストーリー解析ブロマガ

【ストーリー解析】キルラキル 第12話「悲しみにつばをかけろ」

2013/12/22 23:25 投稿

  • タグ:
  • ストーリー解析
  • キルラキル
  • アニメ
  • ニコニコ秋アニメ2013

キルラキル第12話「悲しみにつばをかけろ」のストーリー解析を行う。→前回 →次回
記事一覧

■評価
★★★ スタンダード


[ニコニコ本編]http://www.nicovideo.jp/watch/1387532180

■総評
第12話は、一身殺害の回想と、流子の暴走回。今までの暴走フラグ通り、流子が暴走し、事態は深刻な局面を迎える。その後、皐月やマコの尽力によって、流子はなんとか正気を取り戻すが被害は甚大だ。正気を取り戻すきっかけはマコの友情によるものだが、もっとダイナミックな展開があっても良かったかもしれない。久しぶりに皐月の介入があり、盛り上がった。

■基本情報
原作 TRIGGER、中島かずき
監督 今石洋之
脚本 中島かずき
アニメーション制作 TRIGGER
->Wikipedia

■登場人物
[主人公]
  纏 流子(まとい りゅうこ) - 小清水亜美
  神衣・鮮血(せんけつ) - 関俊彦
[ヌーディストビーチ]
  美木杉 愛九郎(みきすぎ あいくろう) - 三木眞一郎
  黄長瀬 紬(きながせ つむぐ)- 小西克幸
[満艦飾家]
  満艦飾 マコ(まんかんしょく まこ) - 洲崎綾
  満艦飾 又郎(まんかんしょく またろう) - 藤村歩
  満艦飾 薔薇蔵(まんかんしょく ばらぞう) - 堀内賢雄
  満艦飾 好代(まんかんしょく すくよ) - 福井裕佳梨
  ガッツ - ?
[本能字学園生徒会]
  鬼龍院 皐月(きりゅういん さつき) - 柚木涼香
  蟇郡 苛(がまごおり いら) - 稲田徹
  猿投山 渦(さなげやま うず) - 檜山修之
  犬牟田 宝火(いぬむた ほうか) - 吉野裕行
  蛇崩 乃音(じゃくずれ ののん) - 新谷真弓
[執事]
  揃 三蔵(そろい さんぞう)- 野島昭生
[リボックス社]
  針目 縫(はりめ ぬい)- 田村ゆかり

■ドライバー分析
第12話のメインドライバーは2つ。

①針目が一身を殺した真相を話す(P)
②煽られた流子が暴走し、それを皐月やマコが止める(E-G)

また、サブドライバーとして、

③美木杉と黄長瀬が事態の収拾を図る(G)
④皐月が流子に秘密を知っていることを教える(P)

などがある。
メインストーリーは分かりやすく、暴走させられた流子を正気に戻すというストーリー(②)。少し意外だったのは、マコが最終的に流子を止めるというところで、危険極まりない流子を止めたのはすごい。シリアスなのかギャグなのか分かりづらいのはいつものことだが、マコの立ち位置は相変わらずである。
別の手段として、ライバル関係にある皐月が止めるという展開も考えられる。

[どんなシリアスな状況でも、突破力のあるマコ]

■補足

①片太刀バサミの女の回想をめぐる謎
今回、針目と一身のやり取りが回想で明らかになった。そこで、針目は断ち斬りバサミの片割れを確かに手にいれたようだ。となると、カラーリングが違ったのは、単に自分色に塗りなおしたからなのかもしれない。
また、流子の回想での状況やシルエットと、針目には若干のズレがあるが、どうもそれは流子の記憶違いでだったようだ。となれば、単に演出の問題で、現場には針目しかいなかったということなのだろうか。針目の「待ってれば良かった」というセリフは、流子の回想と一致しないがあまり気にしないほうがいいかもしれない。

[一身の取り出した断ち斬りバサミ(上)と針目のハサミ(下)]

■残された伏線

①一身が殺された理由とは?
針目によれば、一身は神衣を開発し、タブーを犯したのだという。それは生命繊維の秘密に関係することであろうが、タブーというのはどういう意味だろうか。
一つは、リボックス社が押さえている生命繊維の秘密と関係しているもので、そこに踏み込んではならないという意味。もう一つは、服生命体(仮)を服に取り込むという、服生命体的な倫理を破ったという意味が考えられる。どちらにせよ、一身の研究がリボックス社にとっては脅威になるため一身は排除されたのだろう。

皐月は流子に、一身から断ち斬りバサミを奪うように針目に命じたのは自分だと告げた。しかし、それは一身が殺されることとイコールではない。最終的に皐月が悪役とはあまり思えないため、そこら辺にはもう少しまだ語られていないことがあるのかもしれない。

②皐月は流子を保護したい?
針目に本能字学園への立ち入りを禁止した皐月。そこには、流子を自分の手のうちに置いておきたいという意図が感じられる。皐月は流子にそれを直接言わず、秘密というエサで流子を手元に引き留めている。
傷を負った流子にとって、針目の脅威の及ばない本能字学園は、静養するには恰好の場所である。皐月は、襲学旅行を計画し、流子に「指を咥えて見ていろ」と煽ってはいるものの、「静養しろ」という風にも聞こえる。

[皐月は流子に決して止めを刺さない]

③三都制圧襲学旅行とは?
第5話の美木杉のセリフによれば、皐月の全国学園支配が及んでいないのは関西だけらしい。今の時期に全国統一するのにどのようなメリットがあるのかはよく分からないが、新キャラとかもでてくるのだろうか。現実の日本には三都も無いので、そのあたりも気になる。
実は皐月様は修学旅行がしたいだけ!?

④鮮血はなぜ大人しいのか?
今回暴走した流子は、生命繊維の破壊衝動に飲み込まれたのだという。針目は、それを生命繊維らしいとも言っており、また皐月の純潔が暴れていたことなどからも、生命繊維が本来的に破壊的であることが分かる。服に飲み込まれて怪物になるというのは、この現象を指していたのだろう。(ただし、もっと危険になる可能性はある。)
しかし、危険とされる生命繊維の中でも、鮮血は妙に流子と意気投合し、優しく理性的である。鮮血は服生命体(仮)の中でも何か特別な存在なのかもしれない。今のところ喋るのも鮮血だけであり、意識を保たせているものは、誰かから移植された魂か何かなのかもしれない。

[暴走し怪物化した鮮血]

⑤流子と皐月が衝突した際の光は何か?
暴走した流子と皐月が衝突した際、生命繊維の光の宇宙のような空間が現れた。これは単なる演出だろうか?もしかすると、なにか秘密があるのかもしれない。

[生命繊維の衝突により生み出された空間]

また、前回に引き続き、

⑥針目縫とは何者?
⑦針目を送り込んだ羅暁の狙いとは?
⑧羅暁の背中の傷は何?
⑨皐月はやはり反逆しようとしている?
⑩神衣は“進化”する?
⑪リボックスが目指すのは究極の進化?
⑫一身が流子に伝えようとしたこととは?
⑬一身が流子を呼んだ理由は?
⑭キヌエとは何者なのか?
⑮皐月の母羅暁の企みとは?
⑯服に飲まれたキヌエはどうなったのか?
⑰黄長瀬の美木杉に対する“借り”とは?
⑱皐月の野望とは何か?
⑲神衣や生命繊維の秘密とは?
⑳皐月の父はどうなった?

などの伏線が残されている。

■おまけ

今週のベストショットはケツ丸出しで戦う皐月様です。
[さすがに丸出しとしか言いようが無い!]
<さすが、皐月様……
[蟇郡『お前は服を着ろ』]

■ストーリー詳細

E(前回回想)猿投山を瞬倒した針目縫は、片太刀バサミを取り出し、流子に一身を殺したのは自分だと告げる。

G 激昂した流子が針目を攻撃するが、針目には通じない。
P 針目は一身が神衣を作り、タブーに触れたという。

E 興奮する流子に鮮血が警告する。

E 針目が鮮血の絆糸を切る。
G だが、鮮血はそれに耐える。

(回想)

E 纏家地下研究所。一身に襲いかかる針目。
E 一身もそれなりに対抗するが、針目の攻撃は止まらない。

G 一身は、断ち切りバサミを取り出し、針目に対抗する。
G 戦闘の最中、流子が騒ぎを聞きつけて駆けつける。
E その瞬間、一身は針目の左目を切り裂くが、逆に激怒した針目によって致命傷を与えられてしまう。

(回想おわり)

E 針目がさらに流子を挑発し、流子はさらに怒る。
E それに耐えられず、鮮血がついに暴走し始める。

G 危険を察知し、皐月が闘技場に降りる。

G 観戦していたマコも危険を感じ流子の元に走る。

G 遠くから観測していた美木杉は膠着弾による狙撃を行うため、黄長瀬に流子の動きを止めるよう頼む。

G 皐月は四天王に生徒の非難を支持し、自身は変身する。

G 直接試合を見ようとやってきた満艦飾家のオート三輪にマコが乗り込む。

E 暴走し針目を追い、破壊を繰り返す流子。
G そこに紡が現れ、ジャミング弾を流子に浴びせかける。
E しかし、針目が間に入り、思ったように効果をあげられない。

GE 特殊膠着弾で狙撃を狙う美木杉。しかし、流子に気がつかれてしまう。
G 紡が闘技場を爆破し、流子の足を止める。

P 皐月は針目をけん制し遠ざけようとする。
G 皐月が流子に目を覚ますよう呼びかけるが、反応が無い。

G 皐月は流子にトドメを刺すといい、攻撃を開始する。

G 皐月と流子が本気で衝突しようというその寸前、マコが飛び込み流子を制止する。
EG 針目が邪魔をするマコを排除しようとするが、皐月がそれを止める。

G マコの声が流子に届き、流子が意識を取り戻す。

P 美木杉と黄長瀬は胸を撫で下ろす。

G 皐月は針目に今後本能字学園に手出ししないように命令する。

(数日後)

P 皐月は流子に針目に一身から断ち切りバサミを奪えと命令したのは自分だという。
P また、皐月は、一身が殺された理由、神衣、生命繊維の秘密を知っているという。

EG 流子はそれを聞き出そうとするが、ダメージが癒えておらず勝負にならない。

L 皐月は、今まで四天王と流子を戦わせることで極制服の最終調整をしていたといい、一週間後、本能字学園の全国支配に向けて西の対抗勢力を潰す「三都制圧襲学旅行」を行うと宣言する。

(つづく)

次回に続く。

→前回
→次回
記事一覧

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事