ストーリー解析ブロマガ

【ストーリー解析】キルラキル 第9話「チャンスは一度」

2013/12/01 19:04 投稿

  • タグ:
  • ストーリー解析
  • キルラキル
  • アニメ
  • ニコニコ秋アニメ2013

キルラキル第9話「チャンスは一度」のストーリー解析を行う。→前回 →次回
記事一覧

■評価
★★ ウィーク


[ニコニコ本編]http://www.nicovideo.jp/watch/1385691799

■総評
第9話は蟇郡戦。塔首頂上決戦の第一試合で、単に戦うだけのストーリー。場面の移り変わりも少なく、回想もあまり機能していないため、ストーリーの強度は低め。もう少しエモーショナルラインを強化して、戦うことに意味を持たせないと単なる消化試合に見えてしまう。あるいは、伏線を強化するという方法もあるし、一話の内容としては若干物足りない。あと3戦もこういう戦いが続くとしたら勘弁である。

■基本情報
原作 TRIGGER、中島かずき
監督 今石洋之
脚本 中島かずき
アニメーション制作 TRIGGER
->Wikipedia

■登場人物
[主人公]
  纏 流子(まとい りゅうこ) - 小清水亜美
  神衣・鮮血(せんけつ) - 関俊彦
[ヌーディストビーチ]
  美木杉 愛九郎(みきすぎ あいくろう) - 三木眞一郎
[満艦飾家]
  満艦飾 マコ(まんかんしょく まこ) - 洲崎綾
  満艦飾 又郎(まんかんしょく またろう) - 藤村歩
  満艦飾 薔薇蔵(まんかんしょく ばらぞう) - 堀内賢雄
  満艦飾 好代(まんかんしょく すくよ) - 福井裕佳梨
  ガッツ - ?
[本能字学園生徒会]
  鬼龍院 皐月(きりゅういん さつき) - 柚木涼香
  蟇郡 苛(がまごおり いら) - 稲田徹
  猿投山 渦(さなげやま うず) - 檜山修之
  犬牟田 宝火(いぬむた ほうか) - 吉野裕行
  蛇崩 乃音(じゃくずれ ののん) - 新谷真弓

■ドライバー分析
第9話のメインドライバーは2つ。

①流子が鮮血と協力し蟇郡を倒す(E-G)
②蟇郡の過去の回想(P)

サブドライバーとしては、

③満艦飾家の面々が試合を観戦する(P)

などがある。
ストーリーは極めて単純で、流子が蟇郡を倒すだけである。戦闘の内容としては、蟇郡の極制服の色々な攻撃パターンや、鮮血の新しい変身「鮮血閃刃」が披露されるものの、感情的にはあまり盛り上がらない。
また、蟇郡の覚悟を示す過去の回想も、現在の文脈の中ではあまり機能しておらず、全体としてエモーショナルラインがはっきりしない。
今のままだと、単なる風紀委員とヤンキーの戦いみたいになってしまっているので、もう少し、蟇郡や流子のシリアスな感情を描いた方が、良い試合になった気がする。(例えば、四天王の覚悟や、流子が戦う理由など。)
あるいは、ストーリーを強化するために、皐月の真意や計画をチラ見せするなどして、別の計画が進行中であるコトを強調するという手もある。
何にせよ、ただ戦うだけではストーリーの強度が足りない。

■残された伏線

①鮮血閃刃のような変身は諸刃の剣?
鮮血閃刃を見た美木杉の反応は、神衣の危険性を示唆しているようにみえる。もし、神衣に何か危険な生き物が封じ込められており、使い方を誤れば、服に飲み込まれてしまうという設定なのであれば、美木杉の反応はうなづける。今のところ、鮮血は非常にいいやつだが、鮮血閃刃には何やらビーストモード的な荒々しさがあり、危険な感じがする。
神衣の力を引き出すことと、暴走リスクは表裏一体であり、神衣は諸刃の剣なのだろう。

[鮮血閃刃。棘の刃が禍々しい]

②皐月が蟇郡を救った理由とは?
壊惨総戦挙や塔首頂上決戦の目的が、次の展開を見据えた上での戦力増強だとすれば、皐月は蟇郡を失うわけにはいかない。やはり、流子を倒すことが目的ではないようだ。

また、前回に引き続き、

③一身が流子に伝えようとしたこととは?
④一身が流子を呼んだ理由は?
⑤一身を殺した犯人は誰か?
⑥片太刀バサミの女とは何者か?
⑦キヌエとは何者なのか?
⑧皐月の母羅暁の企みは?
⑨服に飲まれたキヌエはどうなったのか?
⑩黄長瀬の美木杉に対する“借り”とは?
⑪皐月の備える“実戦”とは?
⑫皐月の野望とは何か?
⑬神衣や生命繊維の秘密とは?
⑭皐月の父はどうなった?

などの伏線が残されている。

■おまけ

今週のベストショットはさりげなく縮尺のおかしい中学校時代の蟇郡くんです。

[巨人かwwwww昔のジャンプ漫画を彷彿とさせる]


[我が生涯に一片の悔いな~~~し!]

■ストーリー詳細

E 塔首頂上決戦の順序が、蟇郡、犬牟田、蛇崩、猿投山の順に決定される。
P 四天王を全て倒せば、皐月が流子の父の死について教えてくれるらしい。

P 午後1時からの試合は大々的にTV放映されるようだ。
P 満艦飾家では、さっそくTVの調達を始める。

P 中庭。流子は好代の弁当で腹ごしらえをしている。
P そこに、美木杉がやってくる。

P 美木杉は、四天王との連戦はリスクが大きいので棄権しろという。
P 流子はそれを断る。

E 午後1時、蟇郡との試合が開始される。
P 気合を入れる流子だが、鮮血は何か考え事をしているようだ。

E 蟇郡はさっそく三つ星極制服、縛の装に変身する。
GE 流子は攻撃をしない作戦でいこうとするが、蟇郡は自分で自分を痛めつける「自縛自爆」を使い、死縛の装に変身し、流子を攻撃する。

GE 仕方なく正攻法で攻める流子だが、縛の装の表面は生命繊維以外の素材で出来ており、片太刀バサミが通用しない。

P 満艦飾家の面々は、電気屋の街頭テレビで観戦している。

(回想)

P 輪廻堂中学校、卒業式の日。蟇郡は力で学校を支配しようとする皐月に勝負を挑む。
L 力の差は歴然であったが、蟇郡は皐月に屈服しない覚悟を見せる。
L 皐月は、その覚悟を気に入り、蟇郡を新しい学園での配下に加えることにする。

(回想おわり)

E 蟇郡に圧倒された流子は懸命に抵抗するが、蟇郡はさらにパワーアップして流子を襲う。

E 流子は片太刀バサミを弾き飛ばされ、さらにリングで拘束される。
E 流子は蟇郡の型にはめる攻撃をくらう。

G ピンチになる流子だが、鮮血にはある策があるという。

E 変身解除の力を利用し何とかリングから抜け出す流子だが、蟇郡は攻撃の手を緩めない。

G さらに攻撃される流子だが、流子と鮮血は蟇郡の鞭にしがみつき、縛の装に自ら取り込まれる。

EG そのまま閉め落とされそうになる流子だが、流子は鮮血と共に刃を持つ姿“鮮血閃刃”に変身し、縛の装を中から切り裂く。

G 流子は、片太刀バサミを回収し、蟇郡を倒す。

P 観戦していた美木杉は感心しながらも素直には喜べないと言う。

EG 敗れて、自害しようとする蟇郡。それを皐月が止める。

E 蟇郡を倒した流子の前に、次の対戦者犬牟田が降り立つ。

(つづく)

次回に続く。

→前回
→次回
記事一覧

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事