ストラのブロマガ

【読書】『十四歳の遠距離恋愛(嶽本のばら)』読みました

2015/03/29 16:41 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
季節が冬から春に移り変わる感じとか、兄が結婚式挙げたとかで最近emotionalな気分になっています、ストラです。
イモーショナルです。

最近読んだ小説の『十四歳の遠距離恋愛(嶽本野ばら:著)について。

感想



誰とも違う自分でいたい、でも皆と足を揃えないとめった打ちにされる、といった時期に、ロリータに憧れる女の子とマンガでしかいないような出で立ちをした古風な男の子が、ふとした出来事から付き合いだして、でもしばらくしてから遠距離恋愛に…というお話です。
この全く人から違って浮いている上に、当人同士も全く異なる2人が、好きなものや好きな人に対してあれこれ思いを巡らせたり、行動したりというのが、純粋だなぁ良いなぁ、とほっこりしておりました。

最後のオチは、「まぁそうなるわなぁ」と思うものでしたが、同時に自分がその時にそういう立場だったら「私」同様激しく憤ってたに違いないとも思い、「大人の自分」はいながらも、「中学2年の自分」がまだ自分の中にいるのだなぁ、と感じました。
中学2年の時なんて、誰かが付き合っていようものなら一瞬で話題が広がるし、「男女交際をしている人は別の優れた人種なんじゃないか」と、男女交際とは最も離れた存在であった中学2年の自分は、同級生や兄に対して思っていましたが、だからこそ、そういう純粋な気持ちが残っているのかもしれません。
ただ最後の締めは、少し納得行かないというか、性別の違いかなーとも感じました。

また、お話の舞台は名古屋、時代は2000年とウラ表紙にあり、その頃少しずつ普及し始めていたインターネットの描写が、当時の自分を思い出すのに役立ったりしました。
あとは、好きなブランドについて、また遠距離恋愛が始まった後にどうやってお互い会うか苦心するところの描写、というか説明文があまりに真剣でかつ細かくて、滑稽で笑ってしまうくらいでした。

爽やかでエログロ要素は無し」と前評判で聞いていたので、次は短篇集を読んでみようかと思います。
グロとか暴力描写は苦手なのですが…頑張ります。

きっかけ

そもそもこの本を読むきっかけは、
「コンプレックス・エイジ面白い」→
「生まれ変わったらゴシックロリータの似合う女の子になりたい」→
「ゴシックロリータと言えば映画の下妻物語が第一印象にある」→
「あれ書いた嶽本野ばらって何書いてるんだろう」
とTwitterで垂れ流していたら、氏の著書をいくつかお薦めいただきまして、その中から割とライトなものをまず読んでみよう!というものでした。
ありがとうTwitter。

ゴシックロリータって、ほぼ10割自分のためにするファッションですし、また近年自分がドハマリしているアイドル声優の上坂すみれさんがアップされている「BABY, THE STARS SHINE BRIGHT」の服がとにかくかわいくてですね。
また、『コンプレックス・エイジ』というのはマンガ作品で、連載版はコスプレを扱ったものなのですが、もともとは賞に投稿されたものをWebで公開されたものがあり、そこではゴシックロリータを扱うお話でした。
これがまた非常に素晴らしいので、是非一読をお願いしたいです。
ファッションが好きな人だけではなくて、「とにかくこれが好きだ!」っていう趣味がある人には、凄くグッと来る話なんじゃないかな、と思います。
コンプレックス・エイジ/佐久間結衣 コンプレックス・エイジ 【第63回ちばてつや賞入選作品】 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

もちろん連載版もお薦めです!
最新は3巻まで出ていて、そこではクリプトンのVOCALOIDコスプレなんかもありますんで是非是非。


最近しばらく読書はご無沙汰だったのですが、久しぶりにやると頭にイメージが浮かんでくる体験はなかなか楽しいですね。
今後また少しずつやっていこうかと思います。

ではでは。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事