ストラのブロマガ

【買い物レビュー】一部で話題のVAPEことリキッド式電子タバコ、eGoのWolfteethを買いました(訂正)

2016/10/15 00:32 投稿

  • タグ:
  • レビュー
  • 電子タバコ
  • VAPE
9月の暑さから一転、すっかり涼しくなりましたが、皆様風邪など引いてはおられませんでしょうか。
こんばんは、ストラです。

近年の日本では、公共施設での全面禁煙や、飲食店での分煙が進んでいるように思っておりましたが、2020年開催の東京オリンピックに向けて、建物内の原則禁煙を進めていくようです。
厚労省が飲食店など建物内の原則禁煙を検討 喫煙者は反発「タバコくらい好きに吸わせろや」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2441965
一方、吸っても外に有害な煙が出ず、水蒸気の煙が出るだけの加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」が今、各所で品切れが発生するほどの人気も出ています。
iQOSらしきものを吸ってる人、度々見かけますね。
加熱式たばこiQOSって美味しいの? 原宿のオシャレな専門店で初体験
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1966240
と、タバコに関するあれやこれやで盛り上がってる昨今ですが、今日はタイトルにある通り、リキッド式電子タバコを買って吸ったレビューです。
ちなみに買った理由は、「禁煙や減煙のために!」とかでは一切なく、「家にいる時につい食べてしまうお菓子を減らせそう!」と思ったからです。
このリキッド式電子タバコは、「香りの付いた液体を水蒸気にして、それを吸い込んだり吐き出したりすることで香りを楽しむ」というもので、その代わりになるかなー、と。

しかし、電子タバコというと、先程話題に上げた加熱式タバコのiQOSと混同しがち。
海を越えてのイギリスでは、この電子タバコを「VAPE(ベイプ)」と呼んでいるんだそうです。
The Oxford Dictionaries Word of the Year 2014 is ‘vape’
http://blog.oxforddictionaries.com/2014/11/oxford-dictionaries-word-year-vape/
一時の流行語にもなっていたみたいですね。

で、今回買ったVAPEは、恐らくお値段からレビューが多いと思われる、「WOLFTEETH」という電子タバコです。


持ち運び用のケースは、メガネケースと同じくらいの大きさで、その中に本体が2本、ストラップにUSBでの充電器が付いて2000円弱でした(ニコニコ市場にあるのは微妙に2000円超えてるのしかなかった)。


大きさを近くにあったCDケースと比較しました。ケースの縦より少し大きいくらいです。

なお、今回買った本体にはリキッドが付いていないため、別途買う必要がありました。1本1000円くらい。レビュー数が多かったBI-SOのグリーンアップルメンソールを試すことにしました。

本体と合わせて試してみるのに3000円ちょっとなので、そこまでお高めではないかなー、という感じです。

VAPEは、「アトマイザー」というリキッドを入れて水蒸気にする部分と、「MOD」というバッテリーとアトマイザーに熱をかける部分からなっています。
アトマイザーにリキッドを入れて、MODを充電したら準備は完了。電源を入れた後にボタンを押しながら吸い込みます。(吸い方間違えてたんで訂正しました)
普通のタバコを吸ったことがないので分からんのですが、しっかり吸い込まないと口に水蒸気は入ってきませんでした。

が、これで息を吸って吐き出すと、目の前が見えなくなるくらいの煙がふわーっと出てきます。
と同時にリキッドの香りが、口・ノド・鼻とそれぞれ伝わってきて、なかなかいい感じです。

リキッドの香りはグリーンアップルメンソールでしたが、実際はメンソールの涼しくなる感じが強く、その後にグリーンアップルの香りが分かる感じでした。
本来の目的はお菓子の代わりに使うということだったので、メンソールの香りがあるものは避けて、もっと甘いものを試してみようかな、と考えています。
色々試すとなると、少しずつ出費が増えていきそうですね…。

実際にVAPEを試してみて、「タバコの代わりになるか」というと分かりませんが、「口寂しさを紛らわすにはガムと比べて口が疲れないし、選択肢の1つかな」と思いました!
一度試すには手頃な値段だと思うので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか!

ではでは。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事