『なんのために、その手はあるんだ』

刀剣乱舞でヴァンガード復帰云々「初心者向け(?)デッキ案其の壱」

2015/07/13 06:00 投稿

  • タグ:
  • TCG
  • ヴァンガード
  • 刀剣乱舞
  • デッキレシピ的な何か

 やっほほーい! 日谷さんです。

先日の記事を書いた後に、似たようなコンセプトで書かれた記事(しかも、現役プレイヤーが書いたものなので僕が書いたものよりも正確)を発見してしまい、凹んだりもしております。
刀剣乱舞ブースターの発売まで一週間切ってますものね……。そりゃ、もっと早く情報伝達はされてますよね。

だので、今回は実際に発売されたらこんなデッキを組んでみようかなというのを愚考しました。
一応簡易な解説も含めるので、初心者向けでもあるかもしれません。
経験者の方は優しく「それはどうかな?」とご指摘頂けると幸いです。

注意点といたしまして、ヴァンガードというゲーム面からの評価です。
愛に欠けています。

あ、デッキ構築に関するルール云々には触れませんので、そちらもご注意くださいませ。
そういうのを知りたい方は、この記事で掲載した動画を視聴なされると良いのではないでしょうか。







◆刀剣乱舞デッキ案其の壱


Gユニット 0枚


グレード3 7枚

蜻蛉切(RR) 4枚
山伏国広(C) 3枚


グレード2 12枚

大和守安定(C) 4枚
へし切長谷部(C) 4枚
大倶利伽羅(C) 4枚


グレード1 13枚

厚藤四郎(R) 4枚
堀川国広(C) 4枚
にっかり青江(C) 3枚
骨喰藤四郎(C) 2枚


グレード0 18枚

加州清光(R) 2枚
五虎退(C) 4枚
小夜左文字(C) 4枚
薬研藤四郎(C) 4枚
秋田藤四郎(C) 4枚







◆解説(言い訳)


 経験者の方に滅茶苦茶怒られそうなデッキになりました。

が、考えなしに組んだわけではないのです。ちゃん愚考があるのです。

「安価で組めそう」というテーマ・コンセプトが!

Gユニットが0枚なら、8枚分安く済むでせう?





《三日月宗近》とか、絶対高くなりますもの。その入手を前提にデッキ案を考えたくなかったのです。

以下、個別解説。





キーカード《蜻蛉切》

「Gユニットが0枚でも戦える」がコンセプトなので、「Vの時に強いカード」ということで《蜻蛉切》をメインに据えます。

《蜻蛉切》は攻撃的な効果と防御的な効果を併せ持っているので、非常に使いやすいと思います。

以前書きましたが、ヴァンガードは最終的に11000のカードを仮想敵とし、効率良く手札を減らせるようにカードを配置します。
その計算を崩せるという点で、《蜻蛉切》の防御能力は無視できません。
将来的にGユニットを投入するにしても、採用候補にはなるカードだと愚考しています。

それ故に、もしかしたらちょっとお高いカードになるかもしれないという危惧もあります。





《山伏国広》

自身の効果により、18000ラインの構築が簡単なので、相手も《蜻蛉切》を使用してきた場合に優秀なカード
また、誉を使うことで場からいなくなる代わりに、手札を1枚増やすので、詰め切れない時に助かることもあるかもです。
パワーが10000とやや頼りないので、Vに出すことがないよう願いましょう。







《へし切長谷部》
後列にいるユニットを攻撃できると、例のライン云々を崩せる可能性があります
インターセプトも相まって、このカードは非常に防御向きなカードです。
所謂『完全ガード』を投入していないため、少しでも防御向きなカードは増やしておきたいところ。







《大和守安定》
パワー増加に手札増加と、使いやすいカードだと思います。
Gユニットがない関係で、グレード3のカードを捨てやすいという副次的な強さもあります。
また、FVが《加州清光》なので、採用しないのも変ですし。




《大倶利伽羅》

効果こそ持っていないものの、10000という安定したパワーは無視できる要素ではありません。
後述する《堀川国広》との相性の良さや、場に気兼ねなく6000パワーのグレード1を出しやすくなるという利点もあります。





《厚藤四郎》

手札を減らすことなく、高いパワーでの防御が可能なカード。
つまりその分、攻め手に使えるカードが増える可能性もあります。
多分こっちのほうが安くなると思うんだよなあ……。
《岩融》を見るなら、こちらにも優位性はあるんですけどね。







《堀川国広》
コスト調達に加え、中盤以降は前列に出て攻撃できる点が魅力
「攻め切れない」という状況を回避できる可能性があります。
もちろん、高パワーでのブーストという本来の使い方も強いです。







《にっかり青江》
相手の手札に守護者がない場合、《蜻蛉切》と合わせて大量の手札を減らせる可能性のあるカード。
しかし、結構使いづらい効果でもあるので、どちらかと言えば安定したブーストという役割を見込んでの採用。





《骨喰藤四郎》

《今剣》がこのデッキでは採用しづらいので、こちらを採用。
何だかんだで、手軽な手札交換効果は便利です
ソウルブラストが手軽かどうかで判断が分かれそうですけど。







ファーストヴァンガード《加州清光》
 

ヴァンガードに対して、刀剣乱舞で復帰しようかと思うキッカケになったカード。
実は刀剣乱舞には、グレード1にバニラと呼ばれるカードがないため、そういう点でも優秀だと思っています。
ソウルに入る効果はなるべく使わず、リアガードに対してプレッシャーをかけ続けられるとイイ感じ。
事故が起こっているなら、さっさとソウルに入れてドローしましょう。
そういう点もあわせて、地味に《山伏国広》との相性も良いんですよね。





各種トリガーは、バニラと呼ばれるものを採用。

理由としては、効果を使った《大和守安定》《堀川国広》で16000のラインを構築できるからです。
効果持ちトリガーユニットで真っ先に採用候補に上がるであろう《燭台切光忠》は、非常に優秀なんですが、このデッキに絶対に欲しいというカードではないかな、と。
他にも《愛染国俊》の効果は非常に好みなんですが、Gユニット0枚のコンセプトだと採用はできませんよね。

また、スタンドトリガーを抜き、代わりにクリティカルトリガーを多く採用しています。
状況にもよりますが、ヴァンガードから攻撃したい局面が多く見られるからです。
(ヴァンガードから攻撃した場合、トリガー効果の振り分け先候補が増えるため)
《大和守安定》《へし切長谷部》《にっかり青江》と、スタンドトリガーと相性が良いカードも多く入っているので、好みで入れ替えませう。

僕の考えとして、ヒールトリガー4枚と、クリティカルトリガー2枚の、計6枚は固定。
残りの10枚のトリガーを、自分の好みで調整してみることをオススメします。

刀剣乱舞は、ヒールトリガーを抜くクランではないかな、と思います。







◆弱点として


 Gユニット0枚は、やはり現実的ではありません。
Gユニットによる高パワーでの攻撃が来ないという安心感は、できることなら対戦相手に与えたくありません。
なので、このデッキ案で真っ先に何とかしたい点は、Gユニットの追加ですね。
その中でも比較的レアリティの低い《岩融》《太郎太刀》辺りが入手しやすいのでしょうか。





その辺りを採用するなら、このデッキのコンセプトが根本から崩れ去りますけどね……。
例えば《太郎太刀》を使うなら、《次郎太刀》や《今剣》は採用したいところ。
また、超越(ストライド)を多用するなら、《鶴丸国永》の存在は無視できません。

しかしそれでも、Gユニット0枚は駄目な気がします。いや、駄目だと断言できます
あるのとないのでは、対戦相手にかけるプレッシャーの差がひどすぎる。

使わなくても構わないですし、別に8枚全部揃っていなくても構わないので、クレイエレメンタル辺りを採用するという手もあります。


    


調べてみたら、クレイエレメンタルも地味に良い値段するんですけどね……。



もう一点の弱点として、守護者が《厚藤四郎》という点があります。
採用するのは《江雪左文字》との好み等で決めても構わないと思うんですが、せっかく《厚藤四郎》を使うなら、その強みを活かしてあげたいところ。
 
比較的多くの「藤四郎」が入っているので、《一期一振》を採用するとか、ですね。










実際、カードの値段なんて読めないんですけどね。
今までにも、高レアリティなのに投げ売りされているカードはありましたし。
さらに刀剣乱舞のカードは、キャラクター人気で需要が高まる可能性が十二分にあります
したがって、レアリティだけで値段の予想をするのは結構問題があるかも。

なので「安く組みたい!」ってのは、今の段階では何とも言えない気がします。

実際に発売されてから考えるべきだったなあと、ここまで書いてから反省しておりますです。
もしくは、もうちょっとまともなデッキ案を考えるべきだったか。

でもそういう方向だと、絶対現役プレイヤーのほうが良いものを練ってくるんですよね。

あら、結局誰の参考にもならない記事と化してる……?

 
 
当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
© bushiroad All Rights Reserved.




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事