『なんのために、その手はあるんだ』

e+(イープラス)の新アプリ「チラシステージ」があまり話題になっていない気がして悲しい。

2015/06/30 23:51 投稿

  • タグ:
  • 妄想

 やっほほーい! 日谷さんです。
本日は既にブロマガを更新しているので、触れるかどうか悩んでいたのですが、思ってた以上に周囲の反応が良くないのが気になり、現在突発的に打ち込んでいます。
単純に僕の周囲に演劇関係者が少ないだけだと思い込みたいところ。




チラシステージ 演劇・ミュージカル・歌舞伎・ダンス・オペラ・バレエなど全国の舞台公演チラシを集めたアプリ|イープラス http://eplus.jp/cst/



 重大発表と言ってしまったがためにハードルが上がってしまったのか、はたまたライブチケットの申し込みサービスとしてしか捉えられておらずピンときていないのかは判りませんが、あんまり反応はよろしくない感じがする「チラシステージ」。
しかし、少しでも演劇に触れたことのある方なら、このサービスに可能性を覚えるのではなからうか。
 
「劇場に置いてもらう」「コネを用いて、他劇団に折込んでいただく」以外の方法でフライヤーを閲覧できるって、劇団・観客双方に可能性を感じると思います。
「こんな公演やるんだ、興味あるな」って、公演の存在を知らなければ思い至らない発想ですからね。これをキッカケに、新規客が獲得できるかもしれない。

公演のハシゴも気軽にやりやすくなりますよね。一日フリーだから午後は観劇するつもりだったけど、午前も別の劇団に足を運んでみようかな、とか。
(「でもどんな公演やってるか分かんないや」というのがなくなるため。近場でやってなかったら喫茶店巡りでもしましょ)

特に小劇場にとっては結構な影響力を持つんじゃないだらうか、これ。




こういう例え方をすると、その可能性の一端が伝わりやすかったりするのでせうか。




他にも、デザインの引き出し目的としても使えそうですよね。
フライヤーに粗筋が掲載されていたら、文字書きのヒント集としても使えるかもしれない。

やっぱり可能性感じるよ、このサービス。

問題は、掲載にあたりどの程度の手間がかかるか、ですよね。
僕は会員登録していませんし、そもそも「未だにios6のままなのでアプリが落とせなかった」という悲しさがあるので、確認できておりません。

気軽に掲載できるようなら、利用する劇団さんが増えると良いなあ。
フライヤーって眺めているだけでも面白いものがあったりしますしね。

ios6なので、アプリ落とせてませんけどね!

……いい加減に更新するかあ。
 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事