spider-webのブロマガ

アメコミ映画論#3 キック・アス (2010)

2014/01/23 00:50 投稿

  • タグ:
  • アメコミ
  • 映画
  • アーロン=テイラー・ジョンソン
  • クロエ・グレース・モレッツ
  • ニコラス・ケイジ
  • マシュー・ヴォーン監督
  • マーク・ミラー
さてさて、spider-webです。
先日の放送から2日遅れの投稿です。ご容赦下さい。

いよいよ、2/22の『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』公開まで残り1ヶ月を切りましたね。前作から3年が経ち、ヒットガール役を演じるクロエ・グレース・モレッツがいよいよ可愛さをほとばしるようになってきやした。そのキュートさから、これでもかと言わんばかりの罵詈雑言はたまらない一品となっております。

というわけで、今日ご紹介するアメコミ映画こそ、2010年公開の『キック・アス』!
私のアメコミ映画ランキング第4位の作品でございまする。

ちなみに、
1位 スパイダーマン2 (2004)
2位 ダークナイト (2008)
3位 アベンジャーズ (2012)
で御座います。これらの作品は、またいずれどこかでお話ししましょうぞ。

とにかく上位3作品は大型予算が組まれ、ヒットが宿命とされる大作たちですが、それに続く『キック・アス』の魅力は、‘ノンストップコミカルアクション’!!!

監督は新X-MENシリーズでおなじみ、マシュー・ヴォーン監督。
そして原作のシナリオはマーク・ミラー。
アンジェリーナ・ジョリー出演『ウォンテッド (2008)』や『アベンジャーズ (2012)』の原作を書いたライターで、マーブル・コミックスの至宝とも言える存在。
彼らが放つニュータイプの現代ヒーロー、それが『キック・アス』であります。

アーロン=テイラー・ジョンソン演じるデイブは、どこにでもいるような平凡な高校生。スーパーヒーローコミックを読みながら、ふと疑問を感じます。

「なぜ、誰もスーパーヒーローになろうとしないのか?」

こんなに読者がいるんだから、一人くらい試してみる奴がいても不思議じゃない。

‘キック・アス!!!’
気がつくと、彼は自前のコスチュームを仕立て、服の下にスーツを忍ばせる毎日。
その衝動は止められず、とうとうある夜、チンピラを相手に挑むも半殺しの憂き目に。
能力ゼロ、体力微妙の彼に下された、現実の厳しさ・・・

全身に金属を仕込まなければならないほどの大けがを負ったものの、‘ウルヴァリンみたいでクール!!!’とあくまでデイブはご機嫌。

そして、ようやく完治したのもつかの間、早くもリベンジに挑むデイブ = キック・アス。
今回もぼろぼろになりがらも、なんとかチンピラを撃退する事に成功。
しかも、その一部始終を見ていた人たちが、動画をネットに配信。
キック・アスは一躍、大衆の‘ヒーロー’へと上り詰めます。

だが事態は急転直下、素人ヒーローのキック・アスがマフィアを相手にけんかをするはめに。
絶体絶命の危機に現れたのは、‘本物’のヒーロー、ヒットガール (クロエ・グレース・モレッツ)。陽気な音楽 (The Dickies ‘Banana splits ’)とともにバッサバッサ殺しまくる様は爽快感満載!!そして、彼女を外で見守る人物こそ、ビッグダディことニコラス・‘ゴーストライター’・ケイジその人なのであります。

本物のヒーローに出会ってしまった、素人ヒーロー:キックアスの運命は?
マフィアとの決闘は?新たに現れたヒーロー、レッド・ミストの正体とは?




という感じのストーリーで御座います。
R-15対象ということもあってかなりの暴力描写が含まれてますが、それを忘れさせる音楽・ユーモア・コミカルな演技がグッド。そして、‘素人’ヒーローが見せる‘本物’のアクション。このギャップに惹かれる方も多いはずです。

スパイダーマンの名台詞である
‘大いなる力には、大いなる責任がともなう’。
じゃあ、大いなる力を持たないものは、責任がともなわないの?

この疑問に正面からぶつかるキック・アスだからこそ、多くの人の共感を得られるのではないでしょうか。

というわけで、私、この作品は8/10点をつけております。
ほんとに暴力描写は一切ダメという方以外は、アメコミファンならずとも楽しめる作品です。ぜひぜひ、ご堪能あれ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事