spider-webのブロマガ

アメコミ映画論♯2 RED2/REDリターンズ (2013)

2014/01/13 20:24 投稿

  • タグ:
  • アメコミ
  • 映画
  • ブルース・ウィリス
  • アンソニー・ホプキンス
こんにちは、spider-webです。
今日は成人式。成人のみなさまの優しさのおかげで、まったりさせていただいております。

さてさて、今日取り上げるアメコミ映画は、只今絶賛上映中ブルース・ウィリス主演『RED2』(邦題『REDリターンズ』)!!
先週取り上げた『RED (2010)』の主要キャストが再びスクリーンに帰ってきた続編でございます。
ちなみに、『RED (2010)』の記事はこちら


Retired Extremely Dangerous・・・引退した超危険人物、それが“RED”。
引退した元凄腕CIAであるフランク・モーゼズが、かつての仲間たちとともに嫌々ながらも秘密任務に挑む、アクションあり、ユーモアあり、恋愛ありに謎解きありの王道スパイ映画。

前作で惜しくも亡くなったモーガン・フリーマンを除いて、ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー=ルイーズ・パーカー、ヘレン・ミレン、そしてブライアン・コックスなどなど、主要キャストは前回からに引き続き登場。

加えて、“世界一の殺し屋”ハン役にイ・ビョンホン、“ロシアの美しすぎる女スパイ”カーチャ役としてキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、そして“大量殺人界のロックスター”にして“死のダ・ヴィンチ”ベイリー博士役に、アンソニー・ホプキンスなど豪華キャストが投入されとります。

さて、作品内容はというと・・・

米国副大統領による“グアテマラ”に関わる機密揉み消しを防いだ元凄腕CIAであるフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)は、サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)と普通の生活を営んでいた。そこへ、かつての友人であるマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が警告に現れる。

『俺たちは狙われている。』と。

発端は、ウィキリークスで公開されてしまった機密事項。それは、かつてモーゼズがCIA在籍中に冷戦下のモスクワで手がけた、小型核爆弾製造に関わる極秘計画“ナイトシェード計画”だった・・・。

機密隠蔽のために、米国はハン(イ・ビョンホン)に、そして英国は元MI6のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)にモーゼズ暗殺を依頼する。命を狙われながらも事件の真相解明に動き出したモーゼズ達を救ったのは、かつての恋人であり宿敵でもあった、ロシア女スパイ・カーチャ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)。

メインキャストが続々と登場するなかで、最後の、そして最も中心人物であるベイリー博士(アンソニー・ホプキンス)を監禁されていたイギリス・MI6から救い出すことに成功。そして、博士から衝撃の事実が明らかになる。

“ナイトシェード計画は完成していて、今もロシアに小型核爆弾が隠されている・・・”

アメリカ・イギリス・ロシア・フランスと世界を股にかける、じいさんばあさん活劇の結末はいかに??


前作のロベルト・シュベンケ監督からディーン・パリソット監督へ交代。アメコミを原作としながらも、あくまで“スパイ映画”として収まっていた前作とは打って変わり、要所要所にアメコミ原画を使用。音楽の良さも相まって、テンポの良い作りに。最先端のCGを多用せず、あくまで昔ながらのガンアクション、カーアクションや格闘シーンが愛用され、作品の世界観も奥深さが増しました。

加えて『羊達の沈黙』レクター博士の再演とも言える、アンソニー・ホプキンスの名演も光っております。32年間も監禁され、薬漬けにされていた元マッドサイエンティスト・ベイリー博士という難しい役柄でしたが、彼の仕草や表情が一変することでストーリー展開に緊迫感を生んでおりました。

中でも、評価したいのはイ・ビョンホン。前作にも現役CIA役としてカール・アーバンが登場していましたが、今作でのイ・ビョンホンはまさに激辛スパイス。完璧な筋肉美とスタイルから繰り出される格闘アクションは、息を飲むほどすがすがしい。じいさんばあさんの醸し出す静かで落ち着いた雰囲気に彼が加わることで、観客に飽きがこなかった。また、イケメンがまじめなことを“度を超して”やる様は、じわじわくる笑いを生み出しますが、彼もその任務を見事にこなし、映画全体のユーモアの枠を多いに広げていました。


映画全体として最後まで疾走感が尽きず、ドキドキハラハラしながらも要所要所で笑えるシーンあり。前作は泣きの4点でしたが、今回は堂々の“6点”を差し上げたいと思います。
面白い映画で、ぜひ鑑賞していただきたい一作ですが、映画館で見るほどのこともない・・・という|・ω・)
ぜひぜひ、DVDが出たらご鑑賞なさって下さい (映画業界の方、ごめんなさい)。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事