sperのブロマガ

コトブキと紅のコラボを妄想してみたw2

2019/02/07 19:34 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • コトブキ
え~連載中の作品は後で続けますごめんねw


フィオ「あのう女性のパイロットてすごいですね!!」
レオナ「ああ、、そうですか?汗 まあうちの世界では普通なんですが、、」
フィオ「であの飛行機是非見せていただけないかしら?お願いします!!」
その時横からキリエが割り込む 「あのねえうちの飛行機色々と機密なものがあるので
まあ無いとは思うけどパンケーキ頂けるなら少し位見せてもねえw」
フィオ「あります!!いくらでもご馳走します!!」キリエ「!?え~本当!!!('Д')」
キリエ「レオナさんいいじゃん少し位見せてもw?」エンマ「ほんとこの人は、、、」
レオナはそのフィオの表情を黙って見つめていた、、、、少ししてから
レオナ「いいわ、あなたの飛行機に対する思い情熱を感じたからすこしはね」
フィオ「あ、ありがとうwレオナさん感謝します!!」 キリエ「あのうパンケーキ、、」
すぐにパンケーキを手配して山盛パンケーキが出てきた、「うひょ~w」もう食べだして
会話もなにもないwエンマ「レオナさんこの子一人置いておくのもあれなんで私も少し
ここで待機してます」レオナ「頼む、じゃあフィオさん付いてきて」フィオ「は~いw」
ポルコ「おいおいフィオ客人の物いじるんじゃねえぞ」フィオ「わかってる」
ホテルから少し離れた場所に3機の飛行機が止まっていた、レオナ「さあごゆるりと」
フィオ「へえ、、見たことが無い型ですねあのう、、、操縦席も、、、」
レオナ「ええいいわよ」フィオは操縦席に座らせてもらった、感無量な表情を見て
レオナも微笑んでいた、フィオ「ん?レオナさんこの機の側面一部撃たれた跡が?」
レオナ「ええここの土地の空賊に少しねまあ帰還するには支障はないわ」
フィオ「これくらいなら私でも修理できます、お願いですやらせてください!!」
レオナ「えええと、、いいわ」レオナもフィオの今まで見てきた言動でそう判断した
ものの1時間くらい過ぎたころにはもうきれいに直していたすごい技量である
レオナ「すごいわね!!フィオさんほんと内のナツと合わせてあげたい位だわ」
フィオ「ナツさん?」レオナ「内の整備のプロよw話が合うかもねw」フィオ「w」
向こうから3人こちらに来る人影がキリエ、エンマ、ポルコであった
キリエ「フィオさんごちそうさまwおいしかったw」エンマ「私も少し頂きましたw」
レオナ「さ みんな帰還するわよ」ポルコ「東方よりわざわざご苦労だな気を付けて帰りな」
キリエ「すごい!!レオナさんの機体直してくれたんだw」エンマ「何かお礼をしないと?」
ポルコ「ここにカメラがある俺はいいから4人撮ってやるぜ」
4人は機体を背にカメラに収まる、フィオ「お別れですね本当にありがとう」
レオナ「また何かのチャンスがあればねw」キリエ「またねwパンケーキごちそうさんw」
エンマ「ごきげんよう」3機は無事離陸2周ほど旋回して東の空へ飛び立った、、、、
フィオ「いい思い出がまた1つできましたw また会おうねw」
ポルコ「いい機体だな、一度は勝負したかったぜ」 もう空は夕暮れであった。


















コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事