sperのブロマガ

主人公?いやいや脇役こそが私の人生 TAKE7

2018/12/08 02:02 投稿

  • タグ:
  • くノ一
  • アニメでやってほしいシナリオ
その日から4人と茜は頻繁にコミュニケーションを取るようになった
まだ少し人の顔を見てしっかり喋れない茜ではあったがw休み時間教室で食事を
終えるとC子がいつも来てくれていろいろ雑談をしに来てくれた本当に有り難いC子である
D子も放課後はC子と共に喋り相手をしてくれていたがC子程協力的ではない 爆
放課後と言えば部活もあえて休部して多くの時間倉庫地下セントリアの訓練所に出向き
まあC子D子に無理やり連れていかされてるのが現状であるがwでも当初より茜は表情が
明るくなったそれは誰が見ても明らかである、訓練所ではA子B子共に訓練だけでなく
休憩室でよく雑談する機会も増え司令もほっと安堵するようになったそんなある日。。。
いよいよ久々にクイーンズ絡みの取引が行われる情報が入った。
司令「今夜24時頃湾岸頭近くで薬の取引があるわ敵もこちらの襲撃を警戒して
どんな仕掛けを準備してくるかわからない十分注意して任務に励んで」!!」
5人「はい!!」司令「茜さんあなたは今までどうり1キロ先私が指定した位置で
命令が出るまで待機」茜「はい!」「他の4名は作戦どうりにお願い」4人「はい!!」
A子「茜さんもう今回からは5人で戦うのよ!あなた一人ではないのよ!おk?」
茜「はい!!」「私もセントリアの隊員の一人です任務頑張ります!!」
B子「茜ちゃん無事任務成功したら美味しいケーキ屋さんに食べに行こうねw」
茜「B先輩。。ありがとうございます!」C子「先輩茜だけずるい私もw」B子「はいはい」
D子「私も連れてってね。」ツンデレ気味な表情をするD子、いざ出撃である。

それから時間がたち深夜24時。。。。。。。
1キロ先でスコープを覗き周りを見る茜 「あれ?湾岸だ~れもいないよ?」
深夜でもありほとんど音も静か気配も1キロ先ということもあり特に異常もない
茜「本当に今日なんだろうか?」その時1キロ先湾岸埠頭に火の手が上がる!!
3度4度と数回爆発と共に火の手があちらこちらに!!スコープで見ると
4人と複数の大きなロボット?が戦闘をしている相手は人間ではないロボ機械だ
その時司令から連絡が入った「茜 北東の方角に赤く光る物体が見える?」
茜「はい上空20メートル近くに漂うように標的発見しました」「狙撃で撃ち落としなさい」
茜は十分標的を狙い見事その赤い物体を狙撃破壊した すると数体のロボが動きが止まり
そのあとAから「お疲れさま茜よくやったわ今回の任務成功よ」と連絡が届き
茜「あ。ありがとうございます」と返事ができるようになった。今度こそw忘れ物なく
無事司令部へ帰還 すぐ後に4人が帰還。B子「茜ちゃんお疲れさまあの赤い物体こそ
敵のロボを操る司令塔てきな物だったのよ」「よくがんばって狙撃してくれたわ」
C子「やるね~茜さすがだわw」D子「ま、すこしはできるのね」A子「茜さん今回は
頑張りましたね今後も初心忘れず任務の遂行をして下さい」にこやかになる茜
司令「はいみんさん後は警察が後始末してくれるから今夜は帰宅していいわよ」
B子「茜ちゃんケーキ明日でも食べにいこうか?w」茜「はい!!!!」
今まで出せない位大きな返事ができるまで成長した茜がそこにはいた。
                               TAKE8へ続く









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事