明田蒼憲のブロマガ

【解説】スーパーマリオカート【チョコレー島2】

2021/03/10 15:46 投稿

  • タグ:
  • マリオカート
*注意事項
一つの記事に一つのコースで解説していきます。
仕様以外については基本的に個人的な感想です。
解説内容はタイムアタックのドンキーまたはクッパ使用に限ります。
基本的に改造コントローラー使用前提です。
略語を使うので、わからない時は大百科を参照して下さい。
画像は今は亡きシャカシャカマンボより使用しています。

チョコレー島2

コース全長:541.58m
滑りやすさ:3(6段階表記・数字が大きいほど滑りにくい)
難易度:NORMAL
任天堂公認目標タイム:1′22″40
Non‐NBT世界記録:1′06″54
日本記録:1′02″89
世界記録:1′01″56



ここ最近新ルートが出たコース。画面上でFのルート。中盤の泥地帯をどう捌くかで、かなりタイムが変わるコース。non-NBTだとCの文字付近の外回りコースで泥を踏まないように行くのが最速ルート。NBTでもミニターボ準備しつつ通って即発動、ジャンプ板加速が早いのでは?という予想があるが、おそらくFルートの方が早い。なんならFルートでミニターボ準備できるかもしれない。

コース解説


①1周目は赤のラインで走行。Aのカーブでミニターボ発動

②Bの部分は逆ダンドリもしくは遅らせでFのルートに行く。泥と岩の間はかなり狭いです。泥の走行はロングターボで距離を伸ばす。

③ジャンプ板地帯は、ダンドリで準備しつつ、最終コーナーで即発動。次のショートカットの準備もあるので、ミニターボは全部使えず、次のダンドリ準備に入る。

④2周目以降はスタートすぐのブロックの間を通るので、ダンドリ準備からのジャンプ発動。難しい場合は最終コーナから遅らせで持ってくるのもあり。

⑤ショートカットのためAの部分は逆ダンドリで発動させる。

⑥5周目の最終コーナーはオレンジのラインで、岩の部分をカラーブロックに沿うように走行する。距離が長めなので、ロングターボで。発動時は端っこにあるジャンプ板を踏んで発動。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事