お昼寝夢報

タッグフォースSP攻略

2015/04/09 19:20 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 遊戯王
  • タッグフォース
  • TFSP
  • 攻略
  • TF6
  • 宮田ゆま
  • レイン恵
  • 遊城十代
  • 遊戯王ARC-V
出てから数ヶ月経ってますが、意外と攻略記事が少ないので・・・

1.タッグフォース6からの引き継ぎ
・名前
・タッグフォース6からの引き継ぎは持っているカードを1枚ずつ
・DP

カードによっては入手が難しいものもあるので、タッグフォース6で入手してからという選択肢もあるかも?


2.初期デッキの構築
タッグフォース6と同様に初期デッキが3種類用意されています。しかし、カードはすべて所持しているので、当然ながら自由に組み替える事が出来ます。レシピを用意しておきますが、あくまで参考程度に。 またTF6引き継ぎや公式ダウンロードデータは考慮していません。

---------------------------------

デッキ40枚 エクストラ初期の全部

・モンスター 22枚 ※上級なし
アレキサンドライトドラゴン×2  イエロー・ガジェット×2
グリーン・ガジェット×2  クレボンス×3
ナチュル・ツリー×3  バトルフェーダー×3
レスキュー・ラビット×3  レッド・ガジェット×2
閃光の騎士×2

・魔法 10枚
緊急テレポート×3  サイクロン×1
地砕き×2  収縮×1  地割れ×1
ライトニング・ボルテックス×1

・罠 8枚
落とし穴×2  砂塵の大竜巻×2
盗賊の七つ道具×1  万能地雷グレイモヤ×1
リビングデッドの呼び声×2※Dドロー指定

エクストラ 初期の全部

-------------------------------------------------------------------


3.ゲームを進める
まずゲーム開始時点でデュエルにどの程度慣れているか聞かれていると思いますが、これは相手のデッキ内容が変わるだけです。ちなみにオプションでいつでも好きな難易度に変えられるので、自由に変えてください。

さて、ではゲームスタートといきたいのですが、オプションを開きましょう。
・メッセージ速度 速い
・アニメーション 最速
・オートドロー ON
好きに設定していいのですが、こだわりがないかぎりはこうしておくとスムーズです。

ではシナリオを初代からARC-Vの中から選び、さらにパートナーを選ぶのですが、当然、初期デッキのままだと難易度が違います。ここの難易度とは、オプションで選んだ難易度とは別に、相方として優秀かどうか、です。

また、タッグフォースSPではパートナーを組んだ段階でデッキの組み換えが可能なので早々に修正することが可能。

初期相方のオススメ(オススメ順)

遊城十代(GX):初期パートナーの強さNo.1 こっちが何もしなくても勝つことも

九十九遊馬(ZEXAL):十代ほどの強さは無いが、エクシーズ主体のため安定感が高い

不動遊星(5D’s):ゲーム発売直前に大幅に強化されたシンクロンが猛威を奮う。

クロウ・ホーガン(5D’s):全盛期程ではないがやはりBFは強い。

闇遊戯(DM):王様自体は弱い、足引っ張る、頭悪いのだが、敵が弱い。 そして破壊神様がレシピを公開してるので真似が可能 →http://ch.nicovideo.jp/dump/blomaga/ar723159


4.地雷パートナー
伍長ではないです。初期のままでパートナーとして組むとなかなか苦労する面々を

海馬瀬人(DM):カードの使い方が全体的に雑。シャインエンジェル→カイバーマン ターンエンド のパターンも多数。 

城之内克也(DM):レッドアイズが事故要因に。時の魔術師をセットして効果を使わない。敵がそこそこ強い。

丸藤亮(GX):帰ってきたバカイザー。未来融合が禁止になっているため、かつてのような力押しも難しくなっている。

万丈目準(GX):デッキ自体は弱くないのだが、こちらもオジャマで組まないと力を発揮できないため相対的に弱い。

榊遊矢(ARC-V):破壊神様がレシピを公開しているし、本人もそこまで弱くない。問題なのは敵が凄く強い。

紫雲院素良(ARC-V):ソラきゅんに限った話ではないのだが、AIは融合の仕方がとんでもなく下手なので、アド損な上に、制圧力が低いと押し切られてしまう。




5.社長のデッキを大改造
あえて社長を最初に選びたい。そんな人のためにデッキレシピを用意しておきました。


※初期カードと社長のカードのみを使用

------------------------------------------------

デッキ40枚 エクストラ15枚

・上級 4枚
青眼の白龍×3(お気に入りカード)
オベリスクの巨神兵×1(お気に入りカード)

・下級 9枚
青き眼の乙女×3 Dドロー指定
カゲトカゲ×3
バトルフェーダー×3

・魔法 21枚
エネミー・コントローラー×3  銀龍の轟咆×1
クロス・ソウル×1  サイクロン×3
地砕き×3 死者蘇生×1
収縮×3  地割れ×3 
ブラック・ホール×1  竜の霊廟×1
ライトニング・ボルテックス×1

・罠 6枚
砂塵の大竜巻×3 リビングデッドの呼び声×3

・エクストラ 15枚
青眼の究極竜×3(お気に入りカード)
マジカル・アンドロイド×2 甲化鎧骨格×2
超念導体ピヒーマス×2 メンタルスフィア・デーモン×2
ドライデント・ドラギオン×1 ジェムナイト・パール×3


-----------------------------------

・解説
攻撃力の関係上、AIはまず乙女を出してくれないので、基本的に下級モンスターはすべてリストラ。SPでは手札に温存してくれるようになったバトルフェーダーと、通常召喚が不可能なカゲトカゲのみ採用。※カゲトカゲは抜いて別の魔法罠を入れてもいいかも。

ちなみに青き眼の乙女はお気に入り指定されていないものの、社長というかAIは全般的にアドバンス召喚が大好きなため、初期のままだったり、普通のドラゴン族デッキを組むと、隙あらば、お気に入り指定されているブルーアイズとオベリスクが出てきます。

また、龍の鏡ほかドラゴン族を除外して効果を発動させるタイプのカードは、ブルーアイズを除外してしまい、青き眼の乙女や銀龍の轟咆が腐ってしまうので、不採用としました(そのせいで負けフラグさんが腐ってる)。



ではみなさま よきタッグフォースライフを




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事