法律の小部屋

歌い手「ぱにょ」が逮捕された淫行条例とは?

2013/04/20 17:16 投稿

  • タグ:
  • 歌い手
  • ぱにょ
  • 法律
  • 条例
  • 淫行
  • 逮捕
  • 田中辰典
  • 星見蒼人
  • やばいと思ったが、性欲を抑えきれなかった
ニコニコ動画に動画を上げている通称「歌い手」と言われるジャンルの「ぱにょ」と名乗る男性が、18歳未満の少女であることを知りながら、わいせつな行為をして逮捕されました。

このように、よく淫行条例で逮捕されたというニュースを聞きますが、そもそも淫行条例とはどういうものなのでしょうか?

まず条例というのは、法律と呼ばれる国会で制定したものではなく、各地方公共団体(都道府県、市区町村、東京都特別区など)の議会で制定されるもので、国会で作られた法律に比べると、罰則が弱かったりします(といっても懲役刑あり)。
この各地方公共団体で作っている条例のため、地域によってはなかったりと、全国共通ではありません。
なので、この淫行条例と言われるものも、各地方公共団体によって多少内容は異なりますが、それほど大きな差異はないので、今回は、このぱにょと言われる男性が逮捕された東京都を例にしたいと思います。

いわゆる淫行条例というのは、正式名称は、「青少年の健全な育成に関する条例」といい、その条例の中に、青少年(18歳未満の男女)と性的行為を行ってはならないという規定があるものです。
この条例は、石原都知事時代、まんがやアニメの性的描写の規制で大きな話となった条例ですが、この条例の第18条の6に

「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない」

とあり、第24条の3に

「2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」

と規定されているのです。

東京都の例は、条文が不明確と言われ、上記の文では、結婚していても18歳未満ならアウトなのかという感じがしますが、過去の最高裁判例を例にして、警視庁は婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係は除くと言っています。

ちなみに、よく成人(ここでは18歳以上のこと)と未成年(ここでは18歳未満のこと)が性的行為をすると「違反」になると勘違いしがちですが、この条例は、別にどちらかが成人とは規定していないので、当然に未成年同士でも、性的行為をすれば「違反」になるのです。

ただし、30条に、

「違反をした者が青少年(18歳未満)であるときは、罰則は適用しない」

とあり、あくまでも罰則は免除されているということです。

ちなみにこのような条例は、長野県以外(長野の一部の市にはあり)に存在します。

それと、利益を供与して(プレゼントなど)性的行為を行った場合は、国の法律である「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」で罰せられることになります。
さらに、13歳未満の男女にわいせつな行為をした場合は、同意があろうが刑法犯罪になりますので、ご注意ください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事